genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

2012年07月

8 7月

「NEXCO」工事の電子納品要領が更新されました (平成24年7月)

NEXCOさんの「 工事記録写真等撮影要領 」が更新されましたのでご紹介をします。

工事の電子納品-091701

http://www.ri-nexco.co.jp/no_chosa/no_kouji/tabid/76/Default.aspx 

変更点は次のように書いてあります。
自由度が若干高くなったので作業性は良くなるでしょう。(今まではガチガチでしたから・・)


【平成24年度版の主な改正点】

  • 銀塩及びAPSによる写真は提出写真として利用できません。
  • 格納媒体としてDVD-Rが利用できるようになりました。
  • 文字コードがShift-JISからUTF-8に変更されました。
  • 完成写真及び災害写真は、将来の写真利用を円滑にするためにGPS座標値付きとなりました。
  • 工事管理項目の撮影工種区分のうち、「種別」、「細別」が一覧表にない場合、適切な名称を受注者が任意に入力できるようになりました。

なお、チェックシステムの公開が11月頃なので、それまでは旧基準のままで運用しておけばよいでしょう。
現場編集長CALSMASTER2012」もそのころには対応する予定です。

それでは!

6 7月

開発局における電子納品等に関する手引き(案) 工事編 平成24年6月第4版

昨年度は大変困難な手引き(案)でしたので、作業方法が分からずに困った方も多数いらっしゃったことと思いますが、それらの不満?を受けて、このほど手引き(案)が新しくなりましたのでご紹介しておきましょう。

以下の開発局CALS/ECのページからダウンロードすることが出来ます。

http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/cals_ec/tebiki2_kouji_h2306.html 

kaihatsu

とりあえず、フォルダ構成を纏めましょう。

(1)工事完成図書のフォルダ構成(長期保存用)
・DRAWINGF・・工事完成図(P21)
・REGSTER/ORG001〜・・施設管理台帳(施設基本データ)
・REGSTER/ORG800・・品質管理台帳(生コンクリート品質記録表)
・REGSTER/ORG801〜・・施設管理台帳(個別台帳)
・BORING・・地質土質調査成果データ
・FACILITY(電気通信設備のみ)・・設備図書
・K_BOOK(機械設備のみ)・・完成図書
・K_LDR(機械設備のみ)・・台帳
・OTHRS/ORG001・・TS出来形
・OTHRS/ORG700・・工事写真ダイジェスト版(99枚+PHOTO.XML)
・OTHRS/ORG800・・工事出来形図(P21またはDWG+MEET.XML)
・OTHRS/ORG997・・データ作成根拠資料
・OTHRS/ORG998・・重要構造物図面、設計データ
・OTHRS/ORG999・・道路施設基本データ

(2)工事書類のフォルダ構成(短期保存用)
・PHOTO・・提出頻度で撮影した工事写真を格納
・PLAN・・施工計画書オリジナルデータを格納
・MEET・・情報共有ASPからダウンロードした打合せ簿データを格納
・OTHRS/ORG001・・設計図書データ
・OTHRS/ORG002・・契約関係図書データ

 以上のようになっているようです。
 一般的な電子納品ソフトでは、手編集が必要となります。

[現場編集長CALSMASTER2012]では、本手引きへの対応をアップデータにて提供予定としておりますので、今しばらくお待ちください。

それでは!
2 7月

倒産した建設会社の電子納品データを修正しました

昨日の日曜日は、自宅でちょっとした作業を行いました。
それは、残念ながら倒産してしまったお客様の電子納品データが読み込めないとして、その修正依頼を受けた知人から、私になんとかしてくれとのヘルプ依頼が入ったからです。

受け取ってみると、メディアはCDが10枚でした。1枚1枚調べていくと、No8のディスクにはNo7の内容が焼きこまれて重複し、No8のデータがそっくり無い状況でした。これでは流石に読み込めないですね。

原因はメディアに焼きこむ際にデータフォルダを取り違えたのでしょう。有ってはならないミスです。

本来であれば、その業者が直すべきなのですが、会社がもう無いわけですし、当時の代理人にも連絡が付かずに困っていたというわけです。

そこで、1日かけてINDEX_C.XMLの枚数を書き換え、PHOTO.XMLから、欠落したNo8に収まっているはずの写真データを全削除し、9枚となった電子成果品データをこしらえてあげたというわけです。エラーチェックも行なってデータの修正は完了です。欠落した工事写真は最初から無かったことにするしかありません。

作業そのものは大したことは無いのですが、10枚のCDからデータをPCに全部コピーをし、修正した管理ファイルに差し替えた状態で、またCDに焼き付けるのですからそれなりの時間が掛かり大変でした。家事や子供の相手をしつつの作業ですからね。

注意した点は、PCを当時の日時に変えてから行うということでしょうか。そうしなければ管理ファイルが未来の日付になってしまいます。

で、最後の問題はCDレーベルです。すでに検査も完了しているデータですから、代理人の(印)も監督の(印)も付いているのです。(本当はサインが正しいルールなのですけど・・)

とりあえず各CDのレーベルをスキャンして、インクジェットプリンターでそのまま印刷するという荒業を試してみました。すると意外にもそれなりの出来栄えに・・(笑)

スキャンしたそのままでは赤がちょっと強すぎたので、微妙に朱となるように色味を調整すればOKです。あとは、総枚数が10枚から9枚に減っていますので部数表示は1/9などと書き換えました。

やれやれ、そうしてメディアを作りなおして提出してあげたのですが、とても喜んで貰えました。

ということで、電子成果品データをメディアに焼き付ける際は、くれぐれも取り違えの無い様に気をつけましょう。後でこういう苦労をすることになりますよ。

尚、これは無料でサービスをしてあげました。ボランティアです。少しは徳を積んだかな?(笑)
記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ