genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

2007年11月

7 11月

岩見沢生活空間創造システムの立ち上げ

現在、私が関わっている仕事の一つに、「岩見沢生活空間創造システム」の開発があります。

私自身が開発しているわけではなく、開発は桃知商店の桃知さんがシステム開発を行い、同じ岩見沢にある福祉団体のクピド・フェアさんがデザイン開発を行っており、岩見沢建設協会と会員企業全社の協力のもとに、H20年2月完成に向けて作業を進めているものです。
私の役割は、建設会社にたとえるならばまさに施工管理的な仕事をしています。
 

岩見沢生活空間創造システムセミナー
昨日のセミナー風景と講師の桃知氏
 

この岩見沢生活空間創造システムとは一体どんなものなのかというと、岩見沢市内の工事情報はもとより、観光情報、飲食店情報、バリアフリー情報、行政サービス情報等を、建設協会員企業全員が協力しながらinternetを利用して発信し、岩見沢市そのものの知名度を飛躍的に高め、観光客の増大による市内飲食店の売り上げ増に貢献し、更には市民生活に役立つ質の高い生きた情報を提供しようという、とても素晴らしい発想のもとに企画されたものなのです。


私が知る限り、全国でも始めての取り組みだと思います。
建設協会加入業者全社が一斉にホームページを持つことも恐らくははじめてでしょう。現在までの開発進捗度は50%程度ですが、完成がとても楽しみなシステムですよ。詳細はおいおい紹介していくことにしましょう。

6 11月

東京神田の夜はとてもエキサイト。居酒屋神田っ子で酔う

東京の風景です。

神田

神田駅前の飲み屋通り。
 

神田っ子

気軽に入れる居酒屋神田っ子。
 

メンバー

宴会時の一コマ。
 

残念ながら何を食べて何を飲んだのか、泥酔して覚えてません・・orz

5 11月

東京秋葉原「LAOX ザ・コンピュータ館」の今

先日の東京出張で、久しぶりに秋葉原を訪ねてみました。

街の喧騒は相変わらずでしたが、至る所で聞こえる中国語や韓国語などのアジア圏の会話が、今の秋葉原のパワーを感じさせます。また、定番となったリュックを背負い、手に紙袋を持って歩く、見るからにオタクと思われる人の多さも相変わらずで、きっと彼らは小さなビル内のテナントに入るPCのパーツ店やエロゲー店をぐるぐると廻っているのでしょう。
 

秋葉原の風景

この秋葉原で、自分が働いていた10年ほど前に、よく通っていた日本最大の大型のパソコンショップがありました。それが、「LAOX(ラオックス) ザ・コンピュータ館」でした。通称「ザ・コン」でとおりました。

自分は、ソフトウエアの営業を担当しておりましたので、毎週のように、この「ザ・コン」に通っては、エスカレータホールの一角でソフトウエア製品のデモ活動を行なったりしたものです。懐かしいなぁ。


月日の流れとは早いもので、この「ザ・コン」が、H19年9月30日で閉店しまったのです。

ラオックスLAOXザ・コンピュータ館

明かりが消えた「ザ・コン」を見るのは寂しいですね。
 

ザ・コン閉店のお知らせ

入り口に貼ってあった閉店のお知らせです。
 

閉店の理由はやはりヨドバシカメラの進出による影響なのでしょう。

秋葉原駅の昭和通り方面にOPENした巨大店舗のヨドバシカメラは、人の流れさえも変えてしまいました。
昨今、地方都市に大型店舗の進出により、駅前通りがシャッター街化し、街の空洞化が叫ばれておりますが、これは何も地方だけの問題では無かったような気がします。秋葉原でもこの「ザ・コン」の閉店のように、実は同様のことが起きているように思われてなりません。

東京は人口が多いので、いきなりシャッター街化することは無いにしろ、小さなショップは生き残りを掛けて、ニッチ商品やアダルトをはじめとするアングラ商品に活路を見出すことになるでしょう。

その結果、戦後にあったような秋葉原の闇市化なのであれば、1秋葉ファンとしてはとても寂しく思うのです。

やはり健全な「電脳都市」として、これからもますます発展していって欲しいですね。

3 11月

東京神田「万世酒場」でパーコー麺を食す

久しぶりの上京でした。到着当日の昼食に選んだのは、私が秋葉原勤務だった時に御用達だった「肉の万世」によるラーメン屋さん。

この万世のビルは、地価1階から10階まではすべて飲食店という凄いところ。
階が上にいくほど高級になるという、すごく判り易い作りに好感が持てます。
 

肉の万世

で自分はここの1階で食事をしようってなわけです。(笑)

で何を食ったのかが重要ですが、1階にある「万世酒場」で頂く事ができる「パーコー麺」が旨いのである。万世と言えばあの空弁で有名な万カツサンドを生み出した肉の商社ですので、その肉がふんだんに入っているのだからまずいはずが無いのだ。
 

お肉はとんかつではなく、ザンギ風。豚肉で作ったサンギといった感じ。オイスターソースが使われている?ような僅かな酸味が、薄味のスープと実に良く調和していて絶品です。

万世酒場のパーコー麺

その他の具は、きくらげ、めんま、チンゲン菜程度。

麺は腰が弱めで、あの山岡屋の太麺になれている自分としてはちょっと物足りない。

でも、それを帳消しにするくらいにパーコー旨かったな〜。
 

因みに「万世酒場」は名前の通り一杯飲み屋さんでもあるそうです。
ホッピーなども置いてありましたので、機会があれば夜にも行ってみたいと思いました。
 

万世酒場

地図などは後ほど更新しておきます。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ