CALSスクエア北海道(CSH)では、CPDSつき、お弁当つき、の講習会を開催するようです。
発注者側である北海道の建設管理局技術管理課の方も、道のCALSについてお話してくれますので、より正しい知識を身につけることが可能でしょう。
電子納品をもっと良く知りたい方や、初めてで何をしたら良いのかが判らない方には、非常に良い機会と思います。

定員がありますので、気になる方は早めに申し込むと良いでしょう。
以下にCSHブログに記載されている内容を転機しておきます。

CSHblog

北海道建設部の電子納品研修会(CPD付)開催のお知らせ

 CALSスクエア北海道(CSH)は、来る11月9日北海道建設部が発注する土木工事の電子納品についての研修会を開催します。
 研修会は、北海道建設部が今年4月に北海道建設部所管の土木事業及び北海道水産林務部所管の漁港事業のうち国庫補助事業において、工事施工情報共有ならびに電子納品保管管理を実施するにあたり留意するべき事項について示した「情報共有・電子納品運用ガイドライン【工事編
」について、工事受注者としての対応すべき事項を精査し、スムーズな情報共有並びに電子納品を実現するために必要な知識と、電子納品に最低限必要な作成技術を習得する内容となっています。

【研修会名】
工事受注者のための電子納品・情報共有研修会
~スムーズな電子納品実現を目指して~

【主  催】
CALSスクエア北海道(CSH)

【後  援】
北海道建設新聞社

【受講対象者】

北海道建設部所管の土木事業及び北海道水産林務部所管の漁港事業に従事又は従事予定の技術者

【日  時】
平成19年11月9日(金曜日) 研修9:30~16:30 受付9:00開始

【会  場】
札幌市産業振興センター(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1 TEL011-820-3033)

【研修内容】
9:00 ~ 9:30 受付

9:30 ~10:00 挨拶 北海道建設部のCALS/ECについて 
北海道 建設管理局技術管理課

10:00 ~11:10 「運用ガイドライン【工事編】」の解説  以下講師はCSH

11:10 ~11:25 休 憩

11:25 ~12:15 情報共有サーバーの使い方

12:15 ~13:15 昼 食(お弁当付)

13:15 ~14:15 工事写真と竣工検査時の対応方法

14:15 ~14:30 休 憩

14:30 ~16:00 「CAD製図基準(案)」に準じた図面作成

16:00 ~16:20 アンケート記入・CPDS登録方法の解説・CPDS受講証明書発行

※講師はCSH所属のCALS/ECエキスパート・CALS/ECインストラクターが担当


【定  員】
90名 ※定員になりしだい締め切りいたします。

【C P D】
(社)全国土木施工管理技士会連合会 6UNIT(申請中)
※受講終了時に、「CPDS受講証明」をお渡しします。


【受 講 料】
3,000円 (昼食代込み・税込)

【お申し込み期限】
11月2日(金)まで FAX申込み
・申込みは、
研修会紹介ページの申込書にアクセス後、必要事項を記入の上FAXで申し込みください。
・受付後、振込口座を記載した受講票をFAXします。
・当日は、受講票と振込みを確認できるものを必ず持参の上、受付してください。
・振込みを確認できないときは、入場をお断りいたします。
・振込みいただいた方で、当日出席できなかった方への受講料の返金はいたしません。ご注意ください。

 パンフレットと申込書は、
こちらからダウンロードしてください

※追記
このセミナーは、発注機関である北海道の協力を得ているほか、CSHの非営利活動として開催されますので、ソフトウエア商品やサービスサポートなどの宣伝行為、パンフレットの配布等は一切行わないことになっております。