genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

2008年06月

17 6月

ノートパソコンの調子が悪い・・

見掛け上は全く問題無いのだが、突然サウンド機能とUSB機能が死んでしまった。サウンドはともかくとして、USBが使えないので、マウスやメモリーが使えなくなってしまった。

原因はわからない。いや、本当は心当たりがある。

レジストリの最適化を図るために、CCleaner を実行し、その後に、Glaysoft Registry Repair を実行したのだ。実は、この連続実行は禁じ手だったのではないかと思っている。

XPのメディアを使って、回復コンソールでの復元を試みたが、XPのリビジョンが古くなってしまった。SP1はインストールできたものの、SP2は途中で固まってしまい、いつまでも更新が終わらないのだ・・・

やはり再インストールが必要なようだ。やれやれ・・。まずは データのバックアップをとらなければ・・・

16 6月

岩手・宮城内陸地震

今回の地震もまた、自然の驚異をまざまざと見せ付けられた。特に、あの地滑り被害、というよりは山そのものが崩壊してしまったことには本当に驚いた。人的被害も次第に増えて死者も9名になり、不明者は13人もいるという。亡くなられた方のご冥福をお祈りしたい。また、政府は被害者の救済と、復旧に全力を上げて取り組んで欲しいと思う。

今回の地震がもし、都市の直下で起きたとしたら、恐らくもっと甚大な被害になったのであろう。人口の少ない山間地で起きたことは不幸中の幸いだったのかもしれないが・・。

人間は大自然の力と比べると本当に無力だ。もし、自分が住んでいる地域で同様なことが起きた場合に、果たしてどうなるのか・・日頃からの緊急時の備えは大切だが、それだけではどうにもなるまい。

都市も危険、海岸も危険、そして山も危険では、この狭い日本で住めるところはどこにも無い。もはや運に身を任せるしかないのだろうか。

12 6月

SXFブラウザがVer.3.10へバージョンアップ!

すでに、大野聡のSXF最新情報ブログや、CALSスクエア北海道もぐらくんの各blogで取り上げられておりますが、国土交通省のSXFブラウザがVer.3.10へ更新されておりました。必要な方はダウンロードをしておきましょう。

SXFブラウザVer.3.10
国総研のサイト

今回のバージョンアップは以下の内容となっているそうです。

  • SXFファイルの表示
  • 図面の印刷(拡大縮小印刷も可能)
  • CAD製図基準(H16.6)チェック


いよいよ図面が製図基準どおりに作成されているかどうかが判定できるようになりましたね。今までは図面のエラーで色々とお悩みだった人も多かったとは思いますが、これで統一的な基準(案)に対する見解が出来ましたので、少しはやりやすくなるでしょう。

ダウンロードはこちらからです。
http://www.cals-ed.jp/index_dl2.htm
 
尚、国総研のサイトからは次の5つのファイルがダウンロードできます。
1.利用規約
2.SXFブラウザVer.3.10操作マニュアル
3.SXFブラウザVer.3.10セットアップファイル
4.SXFブラウザVer.3.10利用にあたっての留意事項
5.変更一覧
11 6月

岩見沢 万念寺のお菊人形〜髪が伸び続ける

先日、家族で夕張方面へドライブした帰りに、髪の毛が今でも伸び続けていると言われている、あのお菊人形が安置されていることで有名?な、岩見沢の万念寺に寄ってみた。
 

万念時の入り口にある看板
万念寺入り口のカンバン
 

かなりの山間にあるので、通行する人どころか車もいない。風にゆらぐ木の葉の擦れる音だけが、ただ辺りに響いているような静かなところにそれはある。
 

自分は、霊魂の存在を全く信じてはいないので、この手のものはわりと冷静に見ていられるのだが、同行した妻と子供がえらく怖がってしまい、一緒には行きたくないという。
 

そこで、家族を車に残し、一人で近づいていく。
 

万念寺の入り口
ここがお菊人形の安置場
 

あれ?ドアが開かないじゃん・・・

そう、観覧時間が過ぎていて、残念ながら中に入れなかったのだ。夕方17時までの観覧だそうである。お菊人形の写真は、またの機会にしよう。
 

思い出したが、自分が20代前半のころに、友人と二人でバイクのツーリングの途中にここへ訪れたことがある。実はそのときに一緒だった友人は、その後3年程して白血病で亡くなっているのだ・・・

 

お菊人形については、その内に必ずレポートをしたいと思う。

10 6月

花畑牧場〜田中義剛の努力と根性に尊敬の念

先日、帯広のパートナー様へ訪問した際に、中札内村の「花畑牧場」まで連れて行っていただいた。ここの売りは何と言っても、あのTVタレントとしておなじみの“田中義剛氏”が経営しているというところだろう。
 

氏は青森出身だが、若いときから牧場経営が夢で、北海道江別市にある酪農学園大学に入って学び、その後も芸能活動を続けながら資金を貯めるという一般人には決して真似が出来ない方法で、この十勝管内の中札内村に牧場をオープンさせた。


これだけなら、北海道での田舎生活に憧れた人と言われて終わりだったかもしれないが、氏の凄いところは、ここで採れる新鮮な牛乳を使った「生キャラメル」という従来に無い、全く新しい発想による商品開発を成功させ、これを大ヒットさせたところだ。
 

芸能人としての田中義剛氏はあまり詳しくは知らないが、実業家としての田中義剛氏の成功は、北海道に住む身としては、やはり羨望と尊敬の念で見てしまうのである。
 

北海道の人間にはやはりこういう企業家精神が決定的に不足しているのだと思う。その結果が、公共工事に依存した経済であり、また、安価な労働力の提供しか出来ない産業構造になっているのだろう。

進出が続くコールセンターや自動車産業も、結局は安価な労働力狙い以外の何物でも無く、役所や大企業からの下請け構造から脱却することは、従来の発想のままではなかなか難しいことなのだ。


氏の成功によって勇気付けられた農業関係者もきっと多いことと思う。ぜひこれからも頑張って欲しいと思わずにはいられない。この花畑牧場の成功は、中札内村にとっても大きな励みになるのは間違いないだろう。第2第3の田中義剛が道内から生まれてくることを期待したい。
 

花畑牧場ファーマーズハウス
ここで生キャラメルが作られている
 

花畑牧場ファーマーズハウス2
入り口の看板
 

花畑牧場の生キャラメル
生キャラメル
口溶けがなめらかで驚くほど美味い
 

花畑牧場の生キャラメルチーズケーキ
生キャラメルチーズケーキ
 
これも絶品である。切り分けて取り出しやすく工夫されている。
 

商品の詳細はこちらでどうぞ
千歳空港でも扱っているそうです

場所はこちら


View Larger Map

6 6月

【建ブロの日】1周年企画 みんなで止めよう温暖化

今日は、「建ブロの日・1周年企画」ということです。一斉に「みんなで止めよう温暖化」をテーマに記事を投稿をすることになっています。とりあえず地球温暖化とはなんぞや?から書いていきましょう。

■地球温暖化とは

簡単に説明が出来ないので、wikiからコピーしました。(笑)

地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に見て上昇する現象である。生物圏内の生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、気温上昇に伴う二次的な諸問題まで含めて言われることもある。その場合氷河期などの「気候変動」という用語を用いることが多い。特に近年観測されている(更に将来的に予想される)20世紀後半からの温暖化について指すことが多い。単に「温暖化」と言うこともある。現在、温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して、さまざまな対策が立てられ、実行され始めている。(wikiより)


■地球温暖化の原因

一言で言い表わすなら、温室効果ガスによる影響ということですね。この温室効果ガスとは、主に二酸化炭素(CO2)メタンガスのことを指しているようです。

悪役にされてしまいそうですが、実はこの温室効果ガスが無ければ、地球は今よりも30度も温度が下がり、逆に生物が住めない環境になってしまうらしく、必ずしも不必要というわけではないそうです。何でもバランスというものが大事なのですね。

地球温暖化の原因については、詳細はこちら(wiki)を見てください。

■温暖化するとどうなる

これもwikiからコピーしますが、なかなか大変なことになるようです。

・異常気象の増加(熱帯低気圧、嵐や集中豪雨)による物的・人的・経済的被害の増加
・気候の変化による健康への影響や生活の変化
・低緯度の感染症(マラリアなど)の拡大
・『鳥インフルエンザ』等の新しい病気の発生
・雪解け水に依存する水資源の枯渇
・農業、漁業などを通じた食料事情の悪化
・水資源や食糧事情の悪化による難民の発生、大規模な移住
・永久凍土の融解による建造物の破壊
・日本では、60%の食糧を輸入しているため、国外での不作や不漁、価格変動の影響を受けやすく、食糧供給に問題が生じる


やはり食料が心配ですが、その他にも病気や経済的な損失も計り知れないようです。

■個人や家庭で出来ること

地球温暖化を防止するためには、国家や企業だけではなく、我々個人でもいくつかの方法で温暖化ガス(CO2)等の削減に協力が出来るのです。具体的には、

1.冷暖房を出来るだけ少なくする(冬は一枚多く着て暖をとる)
2.無駄な電力は使わない(コンセントをこまめに抜く)
3.自動車にはなるべく乗らない、無駄なアイドリングをしない
4.お風呂には集中して入る(追い焚きはしない)

こんなところでしょうか。

もともとガソリン価格が暴騰していますので、言われなくても無駄に走ることは避けていますけどね(笑)

一人一人が気をつければおそらく膨大な量のCO2が削減できると思いますので、常日頃から意識するようにしたいものです。

「みんなで止めよう温暖化!」

4 6月

小樽にて(その3)旭展望台

小樽シリーズ第3弾は、あの映画の舞台になった旭展望台です。

小樽旭展望台その1

その1で紹介した地獄坂を上っていき、その2で紹介した小林多喜二文学碑のすぐ隣に位置しています。

あの映画とは、“最終兵器彼女”です。この映画は北海道出身の漫画家、高橋しんの漫画を映画化したもので、SFチックなファンタジー作品です。

この旭展望台はその作品の重要な場所として描かれているわけなんですが、興味のある人は漫画を読むか、映画を見るか、アニメを見るかしてください(笑)とても不思議な作品ですよ。

ま、最終兵器彼女のことは置いておいて(笑)、旭展望台からの見る小樽の景色もなかなかのものです。残念ながら今回は仕事の途中に寄っただけですので、そんなロマンティックなものではありません。

小樽旭展望台その2
映画と同じです(当たり前か)

小樽旭展望台から見た景色
林の向こうに、小樽の街並みや小樽港が見える

訪問したのが夕方の6時過ぎで、天気もどんよりしていたので、あまり綺麗な写真じゃないですね。残念です。

とりあえず“最終兵器彼女”が好きという方はぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?それ以外の方もカップルなら結構良いと思いますよ。

場所はこちらです。ちょっと判りにくいですね。拡大すればなんとか。


View Larger Map

 追伸 自分はアニメのDVDを全巻持っていたりします。つい買ってしまいました。やっぱり地元が舞台となっているだけで、応援したくなりまして・・
ただ、映画の評価はここではしないでおきますね(爆)

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ