genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

日記

7 9月

アルファタウリ優勝おめでとう!ガスリーおめでとう!

昨日のF1イタリア戦はとても素晴らしいレースだった。ついにアルファタウリのガスリーがキャリア初の優勝を飾ったのです(*^^*)

関連ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6370393

ガスリーと言えば、昨シーズン途中に成績不振によりトップチームのレッドブルからBクラスのだったトロロッソ行きの憂き目を見ているドライバーだ。サラリーマン的に言えば仕事の途中で子会社へ出向を命じられたようなもの。気持ちが落ち込んでも仕方が無いところだ。

それでも彼は昨年もブラジルでP2を獲得するなどの活躍も見せるなど、そんなことには全く意に介さずに今シーズンも自分の仕事をしっかりとし続けていたのです。もともと実力がある選手ですが、クルマのポテンシャルなどの問題もあり、なかなか上位入賞が難しい状態ではありました。

そんなガスリーを、昨日はきっと勝利の女神が暖かく祝福してくれたに違いありません。ハミルトンにペナルティがあり、フェルスタッペンもマシントラブルで抜け、そしてフェラーリの大不調。このようなことが無ければこのようにP1を取れることは無かったでしょう。

ただ、それであったとしてもP1を取るのは簡単なことではなく、やはりしっかりとした実力が有ってのことではあります。ほんとうに素晴らしい走りでした。

苦労人だったガスリーが、ついに古巣のレッドブルに、まさに倍返しをしたとも言えるような昨日のレースでした。エンジンを供給しているホンダの方達もさぞ嬉しかったことでしょうね。

今後益々F1から目が離せなくなりました。これからも熱いバトルを楽しみたいと思います。ガスリー選手、本当におめでとう!ホンダさん、おめでとうございました!

5 9月

土日祝が休みのWEBサービスって・・

仕事をしているとなかなか役所に行く時間がありません。例のマイナンバーカードも受取に行く時間が無く放置状態です。マイナポイントが気になる今日この頃・・

さて、私はとある土地の持ち主を調べたかったのですが、法務局に行く時間がありません。

そこで法務局のホームページを見ると、登記情報提供サービスがあるではありませんか!
こりゃいいぞ!と思い、早速利用しようと思いました。

利用するにはユーザー登録とクレジットカードの登録が必要とのこと。
申請すると郵送でID番号が通知されます。今時、その場でIDくらい発行して欲しいとは思いますがまあ我慢我慢・・

申請後2,3日して郵送で届きましたので、どれ調べてみようとアクセスすると、なんと土日祝日はサービスが休止されているのでした・・(泣)
WEBサービスって24時間どこでも利用できるのがメリットだと思っていたのですが・・(+_+)

登記情報提供サービス

こういうのも改善して欲しいものですね。もう少し利用者目線でのサービスを心掛けて欲しいと思いましたよ・・
1 9月

パークゴルフのコツが少しだけわかった気がします(^^♪

低迷が続いていたパークゴルフですが、ここに来てようやく連勝できるようになってきました。
前回、そして先週と続けて4連勝なのです。素晴らしい!

どうして勝てるようになったのかを素人ながら自己分析をしてみました。

.棔璽襪梁任曾个絞向性が定まってきた
まっすぐ前に打つことが出来るようになってきたようです。簡単そうでなかなかまっすぐに打てませんでしたからね。これで左右のOBや池ポチャを大幅に減らすことが出来ました。

⇔浪淡困わかってきた
どの程度のパワーを掛ければ良いのかがなんとなくわかってきました。特にラフからのアプローチショットの精度が以前よりも高くなりました。打ち出す方向性と相まってチップインの確立も上がり、スコアに直結するようになりました。

パッティングが上手くなってきた
せっかくグリーンに乗っていても、以前は2パッド、3パッドになるケースが多かったのですが、最近は1パッド、悪くても2パッドで決まるようになりました。これも方向性と力加減のコントロールが上手くなってきた証でしょう。

ということで、要するに方向性と力加減、この2要素さえしっかりとモノにすれば良いのです。
あとはグリーンの傾斜を読む力が備われば鬼に金棒でしょう。

ということで、この勢いで今後も勝利を続けていきたいと思いますが、ライバル達もこのままということは無いでしょう。引続き頑張っていこうと思っています。
さてと、前回はお気に入りのボールが何故か無くなってしまったので、ゴルフ5で新しいボールを買うことにしよう(笑)

IMG_3083
無くしたボール・・( ;∀;)

続きを読む »
27 7月

(新型コロナ)気を抜いてはいけないですね

この4連休、各地では多くの観光客で賑わったようです。
経済活動はとても重要ではありますが、一方でまだ終息していないのが新型コロナ。いつどこで感染するかわからないという不安がありますので、まだまだ慎重に行動をする必要があるでしょう。

一方で疑問に思うこともあります。小中学生や高校生には感染が広がっているというニュースは皆無なのです。サラリーマン達と同じ電車やバスで通学しているケースも多いはずですが、感染が広がってはいないのです。これはあきらかに通勤、通学だけでは感染しにくいと言えるのではないでしょうか。

とするなら濃厚接触はいったいどこで?と考えると、やはり夜の社交場であるのは間違い無いでしょう。どうしてもアルコールが入ってしまうと気持ちが緩んでしまいますから、ついついマスクを外したり、大きな声で話をしたりと気持ちも大きくなってしまいます。なので、ちょっとした油断から感染してしまうのでしょう。

またこのことは、一生懸命に感染対策を行っている食事やお酒の提供がメインの居酒屋や料亭等は、感染者を出しているキャバクラや風俗店のせいで売り上げが下がったとも言えるわけですから、いわば巻き添え被害を受けているとも言えるのでしょう。2次会、3次会の店のせいで1次会の店に客が来ないのですから苦情を言っても良いレベルでは無いかとすら思えます。
国や自治体に苦情を言う前に、まずはそういった店への監視などが必要では無いかと思えてなりません。

いずれにせよ、まだまだ気を抜いてはいけません。タガを緩めて良い場合では無いのは間違いないでしょう。しっかりと自衛を行うようにしたいものです。

virus_corona

14 7月

レジ袋の有料化は事実上の便乗値上げだ

コンビニのレジ袋が有料化されたが、その他の店では紙袋まで有料化しているところがあり、購入する際にはエコバッグの持参が必要不可欠となった。
そもそもなぜレジ袋を有料化しなければならなかったのか。プラスチックごみを減らすのが目的とされているが、果たしてそれは本当なのだろうか。紙袋まで有料化されているのはなぜなのか。

ハッキリ言ってこれは便乗値上げでしかないと思えてならない。そんなにレジ袋が有害なのであれば、使用を全面的に禁止すれば良いだろう。そうすれば客は常に自らエコバッグを持っていく新しいスタイルとして定着するかも知れない。1枚3円程度ではあれば普通に使う人はそれなりにいるだろうから、プラスチックごみの削減にはほとんど貢献しないように思える。

それにプラスチックごみはなにもレジ袋だけではない。おにぎり、菓子パン、サンドウィッチの包装から、お弁当や各種商品のパッケージ、ペットボトルといったものまで、あらゆる商品にプラスチックが使われている。それらは消費されるとすべてがゴミになるわけだ。そして、そのごみの処理には多くの公金が使われている。企業が金儲けしたあとに出たごみの処理費用を、我々が納めている税金や、別途購入する指定ゴミ袋代により賄っているのだ。今回はさらに商品を運ぶためのレジ袋の費用まで消費者からむしり取ろうと言うのだから、これをおかしいと言わずになんと言うのか。結局のところは、コンビニやスーパー等の費用負担をすべて消費者に転嫁しているだけなのだ。

ごみを出しているのは果たして我々消費者なのだろうか。ビジネスの合理化のために企業が使っているものでは無いのか。そういった観点からみると、今回の措置は単純にレジ袋の費用負担を単に消費者側へ丸投げしたということがより明白となる。

レジ袋有料化の推進派は、その理由のすべてを地球環境の破壊に結びつけているようだが、それとこれは本質的に別問題である。地球環境の保全にはすべてのプラスチックごみに対する規制を推進しなければならないはずだ。そうでなければ、なぜレジ袋だけ消費者側の負担にするのか、といった疑問はいつまでも解消されることは無いだろう。

いやはや全く持って変な法律が施行されたものである。

shopping_rejibukuro_5en

2 7月

知識0からの写真測量その2~D-RTK2 mobilestationの準備

送信機の準備が終わったら、次はドローン本体といきたいところですが、今回はD-RTK2 mobilestationの準備について紹介します。

a68fca4254e45e47c6d598bb7d0b892d@374

これがD-RTK2mobilestationです。(写真はDJIのHPより)

非常に背が高い装置なので分割して持ち歩き、現地で組み立てることになります。で、苦情なのですがこれにはケースも何も付いてこないのですよ。ドローン本体には立派なケースが付いているのに、この基地局となるD-RTK2mobilestationにはケースが無い。これはDJIさんも考えたほうが良いですね。決して安い機材では無いですから。
そして、なんと日本語のマニュアルも無いのです中国語、英語のマニュアルはあるのに、日本語版が無いこれもなんとかして欲しいなあと思っていたら、6/11に待望の日本語マニュアルが追加されていました。でもこれは基本設定のみが記載されているだけで、運用マニュアルは今も無いという初心者には極めてハードルが高い仕様には変わりがありません。ただ、日本語が適切に使われているのは評価しましょう。漢字も正しいものが使われています(笑)

さてと、苦情はそこまでとして準備をしていきましょう。

まずはじめにバッテリーを装着します。利用するバッテリーは、送信機(プロポ)と同じバッテリーとなります。共通で使えるのは良いですね。
IMG_3585

このバッテリー(WB37)を装着します。

駆動時間は2時間と記載されていましたが、実際には3時間から4時間くらいは持つようです。短いなーと思いますが、GCP(評定点)の測量には別のDNSSローバーを利用することになりますので、まあ2時間あれば空撮そのものは出来るかなと。ただ、予備のバッテリーは必須ですね。現場では何があるかわかりませんから。

IMG_3564
ここにバッテリーをずぼっと入れます!

電源を入れてみます。例によって電源ボタンを押して手を離し、もう一度2秒ほど押すと起動します。電源がONになるとふぉーんというファンの音が響き渡ります。結構うるさいです。なるほど2時間しか持たないというのもわかります。

IMG_3565
電源が入った直後

でここでも苦情ですがこのボタン、指では非常に押しにくい。決して私の指が太いというわけではありませんがボタンが押しにくいのです。必ず左手で本体を抑えておく必要があります。そうしなければせっかく定めた位置がずれてしまいます。それに、ボタンそのものがランプとして光る形なので、ボタンの上に指を置くとランプが見えなくなってしまいます。この点はぜひ改善して欲しいですね。

<モード>の選択!
電源が入ったら、次はモードを選択します。D-RTK2mobilestationには5つのモードがあるようですが、実際にPhantom4RTKで利用できるのはモード1とモード3の2つとなります。

モード1:モバイルベースステーション。(Phantom4RTK用)
モード2:据え置き型ベースステーション(使用せず)
モード3:ハンドヘルド型地図作成デバイス(Phantom4RTK用)
モード4:モバイルベースステーション(M210RTK V2用)
モード5:モバイルベースステーション(放送モード、M300RTK用)

基本的にはモード1のモバイルベースステーション(RTK基地局)として利用することになるだろうと思っています。そのための立派なトリポッド(3脚)をオプションで購入しました。ただ、ネットワークRTKも使ってみたいので、その際はモード3で使うことになります。この場合はバイポッド(2脚)が必要になるかな。これもそんなに安くは無いのでちょっと検討してみようと思います。

それとインジケータランプについても覚えないといけませんね。

IMG_3568
インジケーター部

このようにボタンが3つ並んでおり、左から、リンクボタン、電源ボタン、モード切替ボタンです。
覚えておかなければならないことは

<リンクインジケータランプ(左)>
1.赤色⇄緑色の交互の点滅=処理を開始の合図です
2.緑色点灯=OK
3.赤色点灯=接続出来ていない.

<電源インジケーターランプ(中央)>
1.赤色⇄緑色の交互の点滅=処理を開始の合図です
2.緑色点灯=OK(衛星信号が10個以上受信)
3.黄色点灯=まあOK(衛星信号が6個〜9個受信)
4.赤色点灯=ダメ(衛星が少ない、バッテリーが無い)

<モードインジケーターランプ(右)
1.緑色点滅1回=モード1で実行中
2.緑色点滅3回=モード3で実行中
3.黄色点灯=モード切替ステータス中

こんなところかと思います。あとはなんとなくわかるかな。
なお、起動すると自動的にモード1が選択されます。

で、その前に送信機とのアクティベーションが必要でした。アクティベーション作業は送信機側のGSRアプリでRTK設定メニューから行います。詳しく?は次回に説明したいと思います。

ということで今回はここまでです。
2 7月

BENESSEチャレンジパッドの脱獄について(^^♪

以前から家に転がっていた娘が使っていたチャレンジパッド「BenesseTAB-A03-BR」。
andoroidデバイスではあるものの、外部アプリのインストールなどはすべて止められていて、Benesse専用のタブレットとなっています。
そのためチャレンジを辞めてしまうともう使うことが出来なくなるのですが、非常にもったいないなあと思っておりました。調べてみると脱獄方法があるようでしたので、さっそく出社前の朝一でチャレンジしてみました。(朝4時半には起きているのです♪)
許可されていないアプリのインストールが出来ない仕様でしたので、andoroidの開発ツールを使って直接apkファイルを送りこむ方式をチョイスします。いくつかの手順でちょいちょいと行うとすんなり脱獄に成功してしまいました。Googleアカウントの紐付けも完了し、amazonアプリのインストールも無事にできました。こういう作業はなかなか楽しいですね。(^^♪

チャレンジパッド


IMG_3579
ブラウザが動作するようになりました!
(ほんとは白い橋体ですが照明のせいで黄色っぽくなっています)

IMG_3580
Youtubeも問題無く見ら再生できるようになりました♪
さっそくパークゴルフ講座を見てみました(笑)

ということで、今夜帰宅したら他にも色々なアプリをインストールしてみようと思います。Kindleアプリなどを入れて電子ブックビューアとして使うのが一番良さそうです。

それでは(^^♪


30 6月

パークゴルフが上達するためにはどうすれば良いのか

ここのところ負けが続いていたのですが、日曜日のプレーではようやく改善の兆しが見えるなあと思う結果になりました。とは言えまだまだ道筋は遠いのではありますが、目標とする1ラウンドで110を切るために弛まぬ努力を続けていきたいと思っています。

今回多少なりともスコアが良かった理由としては、先日購入した新しいクラブの扱い方を理解できたことが一番大きいかと思いますが、それ以外にもいくつか意識していたことを実践出来たことも大きいと思っています。

1.力を抑えてヘッドの重みを利用し振り子のように打つ
2.腕、足、頭の位置関係を常に意識し、ヘッドがボールを転がしたい方向に向かうように打つ
3.打った直後にヘッドアップをしないように目でボールを追わない
4.ラフからの脱出時にはカップまでの距離を2倍から3倍くらいに仮定したスイングで打つ
5.打った後に体重が後ろ側の足に残るように打つ

ざっとこんな感じになるよう意識してプレイをしてみたのです。そうすることで、ボール直進性が改善し、以前なら絶対に入らないような距離でもチップインが出来るようになりました。

もちろんこれは我流ですので正しい方法だとは全く思ってはいませんが、結果としてはそれ以前よりも改善が見られたのは事実ですので、当面の間はこの方法で戦っていきたいと思います。

次戦は7月の後半となりますが、このイメージを忘れないようにして臨みます。がんばります!(^^;)

sports_park_golf_club_ball


29 6月

最新のパソコンは凄いなあ

仕事で3次元データの解析を行う必要があったので、某ショップにてBTOで最強のパソコンを制作してもらいました。CPUにRyzen Threadripper 3970Xを選択し、GPUもGeForce RTX2080Tiをチョイス。どちらも素晴らしい性能で素晴らしい。 本当は自分で組みたかったのですが、仕事で使うPCですから保証付きのほうが安心できます。さあ、バリバリと活用するぞ〜

キャプチャ


24 6月

知識0からの写真測量その1~ Phantom4RTK送信機の準備

それでは何回になるのかはわかりませんが、コツコツと調べながら書いていくことにしましょう。まずは本稿の中心となるUAV(ドローン)の紹介をします。中国はDJI社のPhantom4RTKというモデルになります。(国産で安くて便利なドローンが有れば良いのですけどね)

IMG_3490
箱から取り出したばかりなので傷一つ無くピカピカです

このPhantom4RTKは中国はDJI社製産業用ドローンの一種で写真測量専用の機能が搭載されたモデルです。中央部の出っ張った部分が、GNSSからの信号を受信するアンテナになっています。この形状でベースモデルのPhantom4と見分けることが出来ます。

価格も通常のPhantom4よりは少しお高いです。それに一般のお店やamazon、楽天では購入することが出来ません。専門の代理店からでなければ購入出来ない仕組みになっております。おそらくサポート等を考慮しているのでしょう。

早速プロポ(送信機)から準備していきます。
IMG_3494

一般向けのPhantom4と違い、液晶モニターが標準で装備されています。これは外したり更換したりは出来ません。画面の大きさは5.5インチですから、iPhone Plusと同じサイズですね。
少し小さいかな、とはじめは思ったのですがこの送信機は意外に重たいのです。計りが無いので重さを計ってはいませんが、感覚としては大きいメロン1個くらいかな(アバウトでスミマセン)

その重さのあるものを飛行中はずっと持っていなければならないので、これ以上重たくなると少々しんどいかも知れません。なので結果的にはちょうど良いサイズだと言えるのかも。表示領域は少々狭いですが我慢しましょう。

裏面にはバッテリーと、ドングルを装着するようになっています。バッテリーについては説明するまでも無いので省略するとして、ドングルは説明が足りないので少し悩んでしまいました。

IMG_3483
これがドングルです。中国ZTE社のものになります。これに、SDメモリカードと通信SIMを装着することになるのですが、その絵が全然無いので困りました。色々と試してみてこれが正解かなと。

IMG_3482

まあ、普段からスマホ等をいじっている人にとっては当然なのでしょうけど、私にはさっぱりわからなかったです。通信が正常に行われていることが確認できるまでは悩んでました(笑)
もう少しわかりやすく説明して欲しいなあ。

ちなみにSIMは、Biglobeモバイルの格安SIMを選択しました。このSIMは回線がdocomoなのでエリアが広いのと、Phantom4rtkで利用可能ということでした。尚、このドングルをPCに装着すればどこでもネットにつなげることが出来るので便利です。ドローン専用にするのは少々勿体ないです。

IMG_3492
SDカードとSIMを装着したドングルをここにざくっと差し込んで完了です。

それではプロポの電源を入れましょう。で、何度電源ボタンを押しても切れてしまいます。やはり説明書はきちんと読まないとダメですね。

<電源の入れ方>
1)電源ボタンを押して反応があったら一旦指を離す
2)再度電源ボタンを2秒以上押し続ける
3)起動!

このような動作になっています。プロポに限らず、ドローン本体も後で説明するつもりのD-RTK2 mobilestation(DJI社製基地局ユニット)も同じ要領で電源を入れることになりますので覚えておきましょう。

ということで次回に続きます。


記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ