やっちゃいました。

10月3日AM8:20頃、通勤途中での出来事でした。
快調に走行していますと、立体交差の影から急に飛び出してきた黒い車体。急ブレーキを掛けてもいかにも距離が足りない。

「あっ!」と声を出すまもなく横っ腹に突っ込みました。
ノーズダイブしながら強い衝撃とともに目の前が真っ白に・・・

火薬の匂い。粉っぽい煙が漂うなか目を開けて見えたものは、壊れたハンドルからはみ出しているくしゃくしゃに萎んだ白い布。ああ、エアバッグが作動したんだなぁと思った直後に、胸と首に激痛が走る。相手の方が「大丈夫ですか?」と駆け寄ってきたが、「きゅ、救急車を呼んでください」と頼んで深呼吸をする。それから、こわばった体を労わりながらやっとの思いで車外に出る。心臓の鼓動はもうこれ以上に無いというほど早い。

草むらにしゃがみこんでややしばらくして救急車のサイレンの音が聞こえてきた。廻りを見ると、事故車両2台が完全に道路をふさいでいて、大渋滞になっている。観光バスの運転手が車をどけろと怒鳴っている。自分の車はもう動かないし、相手の車もアクセルが壊れてエンジン全開で自走不能のようだ。

それを横目に見ながら病院へ向けて救急車は出発した。ああ、自分は怪我人なんだ。やれやれ大変なことになったぞ・・

大破したプラッツ

で、これがレッカー移動された車の写真です。横のセルシオが相手の車。

原因は相手の一時停止無視なんですが、見通しの悪いT字路で、お互いに相手の発見が遅れたということでしょう。
優先度は自分にありましたから、過失の割合としては相手のほうが多いでしょうね。ただ、ハンドルを握る以上はいかなる状況であろうと気をつけなければなりません。

今回の事故で怪我(頚椎捻挫、全治2週間の診断)もたいしたことなく終わったのは、不幸中の幸いでした。
ということで、車を仕事に遊びにつかう皆さん、事故には十分に気をつけましょう。