ブログをやっている方は沢山いると思うのですが、デジタル写真の貼り付けに意外と苦労されている方が多いようですね。写真の色味を調整し、サイズを小さくしたり、トリミングをしたりと色々と手を加えなければ、見た目にもいい記事が書けませんから、面倒だからと初めから写真を貼らない方も多いようです。

また、写真を多用している方も、その作業を画像レタッチソフトで行ないますので、一々面倒だなぁと思っている方も多いでしょう。

そんな方のために、写真の編集と投稿を楽にする裏技的?な方法を説明したいと思います。

画像レタッチソフトには、PhotoshopPaintShop Proといったパッケージソフトから、ginpなどのフリーウエアや、Windows標準のPAINTなど、様々なソフトがありますが、実はどれを使っても“必ず”行なわなければならない作業があります。
 

それは「ファイルに名前を付けて保存する」作業です。
 

写真に限らずデータファイルを扱う上で面倒なのは、実はこのファイルに名前を付ける作業です。この作業が無くなれば、写真に限らずデータファイルの管理は大変容易になるのです。

そしてそれを簡単に実現してくれるのが、実は「現場編集長CALSMASTER」なのです。
 

現場編集長CALSMASTER」は、名前の通り工事現場の写真を管理したり、電子納品データを作ったり、アルバムを作成したりする大変に優れた業務用のシステムなのですが、写真のエフェクトや、トリミング、リサイズ操作はワンタッチで出来て、その際に一々ファイル名をつける必要が無いという特長があるのです。
ついでに言うなら、WEBサイト上の写真をブラウザからドラッグアンドドロップで直接取り込むことも出来るほか、同じファイル名の写真も、違う写真として登録してくれますので、写真収集が好きな方にとっても実は大変便利なのです。(更にビットマップなどは自動でJPEGに変換してくれます

ということで、一度でもこのソフトを使ってブログを書きますと、もう元のやり方には戻れません。むちゃくちゃ便利だと思います。この「現場編集長CALSMASTER」と、後から紹介する投稿専用ソフト「Blogwrite」の組み合わせが、私の一番のお勧めです。

「え、だって買わないと使えないんでしょ?」と思うあなた、実は「現場編集長CALSMASTER」は、印刷や提出データ出力以外の機能はすべて“無料”で使えるのですよ。なので、ブログの更新に使うには全く問題が無いのです。

それでは、次回から実際の操作の流れを説明しましょう。
「ほんとに便利なのか〜?」と胡散臭く思っている方も、騙されたと思ってぜひお付き合いください(笑)

ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その2)
ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その3)