社員のモチベーションにも直結する企業、製品への愛着度のことを、マーケティング用語では「エンゲージメント」と言います。そのエンゲージメントですが、日本人のエンゲージメント率の低さは、世界で断トツの最下位と言われているのをご存知でしょうか。

詳しくは下記のリンク先を読んでいただくとして、ここでは私なりの意見を述べたいと思います。

日本はなぜ従業員エンゲージメントが低いのか? | アデコ株式会社
世界でダントツ最下位!日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?

私は昨年、長らく勤めた会社を辞めたわけですが、その大きな理由として、その会社での仕事に対するモチベーションを失ってしまったことでした。しかし、私が関わって来た仕事については、今でもやる気マンマンです。そのため、今は同業他社へ転身し元気に働いています。

つまり、私がモチベーションを失ったのは、その会社で働くという部分であって、仕事の内容や質が嫌になったというわけでは決して無いということです。このことこそが、エンゲージメントが低いために退社したということに他ならないわけですね。

それでは、なぜ私のエンゲージメントが退社するほどまで低下してしまったのでしょうか。
それは、一言で言うならば、私の担当していた業務内容そのものを、経営側の人たちがあまり良く分かってくれなかったということです。共感されなかったということです。

まあ、私も完璧な人間ではありませんから、時には失敗したりすることはありました。
それでも会社にとっては大きな貢献をしてきたわけですが、時代の流れに合わせて次々と新しい手を打っていかなければならないという難しい局面になればなるほど、両者が持つ情報量の差が次第に広がって行きました。最後にはオーバフローしてしまい、私の言うこと為すことが理解の範疇を超えてしまったという事から、どんどんと関係性が悪くなってしまったというわけです。

おそらく、経営側も私と同じように様々な顧客からの情報を真摯に直接聞いていれば、私も退職せずに済んだのかも知れませんが、今となっては覆水盆に返らずです。

つまり、社員の退職を防止するためには、社員一人一人のモチベーションを上げるのも大事なことですが、むしろエンゲージメントのほうを上げる方が大事であり、そのためには、会社側が社員と同じ目線にたち、物事の良しあしを一緒になって判断できるようにならなければならないと言えるでしょう。

そして、その社員のエンゲージメントが高ければ高いほど、その企業や製品の評判や評価が高くなりますから、その分ビジネスもよりうまく行えるようになるわけです。

逆に、エンゲージメントの低い社員に営業をやらせても、まぐれあたり以上の成果はおそらくは出せないでしょう。エンゲージメントとは、企業が真剣に考える必要のあるとても重要なファクターの一つだと言えます。

また、勘違いしやすいこととして、社員のモチベーションを上げるためには昇給、賞与や休日増をすればよいと思っている方も多いとは思いますが、残念ながらエンゲージメントが上がるかどうかは無関係であるということです。サラリーマンとはいえども、給与が低くても、休みがなくとも、仕事の内容次第ではモチベーションが低下するどころか逆に上がるケースもありますので。

business_man2_4_think