エヌパピ、ピーパピと言っても何のことか判る人は少ないだろう。

正確には、NPAPI(えぬぴーえーぴーあい)、PPAPI(ぴーぴーえーぴーあい)というのが正しいとは思うのだが、えぬぱぴ、ぴーぱぴと言うのがなんとなく可愛いので個人的には好きだ。(笑)

それでこれが何を意味するのかというと、ブラウザのプラグイン方式のことだ。
NPAPIは、Netscape Plugin Application Programming Interfaceの略であり、文字通りネットスケープ時代のAPI。さすがにこれはもう時代遅れだとして、新たにGoogle社が開発したのが、PPAPI(a cross-platform API for plugins forwebbrowsers))である。

このような変化で困るのは一般利用者でもあるが、WEBサービスを提供する開発者側のほうが当面は困ることになる。ユーザ環境がつねに、最新環境であるとは限らないからだ。

ただ、それも一過性のものにしなければならない。つまり、pluginに頼るからこのような問題に巻き込まれるのであって、これからは追加pluginが無くとも動作するシステムを提供する必要があるということだ。大変だけどね(笑)。

よろしければぽちっとしてくださいませ。m(__)m
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
にほんブログ村