登録した写真に対して、繰り返し同じ情報を入力しなければならないこともありますが、現場編集長では一括して入力や更新を行うための機能が備わっています。
 

<操作方法>


1.まず、情報を一括して入力したい写真が選択可能であれば選択しましょう。
写真箱内のすべての写真等に一括して入力したい場合は何もする必要はありません。


2.メニューバーの編集(E)/一括更新(U)をクリックしましょう。すると、下図のように一括更新ダイアログが表示されます。

一括更新ダイアログ

 

 

 

 

 







3.一括更新の対象写真を以下から選択することができます。

工事全体:工事内のすべての写真に
現在の写真箱の写真:今開いている写真箱内の写真に
現在の写真箱以下:以下の階層も含みます
選択している写真:選択した写真に対して
検索された写真:検索結果の写真に対して


4.表示されている項目は適用基準により異なりますが、作業項目の「変更しない」と表示されている部分をダブルクリックしますと、処理の内容を選択することができます。
 

変更しない→この項目には何もされません
上書き→内容の項目に記入した情報が書き込まれます
標準にする→写真箱情報に登録されている内容を写真情報を置き換えます
自動タイトル→写真タイトルを写真タイトルの自動設定に基づき一括入力する


それぞれ設定しましたら、内容を確認してから実行ボタンをクリックしてください。

<注意事項>

・実行すると元には戻せません。しっかりと確認しましょう。
写真の撮影年月日情報は触らないようにしましょう。作業内容で表示される「標準にする」を使いますと、撮影年月日情報が消えてしまいます。(改善要請中です)
 

まあ、一括更新については、通常の使い方ではあまり活用する機会は無いかもしれませんが、それでも撮影箇所情報の入力時や、請負者説明文の入力が必要な際にはとても便利に使えます。ぜひ覚えておきましょう。