モリモリ通信とは、島根の建設会社でお仕事をされているワチキさんという方が開設されたHPです。

リンク先をみますと、もぐらさんをはじめとしたおなじみの建設ブロガーの方達が顔を並べておりますね。
流石です。私もぜひお友達になりたいですね。

ということで、このHPで見つけた『浪花節CALS 12の心得』を紹介しましょう。
非常にユニークな視点でCALSを斬っておりますよ。


1.エクセルが使える。 (ワープロは使えなくても良い)

2.CADで施工図が書ける(Auto CadでもJW_CadでもDXFで保存できるなら何でも良い。JW系推奨)

3.データーを圧縮してメールで送れる。インターネットで探し物が出来る。(H画像含む)

4.デジカメで年賀状が作れる。(画像処理が出来る。どこのソフトでも良い。)

5.何事も「フリーソフト」で考える。

6.苦情、要望、たかりに、臨機応変に対応できる。 (社内外問わず)

7.発注者を説得できる協議文章が作れる。(「担当が分らず屋で・・」と言い訳しない。)

8.サービス工事はしない。(原価だけでもむしり取る。)

9.歌って(発注者、地元、関係者とコミュニケーションが作れる) 踊れる(現場管理のフットワークが良い)現場代理人をめざす。(昼も夜も)

10.経営者と同様、10年後の業界と会社がイメージできる。

11.そのイメージを共有できる後継者を育てる。

12.義理と人情を大切にする。(決して、建設業の談合を賛美するものではありません。)

 1〜6まではやる気と時間が解決する。7〜12は「人間」が相手です。あなたは何個○がつきますか? ワチキは12番と9番夜の部は二重丸です。


 だそうです。(笑)
この中で、自分にとって最も重要な課題は10番ですかね。

はたして10年後にはCALSはどうなっているのでしょうか?そもそもCALSは死語になっている可能性もありますよね。完全に普及して一般化するか、失敗して忘却の彼方へ追いやられるかの何れかでしょう。

少なくとも後者にならないよう、CALSをソリューションに結びつけようとしている我々としては、今後更に知恵を出していかねばならないわけです。

でもねぇ・・・
現状ではやはりセーフティネットも必要といったところですよねぇ。
そのセーフティーネットについてはいずれ書きます。