今日はCALSをちょっと離れて、得するお話をしましょう。

高速道路を良く利用される方はこのETCを使っている場合が多いのではないでしょうか?便利なので急速な勢いで普及していますね。

かく言う私も自家用車、社用車ともにETCを装着しています。

初めは「なんで料金を払うためにわざわざ機械を買わなければならないんだ?」と思っていたのですが、今は色々なサービスがあり、使ったほうが得になったので利用するようになりました。
 

ETCとは、クルマに取り付けた車載器と料金所のアンテナが無線で交信することで、クルマは料金所をノンストップ(通過時の速度は約20km/h以下)で通過することができる仕組みです。通行料金はクレジットカードの機能を利用した後払いでの支払いになるので、必ずクレジットカードを持つ必要がありますね。どうしてもクレジットカードが嫌いだ、という方は使えません。
 

さて、このETCカードをもっとお得に使う裏技をご紹介します。なんだ、もう知っているよ〜というかたはご容赦ください。

実は、ETCにはお得な割引サービスが用意されているのです。(もちろんそれが目的でETCを利用しているのですが)そのサービスとは、「深夜割引」と「通勤割引」等です。
 

<詳しくはこちらへ>
http://www.go-etc.jp/waribiki/waribiki.html

今日は普段使える通勤割引についての裏技です。実はこの「通勤割引」は一日に1回しか使えないのです←×
つまり朝に利用したら帰りは通常料金になってしまいます。もしくはその逆に。
 

※追記
これは大きな勘違いでした。実は往復とも使えるのでした。
「朝夕の各割引時間帯の中でそれぞれ最初の1回に限り使える」ということでした。お恥ずかしいかぎり・・

なので、以下の文章もすべて変更しなければなりませんね。

ところが朝も晩も通勤割引料金で利用することが可能な方法がありました。←×
   ↓
同じ割引時間帯の中で2回通勤割引料金で利用可能な方法がありました。

それは、ETCカードを2枚使うということです。
これだけのことで、朝にAカード、晩にBカードと入れ替えるだけで往復とも通勤割引が使えてしまうのです。知ってましたか?
 

実際に割引が適用されるのか試してみましたが、ちゃんと適用されました。
これは恐らく、ETCカードは1枚しか使わないという思い込みから対策していなかったのでしょうね。その内に対策が行われてしまうかもしれないので、今のうちに利用しておきましょう(笑

また、100kmを超えると通勤割引は適用されませんが、途中で一度高速を下り、適用時間内にカードを入れ替えてから、再び高速に乗れば通勤割引がもう一度使えてしまいます。
つまり100kmを超えても半額で走れるということ。

さあ、これであなたもETCカード2枚所有したくなりましたね?(笑
尚、この件については私は一切の責任を持ちませんので悪しからず。

勘違いしてしまい大変失礼をいたしました。
お教えくださいましたO組のk様、大変ありがとうございました。