先日の朝、新聞の折込チラシを見ていると、「先着100名様まで畳の裏替え¥2,480!表替え¥2,980!なんと畳の引き取り、配達、タンスの移動も全部込み!」という魅力的な価格が目に飛び込んできた。

我家の6畳間の畳は、新築時よりずっと使われているもので、いい加減すれていたり変色があったりとずいぶんとみすぼらしい物になっているため、仕方なく畳の上に絨毯を敷いている。
見た目はともかく、畳の上に絨毯というのは、家ダニの温床になる可能性が高く、家族の健康上の理由からも一日も早く綺麗な畳の部屋にしたいと思っていたのだ。

「よし!これは表替えでリフレッシュしよう!」

早速、朝一番で妻に電話させると、どうやら100名に間に合ったようだ。
土曜日に引き取り、3日後に配達するという。

これは安く済んでラッキーだなぁと思っていたのだが、実はとても大きな落とし穴があることに、我家の誰一人として気が付くものはいなかったのだ・・・

 

引き取り指定日の今日、仕事中の自分に妻から電話があった。

妻:「あの、うちの畳は畳床がもう古くて表替えが出来ないんだって・・・」

私:「む、無理なの?」

妻:「無理みたい。新畳は安いやつで一枚¥9,800だそうだけど・・」

私:「どうする?わざわざ来てもらって、それじゃ結構ですとは言えないよなぁ・・」

妻:「うん、だからもう頼んじゃったから・・」

私:「た、頼んだの?しゃあないな。どうせいずれは買うんだからそれが少し早まっただけだ・・・」

と、なんとまあ、いきなり新品の畳6枚=¥58,800のお買い上げ!となってしまったのであった。

予算オーバーも甚だしいが、まあ新品の畳の上で昼寝が出来ると思えばまあ良しとしようか。

それにしても、素人判断って本当にダメだなぁ・・orz

本当に畳床がダメだったのかどうかなんて判断できないからなぁ。
騙されているなんてことはなかろうな・・・

でも¥9,800というのも比較的安価なような気もする