DJIのPhantom4RTKにてVRSを使い空撮を行った場合、写真のExifに記述される高度が楕円体高+飛行高度になってしまうといった問題があります。つまりジオイド高の分だけ高さがプラスされてしまうのです。そのため、MetashapeでDEMを作成する際には、写真のExifに記述されている高さデータを適正な標高+飛行高度に補正をしておく必要がありますので、その方法をメモしておきます。

ちなみにD-RTK2モバイルステーションを利用する場合は、基準点の高さを自分で入力することが出来るのでこのような問題は生じません。

<手順>
1.Metashapeの座標データペインにて、「座標のエクスポート」を実行すます。その際のファイルの種類は、(Character-saparated values .txt)を選択しておきます。

2.わかりやすい名前を付けて保存ボタンをクリックすると、CSVをエクスポートする設定画面が開くので、カメラのみにチェックを付け、区切りはコンマ、コラムは位置精度を保存にのみチェックし、OKをクリックします。これでtxtファイルが保存されます。

3.出力したファイルの拡張子をcsvに書き換えて、ダブルクリックするとエクセルで起動することができます。

4.ここから、X、Yの2列をコピーし新たなエクセルファイルにペーストし、小数点の位置を変更します。具体的には度分秒.端数という形に直します。これを一括で行うには単純に緯度・経度を10000倍し、計算結果を別の列に表示させます。

5.国土地理院ジオイド計算のサイトにアクセスします。
https://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/geoid/calcgh/calc_f.html

6.入力値の一括計算タブをクリックし、入力ファイルの例をクリックすると、ジオイド高入出力ファイル形式の説明がポップアップするので、ここから入力ファイル例geoid.inファイルをダウンロードします。

7.geoid.inをテキストエディターで開きます。エディターを起動してからGeoid.inのファイルをドロップすると簡単に開くことができます。

8.テキストエディターで開いたら、先ほどのエクセルより座標を「緯度、経度の順に並び替えて」からすべての範囲をコピーしてテキスト側へ貼り付けて保存します。その際、不要な空白や最後の行の改行ながあるとエラーになりますので必ず削除しておきます。

9.ジオイド高計算サイトに戻り、入力ファイルの選択から保存したgeoid.inを選択し、計算実行をクリックします。右側のペインに計算結果をgeoid.outというファイル名が表示されていれば正常に処理が終わったことになります。もしミスがあれば確認を促すメッセージが表示されています。

10.geoid.outをダウンロードし、先ほどと同じようにテキストエディターで開き、ジオイド高が正しく出力されているか確認します。問題が無ければ半角スペース" "をカンマに","へ置換処理を行い上書き保存をします。

11.geoid.outのファイル拡張子を.csvに変更しエクセルで開きます。すると、緯度、経度の次にジオイド高が記述されているので、このジオイド高の列をコピーします。

12.先に座標のエキスポートで取得した高さから、上で取得したジオイド高を引くことで求めたかった「標高+カメラの高度」になります。解を元の座標エクスポートファイルに上書きコピーして保存します。

13.Metashapeに戻り、座標データペインの一番左のボタン「座標のインポート」をクリックし、上で保存したファイルを読み込ませることですべての写真の高さが「標高+カメラの高度」に補正されます。

ちょっと冗長になってしまいましたが、このような手順を踏むことでVRSを使った場合でも適切な点群データの作成が可能です。

とりあえずテキストのみですが、暫時キャプチャー画面を加えていくことにしましょう。