私も理事をさせて頂いております、NPO法人・CALSスクエア北海道(長瀬毅彦会長)では、11月18日の土木の日に向けたイベントとして、第2回土木の日フォトコンテスト『暮らしを守る土木』を開催していますのでご紹介させていただきます。 
PIC005BL

当フォトコンテストでは、道路、橋、河川、公園などの公共物と人との関わりを題材として、一般及び建設業界から作品を募り、我国の発展、人々の暮らしを支え続けている「建設業」の役割、素晴らしさをそれら作品を通じて世の中にPRする趣旨です。
参加資格を昨年よりも緩和し、日本国内在住の方であればどなたでも参加可能ですので、ぜひとも奮ってご応募ください。厳正な審査の上、入選作品を選定し発表いたします。

☆応募方法
写真データは、こちらの申し込みフォームから簡単に送付できます。CD-Rにて申し込みの場合は、こちらの申込用紙を印刷し、必要事項を記載の上、郵便等にて下記のCALSスクエア北海道事務局までお送りください。
(送料は応募される方の負担となりますのでご了承ください)
詳細はこちらのページにてご確認ください。

☆賞金
最優秀賞は5万円
優秀賞は3万円特別賞デジタルカメラ等入選は図書カード

☆応募の締切り
平成23年10月10日必着です。

☆発表
入選した作品は、北海道内各所にて展示の予定です。この機会に多くの方に写真を見ていただきたいと思っております。建設業を主役とした皆様の素晴らしい写真の応募を心よりお待ちしています。

☆注意事項
・応募作品の版権、使用権は主催者に帰属します。
・応募作品は、主催者、後援者等の宣伝活動等に使用させていただきます。
・撮影者本人以外での応募は失格となります。
・人物、建物等の肖像権侵害、著作権侵害等に一切主催者は責任を負いません。
・提出は写真コンテスト専用サイトの利用またはCDで送付してください。
・ファイル形式は、JPEG形式としてください。
・送料は応募者負担とします。
・応募作品の返却はいたしません。また、応募作品の取り扱いには、最大限の注意を払いますが、万一不可抗力によって生じた損害はその責を負いません。
・出品料は不要ですが、応募経費はすべて応募者の負担とします。
・入賞者のお名前は展示会の際には原則として公表致します。
・作品の選定理由についての回答はいたしません。
・ご応募頂いた個人情報は厳格に管理し、フォトコンテスト以外の用途には使用いたしません。

☆後援
・北海道開発局
・北海道
・札幌市
・(社)北海道建設業協会

☆協賛
北海道建設新聞社
オリンパスイメージング(株)

(株)リコー
(社)全国建設産業団体連合会
(財)建設業振興基金

 <この件に関するお問い合わせ先>
特定非営利活動法人 CALSスクエア北海道
住所:〒062-0931 札幌市豊平区平岸1条7丁目4番31号
HP:http://www.csh-npo.jp/
Blog:http://blog.livedoor.jp/cals_hokkaido/