genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

パソコン

4 7月

HDDからSSDに換装してPCを快適にしましょう!

オフィスのパソコンですが、電源投入からイントラネットへつながるまでの時間が非常に長くて少々困っていたので、社内のパソコンを管理している情シス担当に相談したところ、SSDへ変更しましょうとのことで、SSDを1台ぽんと預けられてしまいました。

自分でやれってことね?はいはい、余裕のよっちゃんですよ!と言うことで早速換装を実施しました。
仕事帰りにディスククローンを作成しておき、朝の始業前にHDDからSSDへの換装を実施して完了です。とてもカンタンにできますので古いPCを利用されている方は今すぐ行ったほうが良いですよ。

【HDDからSSDへの換装方法】

1)ディスククローン用のソフトをゲットします。やはり無料で使えるのが助かりますよね。私はこちらのソフトを利用しました。「EaseUS Todo Backup」というソフトの無料版です。ダウンロードしてインストールを行います。

2)SSDをPCに装着しなければなりませんので、このようなHDDアダプターと呼ばれる装置が必要になります。パソコンショップやネットで買っておきましょう。SSDを購入するときに一緒に購入するのが良いと思います。意外と使う頻度が多いと思いますので買って損はしないでしょう。
注意する点としては、HDDがSATAかIDEかくらいでしょうか。最近はほとんどがSATAなのでSATA専用でも大丈夫でしょう。ただ、10年以上前のPCであればIDE方式である可能性もありますから、少しお高くはなりますがSATA,IDE両対応のアダプターにしておくのも一つの手でしょう。

3)アダプターにSSDを装着し、USB端子をPCに挿すと新しいデバイスとして認識します。
すでにフォーマットされている場合には、新しいドライブとして利用可能になります。

4)フォーマットを要求される場合はそれに従い、SSDが新しいドライブとして認識されるようにしましょう。

5)それではクローン作成に移りましょう。EaseUS Todo Backupを起動します。
bu1
起動直後の画面

6)メニュー左側の下から3番目のボタンをクリックすると、ディスクパーテーションクローンの選択画面になりますので、古いHDDを選択します。その際、パーテーションにこだわらずにすべてのクローンを作ったほうが失敗が無くて安心です。

bu2ャ

7)次は、あたらしいSSDを選択します。ハードディスク1などと表示されているはずです。複数のHDDを使っている場合は間違えないように気を付けましょう。
bu3

9)確認画面が表示されます。この例ではすでにクローン済みのHDDを装着していますので、同じ容量になっていますが、普通はSSDは空になっているので間違うことは無いでしょう。
bu4

10)実行をクリックすると、次のように「本当に続けますか?」と聞いてきますので、間違いがなければ「はい」をクリックして実行しましょう。

bu5

11)実行中の画面です。□終了したらシャットダウンにチェックを入れておくと勝手に電源を落としてくれますので、寝る前や会社から退社する直前に実行するときに便利です。
bu6

12)以上でHDDの内容がすべてSSDにクローンとしてコピーされます。

13)あとは、パソコンのケースを開けてHDDとSSDを入れ替えるだけです。デスクトップPCは非常に簡単ですが、ノートPCの場合にHDDを更換するのにキーボード等をすべて剥がさなければならないものもあります。その場合は分解方法に注意して作業をしましょう。

ということで、簡単にSSDへの換装ができます。
結果は言うまでも無くとても快適になりました。PCの起動も早く、アプリケーションの立ち上がり速度も比較にならないほど早くなりました。

念のために、いくつかの修復作業を行っておけば安心です。
管理者としてコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

(1)dism /online /cleanup-image /restorehealth
(2)sfc /scannow
(3)chkdsk d: /f
(4)chkdsk c: /f

上から文字列をコピーして貼り付けてエンターを押せば実行されます。
chkdskについては、PC起動時に自動で実行されるオプションを選択します。
これで完璧ですね(^^♪

さあ、PCが遅いとお悩みの方はLet's Try!(^^)/
2 7月

BENESSEチャレンジパッドの脱獄について(^^♪

以前から家に転がっていた娘が使っていたチャレンジパッド「BenesseTAB-A03-BR」。
andoroidデバイスではあるものの、外部アプリのインストールなどはすべて止められていて、Benesse専用のタブレットとなっています。
そのためチャレンジを辞めてしまうともう使うことが出来なくなるのですが、非常にもったいないなあと思っておりました。調べてみると脱獄方法があるようでしたので、さっそく出社前の朝一でチャレンジしてみました。(朝4時半には起きているのです♪)
許可されていないアプリのインストールが出来ない仕様でしたので、andoroidの開発ツールを使って直接apkファイルを送りこむ方式をチョイスします。いくつかの手順でちょいちょいと行うとすんなり脱獄に成功してしまいました。Googleアカウントの紐付けも完了し、amazonアプリのインストールも無事にできました。こういう作業はなかなか楽しいですね。(^^♪

チャレンジパッド


IMG_3579
ブラウザが動作するようになりました!
(ほんとは白い橋体ですが照明のせいで黄色っぽくなっています)

IMG_3580
Youtubeも問題無く見ら再生できるようになりました♪
さっそくパークゴルフ講座を見てみました(笑)

ということで、今夜帰宅したら他にも色々なアプリをインストールしてみようと思います。Kindleアプリなどを入れて電子ブックビューアとして使うのが一番良さそうです。

それでは(^^♪


29 6月

最新のパソコンは凄いなあ

仕事で3次元データの解析を行う必要があったので、某ショップにてBTOで最強のパソコンを制作してもらいました。CPUにRyzen Threadripper 3970Xを選択し、GPUもGeForce RTX2080Tiをチョイス。どちらも素晴らしい性能で素晴らしい。 本当は自分で組みたかったのですが、仕事で使うPCですから保証付きのほうが安心できます。さあ、バリバリと活用するぞ〜

キャプチャ


10 9月

建築工事のBIMは普及するか

仕事で建築工事用の施工管理システムの将来を考えているのだが、やはり設計段階からのBIM連携は避けては通れないと感じている。 ただ、設計と施工が一体となった運用は、大手のゼネコンしか対応できないように思えてしまい、今後の進み方がなかなか予想しにくい。 job_3d_cad_designer
一戸建ての木造住宅はともかくとして、多くの建築物は設計者と施工者が異なるのが一般的だ。設計段階でBIMデータが用意されるのであれば連携はスムーズに行えそうだが、設計段階で2次元だったものを施工者側でわざわざ3次元化することは、コストを抑えたい施工者側としては非常に厳しい要求になってしまう。

その一方で、住宅設備機器メーカー等からは次々と3次元データの提供が進んできていることもあり、データの流通については各BIM対応ベンダーによる一定のルールが出来上がりつつあり、その点だけを見ると普及が進んでいくようにも思える。

施工会社がBIMを積極的に進めるべきかどうかは、「BIM対応=コストが下がる」が明らかになれば、必然的に進んでいくのである。

ドラフターで図面を書いていた時代から、CADへ切り替わったのはまさにCADを使ったほうが便利で安価になったからなのだ。ただし地場中小まで普及するのにはそれなりの時間を要したはずだ。 理由は、CADの価格やパソコン本体、プロッター等のハードウェアの価格が非常に高かったことと、CADの操作性向上とそれを利用する人のリテラシーの向上を待たなければならなかったからだ。

そう考えると今回のBIMについても、その時と全く同じ経緯を辿っていると思えるのではあるがはたして・・・
12 6月

プリンタのジョブがいつまでも削除されない時の対処方法

忙しい時に限ってプリンターが動かなくなるものです。
これってマーフィーの法則にも当てはまるような気がしますが、そんな経験はないでしょうか。

computer_note_bad

再度印刷を行い問題無ければ御の字ですが、場合によってはスプールデータが残ったままになり、そのせいでいつまでたっても印刷が出来ない!という最悪なケースに陥ることも・・

そんなときは以下の方法で修復することが出来ますので覚えておくと良いでしょう。

【Windows10のプリンタジョブを完全に削除する方法】

1.コンピュータの管理画面を開きます
(デスクトップのPCアイコンを右クリックして管理を実行します)

2.コンピュータの管理画面が起動するので、サービスとアプリケーションの下にあるサービスをクリックします

3.サービスの一覧から、「Print Spooler」をダブルクリックして「停止」させて閉じます

4.エクスプローラーで、「C:\Windows\System32\spool\PRINTERS」をひらきます

5.中にあるファイルをすべて選択して削除して閉じます

6.先ほどの「Print Spooler」を再度開き「開始」に変更します

7.完了です

これで印刷不能になったスプールデータが削除されますよ。覚えておくと精神衛生上好ましいでしょう(笑)

よろしければぽちっとしてくださいませ。m(__)m
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
にほんブログ村



27 5月

windowsの32bit版はいつまで使えるのか

マイクロソフトによるwindows7の延長サポートは、2020年の1月で終了することになっている。
以降はセキュリティアップデートも何も行われなくなるので使用を辞めるのが望ましいわけだが、まだまだwindows7のパソコンを使っているユーザはかなりいると推察される。

ソフトウェアを開発する立場で言えば実に悩ましい問題がある。
windows7、8、8.1、10にはご存知の通り32bit版が存在しているのだが、現在のWindows10には64bit版しか販売はされていないのだ。
つまり、現行OSであるWindows10の64bit版に合わせてアプリを開発すると、32bit版のOSでは利用することが出来ないわけだ。
computer07_shock
32bit版では、メモリ上限も4GBまでしか利用できないし、昨今は動作しないアプリも増えてきているのでもう切り捨てても良いようには思えるが、自分のPCがどちらなのかもわからずに使っている方がたくさんいるのも事実なのだ。購入したアプリがインストールできない!とクレームになってしまうケースが考えられる。

うーむ、どうしたら良いのだろう。他社はどうしているのだろうか。もう少し考えてみるとしよう。

よろしければぽちっとしてくださいませ。m(__)m
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
にほんブログ村

5 4月

Google Chromeに装備されたパソコンクリーンアップ機能

Google Chromeの本体に、いつのまにかパソコンのクリーンアップ機能が装備されていました。
たしか以前は別ツールだったような・・

使い方は至って簡単です。

1.設定画面を表示し、更に詳細設定を開きます。

2.画面の一番最後に、リセットとクリーンアップの項に現れます。
キャプチャ1


3.有害なソフトウェアを探して削除 の検索ボタンをクリックします。
キャプチャ2

4.検索中
キャプチャ3

5.完了
キャプチャ4


大変簡単な操作でクリーンアップを行えますので、ブラウザの調子が悪い場合等には実行してみると良いでしょう。






4 8月

SCANSNAP F5110がついに使用不能

長らく使っていた愛用のSCANSNAP F5110がついに使用不能になってしまいました。
windows7であれば騙し騙し使えたのですが、Windows10へアップしたとたんに認
識不能となりました。あーあ。

仕方がないので、新しいSCANSNAPを購入することにします。
長い間お疲れ様でした。今までどうもありがとう。

51
5 8月

タフパッド(ToughPad)が来ました

Panasonicのタフパッド(ToughPad)FZ-G1のwindows8.1モデルです。
画面の解像度が高いので、システムの文字サイズが大で丁度良くなるよう設定されています。
そのため、アプリケーションによってはダイアログ等に文字がうまく収まらないケースがあり、タフパッド専用アプリとして作り込むのが正しいようですね。
これから実際に現場へ持ちこんで使ってみようと思います。

DSC_1311

26 5月

富士通製HDD MPG3409ATからのデータ救出(2013年5月)

2008年に故障したHDDから、5年の月日を経て遂にデータの救出ができました!
家族の思い出の写真が詰まっているHDDでしたの
で本当に喜んでいます。

946686_520640951329655_1789692308_n (1)
HDDの基盤を取り替えてPCに接続してみたところ

936274_520642244662859_870392061_n
このように異常なドライブ名となるの常でした

私のブログを読んでくれた方が、たまたま同一HDDをまだ持っていてその基盤を送って下さったのです。1度目のTRYでは異常なデバイス名で認識され、やっぱりこれもダメかと思ったのですが、接点の圧を変えたり、起動する順序を変えたりと色々と試しているうちに、なんと突然正常に認識されたのです。

フォルダが見えたHDDは以前と同じくカランコロンと怪しい音が出ていましたが、このチャンスを逃してはいけない!と思い、慎重に中のデータをPCに吸い上げていきまして、無事にデータの救出が完了と相成ったわけです。万歳 \(^^)/

944559_520641341329616_2147020551_n
フォルダが見えた!

ちなみにこのHDD、本日もPCに接続してみましたがうんともすんとも言わなくなっておりました。本当に紙一重の救出劇でした。

今回データを救い出せた要因としては、

1)諦めずに捨てずに持っていたこと。
2)自分のブログにHDDを探しているという記事を書いていたこと。
3)同一HDDを持っている方がそのブログを読んでくれたこと。
4)その方が心優しい方だったこと。
5)送って頂いた基盤が同じロットだったこと。
6)基盤の交換がたまたま上手くいったこと。

まさにこれだけの条件が揃ったためなのです。
本当に奇跡としか言いようが無いと思っています。

[該当ブログ記事]
http://culgon.doorblog.jp/archives/53770867.html

ということで、基盤を送ってくださった東京のMさんには本当に感謝です。ありがとうございました!
一応、お礼は送りましたよ・・(^^;)

やはり、データのバックアップって大事ですね。2重にも3重にも施しておくべきです。皆様もどうぞお気をつけてくださいませ。

 よろしければぽちっとしてくださいませ。m(__)m
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
にほんブログ村
記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ