旭川の田島工業(株)さんが8/30付で事業を停止したとの記事が北海道建設新聞に掲載されておりました。
この田島工業さんは、特殊形状の鉄骨構造体を製作するのが得意で、札幌ドームや旭山動物園などでも使われている等 付加価値が高いビジネスを行っていると思っていただけに私は大変に驚きました。

実は北海道内の鉄工所関連の倒産と言えば、 つい先日の8/9に札幌の桜井鉄工(株)さんが破綻したばかりで、このわずかの間に2社も倒産したということになります。

倒産の原因は、おそらく材料となる鋼材価格の上昇分を、製品の売価に転嫁することが出来なかったのではないかと思います。公共事業の削減だけでもダメージが大きいところに、更に輪をかけて中国バブルによる材料の値上げ、そして国内のデフレによる販売価格の下落・・・。

こんなことが続けばどんなに素晴らしい企業でも命運が尽きてしまうというわけです。 
これで終わりなら良いのですがきっと始まったばかりなのでしょうね。