今日の午前中は仕事(提案書作成)を行いつつ、娘の面倒を見ながら過ごしました。午後はいよいよ壊れたNASのデータ復旧にチャレンジです。

実はこのNAS、会社で複数台購入するのにあわせて個人用として一緒に1台購入したものなのですが、会社の同型のNASも全く同じ症状が出ていることが判りました・・・。

ということはこれって不良品だったんじゃないかな・・。だってほとんど同じようなタイミングで壊れていますからね。
とりあえず週明けの月曜日にLogitecのサポートセンターに電話をして聞いてみます。

でこれがubuntuのディスクユーティリティで確認した画面です。
 

Screenshot.png

windowsでも不明なパーテーションと表示されましたが、ubuntuでも未確認領域250GBと表示されてしまいました。linuxなら、きっと読めるだろうという甘い考えは脆くも崩れ去ってしまったわけです。はぁ・・

さてと、次はどういう手を使いましょうか・・まずはネットで同じような状況から脱出できた事例を探すことにしましょう。

それにしても、logitec製品で泣かされたのはこれで2回目です。1回目は昨年の話で、パラレルポート用のプリンタサーバを仕入れ、会社から1時間近く離れたところの客先へ訪問設置しようとして箱を開けたところ、見事にUSBタイプが入っていたということが有ったのです。往復の2時間、不良品交換後の再設置を考えればまるまる1日を無駄にしてしまったということがありました。交換はもちろんしてもらいましたが、営業担当者からのお詫びの一言のみでした。
 

で、今回2度目のトラブルなのです。

こんなんじゃ企業の信用を失いますよ。logitecさん。この件のサポートセンターの対応がどうなるのか注目です。対応如何によっては私はもう2度と買わないブランドになるかもしれませんね。