3月20日(日)の夕方、旭山動物園に行った帰り道に芦別に寄ってみました。目的は“北の京芦別”でのお風呂と、その芦別名物のガタタン(含多湯)を家族え食べることです。

北の京芦別は、東北関東大震災の影響で、重油が滞っているらしく省エネモード。館内は暗く、設備もほとんどが封印され、心なしか寒い感じ。お客もまばらでほぼ貸切状態でした。

気をとりなおして芦別市内の飲食店[きんたろう]で早速ガタタンを。

ガタタン麺.JPG
ガタタン麺

ガタタン.JPG
ガタタン定食

写真が暗くてイマイチですね。ごめんなさい。

お味の方は懐かしいおふくろの味って感じで美味しかったです。私の母親もよくこのような料理をつくってくれましたので、炭鉱街などでは普通に食べられていた味なのかもしれませんね。(私の母親は芦別と同じく炭鉱街だった三笠出身なのです)

そうそう、ガタタンといえば、(社)空知建設業協会さんのブログにはレシピまで載っていましたので、家でつくってみたいという方はこちらをご参照ください。

含多湯(がたたん)- 芦別市