写真は、破損してしまった現場編集長CALSMASTERのUSBキーです。見ての通り根本からぽっきりと折れて端子部分が取れてしまっております。これでは使用不可能ですね。

USB

この場合は、実費交換という手続きを行なっていただくのですが、非常に勿体無い出費となってしまいますので、くれぐれも壊さないよう、丁寧に取扱うようにしましょう。

特に、ノートPCの裏側につけている場合に壊すケースが多いように見受けられます。左右のポートではUSBキーが視界に入りますが、裏側ではディスプレイパネルに隠れて見えなくなります。この状態でノートPCの手前を持ち上げますと、「ポキッ」と折れてしまうわけです。十分に気をつけましょう。

このような破損を防止するためには、ソフトを使わない時はキーを抜いてパッケージに戻しておくことをお勧めします。また、紛失してしまいますと新たに買いなおす必要が生じてしまいますので、保管管理はしっかりと行いましょう。

それでは!