正月休み最終日の3日のこと。娘が好きなフレッシュプリキュアの着ぐるみショーが新さっぽろであるということで、わざわざ家族でお出かけしました。

開始1時間前から場所取りをし、限定100枚の握手券も並んでゲットしました。その間、妻と息子はお買い物という段取りです。

そうしてようやくショウが始まったわけですが、10分程したときに娘は『もう帰る』と言い出しました。『せっかく並んだのだから最後まで見ようよ』と説得するも『もう帰る!』の1点ばり。

理由を聞くと『キュアパッションがいないから!』というのです。
 

PIC007GW.JPG
左から、キュアパイン、キュアピーチ、キュアベリー
 

そう、写真には3人が写っていますが、実は今のフレッシュプリキュアは4人になっているのです。このショウのシナリオが古いものだったということで、特に4人目の赤いプリキュア(キュアパッション)が一番好きだったうちの娘は本当にがっかりしたようでした。

当然のことながら握手もしないと言います。そこで、付近にいた若くて綺麗な奥さんに『握手券要りますか?』と聞いてみると、『欲しい!』と喜んで貰ってくれました。もちろん見返りは無しですよ。

並んでまでしてゲットした握手券だったのになぁ・・・
 

娘よ、実はお父さんが一番プリキュアと握手したかったのだよ(爆)