さて、今日はいよいよブログに投稿をしてみましょう。

私がお勧めするブログ投稿クライアント“Blogwrite”の出番です。
 

Blogwrite1
Blogwriteのメイン画面
 

このブログライトは、様々なブログに対応していますが、一部のブログ(忍者ブログなど)は残念ながら使えないようです。
 

<使用できるブログの種類一覧>
PIC003MO.JPG
 

PIC003MP.JPG
PIC003MQ.JPG


私の使用しているLivedoorブログも一応は対応はしていますが、予約投稿が出来なかったり、記事の分割(追記投稿)などが出来なかったりと、少しだけ不便なところもあります。どこが一番相性が良いのかまではわかりませんが、MovablType等は非常に具合が良いようです。

設定方法については、各ブログによって異なりますので、Blogwriteのヘルプやサイトを確認してください。それほど面倒なソフトではありません。

さて、それでは、現場編集長CALSMASTERから、ブログの投稿・編集画面に写真を貼ってみましょう。
 

1.各ソフトを起動し、写真をドラッグ&ドロップする

CALSMASTERからBlogwriteへ写真の貼り付け
CALSMASTERのアルバム編集操作と同じ操作です。
 

2.画像の追加ウイザード(画像のリサイズ)が起動

画像のリサイズを行ないます。ここでのリサイズは、実データのリサイズではなく、ブログ上に表示するサイズを意味します。ファイルサイズが小さくなるという意味ではありません。

PIC003MT.JPG
ブログに表示したい画像の幅を設定します。私の場合は、350ピクセルの縦横比固定で設定しています。
 

PIC003MV.JPG
実行すると、ダイアログの中で縮小されて表示されます。よければ「次へ(N)」をクリックします。
 

3.画像の装飾

PIC003MW.JPG
今度は、写真の枠の効果を設定することができます。好みの効果を選択したら、「次へ(N)」をクリックします。
 

4.サムネイル等の指定

PIC003MX.JPG
次は、写真をクリックした時の動作を選択します。
 

5.画像の登録

PIC003MY.JPG
ここでは、画像をサーバーに送信するタイミングを指定します。通常は記事と一緒でいいでしょう。理由はもしトラブルでサーバーが落ちている場合などに、送信に失敗し、blogwriteもフリーズしてしまう場合があるからです。
 

6.画像の情報の確認とオプション

PIC003MZ.JPG
最後に、代替テキストを入力します。入力しなくても投稿は出来ますが、日本語で付けておきますと、検索エンジンにひっかかる可能性が増すのです。ですので、面倒でも日本語で付けておきましょう。そして完了をクリックします。
 

7.貼り付け完了

CALSMASTERからBlogwriteに貼り付けられた写真

このように写真が貼られました。あとは、投稿ボタンをクリックするだけ!

写真を貼ること自体は、エクスプローラーから貼るのと何ら変わりありませんが、要はCALSMASTERを用いることで、そこに到るまでの様々な作業を大幅に削減することが出来るのです。
 

ということで、自分のこのブログは、こういう手順で書かれているというご紹介でした。書き方は人それぞれですが、CALSMASTERをお使いで、且つブログを書かれている方は、折角の良い組み合わせですので、ぜひご活用してみてください。