何の話かというと、4月1日からは従来の札幌土木現業所は、「空知総合振興局札幌建設管理部」となっているのです。

札幌といえば今までは石狩支庁というのが常識でしたので、急にこれからは空知だよと言われても違和感がありまくりです。第一、空知総合振興局のHPに掲載されている空知管内地図には札幌市は含まれていませんし。

ま、じきに慣れるのでしょうね。

ということで、北海道の支庁制度改革は着実に進んでいるようです。詳しくはこちらの支庁制度改革のウエブサイトをご参照ください。

そうそう、蕎麦で有名な幌加内町は、上川総合振興局(旧上川支庁)の所管になりましたね。確かに空知支庁の有った岩見沢まではかなり遠かったですからね。