某データ復旧センターへ依頼した見積もりが出てきた。その額はなんと16万円という高額なものであった。
 

とても痛い出費(痛いなんてもんじゃない)ではあるがこの際依頼することにしようと思う。なにしろ家族の思い出が詰まった大事なHDDなのだ。データを喪失したままだなんてとてもじゃないが考えられないのだ。


それはそうとして、小さいながらもIT系の企業に勤める自分としてはこれ以上の不覚は無い。ITアドバイザーとしてももちろん失格だ。


故障の原因は、どうやら娘がNASのコンセントをいきなり抜いてしまったり、洗濯機とアイロンとオーブンを同時に使ってブレーカーを落としたりと自分が不在の間にいろいろとやらかしていたようだ。
 

自宅での利用とは言え、そういうこともあらかじめ想定して2重のバックアップ体制やUPS(無停電電源装置)の利用を心がけておかねばならなかったのだ。


正直言ってこんなに早く壊れてしまうとは全く想定していなかったことがとても悔やまれる。口ではバックアップの重要性を方々で語りながら自分自身がそれを怠っていたのだから弁解の余地は無い。
 

今回の事態を本当に深く反省し、2度と同じ過ちをしないように気をつけようと思う。まだデータの回収が100%出来るという見込みは無いが、高い勉強代として今後の糧にしたい。
 

ということで、今日は日高方面にまで遠征だ。気を落とさずに、金策を練りつつ交通安全に気をつけて行って来ることにしよう。


それから、当面の間は夜のお付き合い(プライベートな飲み会)は制限モードにしようと思う。多少付き合いが悪くなるかも知れないがどうかご容赦を。欲しいものも当分は辛抱しなくてはなるまい・・(iPhoneが遠のいた・・)

この日記を読んでいただいた皆さんは、この愚かな私と同じような苦しみには逢わないように気をつけて欲しい。他者の失敗を自分の教訓とすべし、である。


それにしても16万円・・・痛い。痛すぎる(号泣)

デバイスとしてはパーテーションも含めて写真のようにWindowsXPでも認識されている。もう少しでデータを取り出せそうで取り出せないのはものすごく辛い。
 

PIC00900.JPG