genba21

カルゴンのガラパゴス日記

2011年07月

29 7月

携帯からブログへ投稿

ここしばらくは大変に忙しいのでした。
なのでブログ更新が滞ってしまいました。
また来週頃から再開したいと思っております。
しばしお待ちください。
12 7月

CDやDVDドライブが認識されない、読み取れない、書き込み出来ない問題に

MSさんのFix itという診断ツールを使うと自動的に修復してくれるようです。

PIC005BG.JPG

リンク:http://support.microsoft.com/mats/cd_dvd_drive_problems/ja

CD、DVD が認識されない、 CD、DVD ドライブでメディアが読み取れない、または、書き込めない問題を自動的に診断および修復します。

<修正内容>

・CD、DVD ドライブでメディアが認識されない

・CD、DVD ドライブが読み取りまたは書き込みを行わず、無効と表示される

・CD、DVD ドライブのメディアを読み取れない

・CD、DVD ドライブでメディアに書き込むことができない

・次のいずれかのエラー メッセージが表示される

 −クラス固有またはデバイス固有のドライバーが見つからないか破損しています

 −CD/DVD ドライブが見つからないか、接続されていません

 −CD/DVD ドライブに、障害の原因となる問題が発生しています

 −CD/DVD ドライブは、割り当てられたドライブ文字からアクセスできません
8 7月

地震情報を見て思うこと

震度やマグニチュード、震源地、津波の有無だけではなく、[揺れが続いた時間]まで発表して欲しいと思うのですが、技術的に難しいのかなあ?
揺れそのものは小さくても、長時間揺れ続ければそれなりに被害が出るわけです。素人考えながら、震度4で3秒の揺れと、震度2で2分の揺れを比較して、どちらが怖いかと言えば2分も揺れ続くほうが怖いと思うのです。
ということで、揺れ続いた時間も地震情報にぜひ追加して欲しいなあ。

ちなみに、今朝3時半頃の地震、私の住む市川市は震度1だった模様です。この程度なら私は絶対に目が覚めません(笑)

福島の方をはじめまだまだ不安な日が続きますね。万一のために、自衛するための道具や手段はしっかりと確保しておきましょうね。
6 7月

災害発生時の備え

いつ来るかわからない震災に備えるため、うちの東京支店勤務者全員に配布された非常時用リュックです。

DSCN4298

リュックの中身はというと・・

DSCN4299
手前のポケットには、携帯トイレ、マスク、除菌シート、乾電池(単3)が入っています。

DSCN4300
本体には、ペットボトルの水やインスタントのごはん、ビスケット等の食料のほか、敷物シートや軍手、体拭きなどが入っています。

あとは、LEDタイプのランタンとヘルメットがあればとりあえずの備えは大丈夫かと。
千葉に住む身としては間違いなく帰宅難民になりますから、こうした備えがあれば安心です。
4 7月

被災地の知事を恫喝する大臣

TVのニュースを見て愕然としましたよ。こんなヤクザみたいな方が復興大臣ですと。民主党って本当に人材がいないんですね。こんな政党が今の政権与党になっている現実にはため息しか出ないのです。

そもそもこんな不適格者であっても議員に留まっていられるような制度はやはりおかしいとしか言いようが無いのです。比例代表制度は即刻やめるべきでしょう。あくまでも当選させたり落としたりを有権者である我々が出来るようにしないと・・・。

今の駄目駄目の選挙制度が今後も続く限り誰も選挙になんか行かなくなりますわな。だって落としたい人を落とせないんですから。まさに茶番としか言いようが無い。本当に馬鹿馬鹿しいかぎり。

それにしても情けない国に成り下がったものです。すべてがバラバラ、エゴとエゴのぶつかり合いでそれぞれが足を引っ張り合っているようにしか見えません。
そしてこの人のような既得権層はそういう対立を利用して更に権力を強めてますます安泰というわけですね。お先真っ暗。南無〜。
3 7月

画数による姓名判断

唐突ですが、皆様は画数による姓名判断を信用していらっしゃいますか?

実は自分の画数による姓名判断の結果は実に惨憺たるものです。
本音を言うともう生きていくのが嫌なくらい・・一体何度名前を変えようと思ったことでしょうか。

しかしそれには一つ理由があるのです。実は私の姓に使われる漢字は新旧の字体によって画数が変わってしまうのです。

はっきりと書きますが[崎]と[]の違いです。

もともとは右の(立)のほうが私の正しい字なんですね。そうすると画数が1つ多くなるので占いの結果も異なるというわけです。

使用する字の変更は、中学校を卒業するときに作ってくれた[印鑑]がこちらの大きい[崎]になっていて、何か市役所での手続きの際に名前と印影が違うとの指摘を受け、それじゃあ印鑑と同じに名前を合わせましょう、ということで今の崎になったというわけです。
(こういう場合は漢字の変更も特に問題が無いのですね)

で、よくよく考えてみたら、この元の[]に戻すという手もあるわけですね。元の漢字にもどすとそれなりの運勢になるのですよ。まあ、占いそのものをどこまで信じるかにもよりますけど。

ただ、そうするとパソコンでもすぐには出てこなかったりしてすごく面倒なんですよね・・。それに自分が変更すると、家族みんなも運勢が変わってしまうことになるのも困るわけですし・・・

ということなので、私の場合は完全にその占いの結果を無視しつつ、自己への戒めとして背負って生きていく道を選択しておりますので、他人の名前の画数を気にされる方はぜひその旨をご了承頂ければ幸いです。

こんな占いなんかは絶対信じない!と思ったとしても悪いことを書かれていてはやはり気になりますからね。私は全然に出来てはいない人間ですから・・・・。はい。
2 7月

愛宕神社の風景

さる先月6月23日24日の両日に開催された東京は[愛宕神社]の千日詣り(ほうづき縁日)の模様です。
携帯電話の写真なので写りは今ひとつですが、1600年から続く深い歴史に触れてとても感激しましたのでご紹介しようと思います。

201106231428000
石段の前にあったのぼりです。

201106231426001
石段の前で佇むスカートの女性達。どうやら迂回して登ったようです。

201106231427001
スカートだと下着が見えそうになるので非常に危険ですね。この写真に写る方はレギンスですので悪しからず。念のためリンクを切っておこう(笑)

201106231428001
上がると参拝客で溢れていました。

201106231429000
ここで手を清めます。

201106231433000
芽ノ輪という縄で作られた輪をくぐると災難を除いてくれるそうです。

201106231434000
芽の輪をくぐる自分の前に並んでいた綺麗な女性たち・・の足(笑)。

続きを読む »
1 7月

今日から7月ですね

第1四半期が終わり、上期もいよいよ後半戦に入りました。 やるべきことをしっかりとやって成果に結び付けていくのはどこの企業でも同じですね。私もしっかりとやってきたいと思っています。

どうやら官公庁ではボーナスが出たそうですね。おめでとうございます。我々中小企業では予定通り出るとは限らないので、そもそもアテにはしていないのですが、社員、経営者ひとりひとりの努力の結果なので、少しでも支給されることになれば有り難いなあと思っているわけです。あ、もちろん感謝するのはお客様に対してですよ。

決して豊かとは言えない暮らしであるにも関わらず、高速料金無料化実験の終了や子ども手当の終了、それから諸費税のアップや電気料金の値上げと暮らしを脅かすことが次々と決められています。
景気の回復には消費マインドを高めなくてはいけないとは知りつつ、この先を考えるとおいそれとお金は使えないと思いますから、できるだけ出費を抑えて自己防衛をし、耐えていくしか対処方法はありません。

国に目を転じますと、TPPへの出遅れにより、国内製造業が受けるダメージは産業の空洞化を更に一段と進める結果となるでしょうし、海外シフトを進めれば進めるほど国内の設備投資も減り雇用も減りと、日本そのものが衰退化してしまいかねない状況に今は直面していると思えます。
逆にTPPに参加すると国内の農業が壊滅的な打撃を受けるということで、これに反対する方達の気持ちもよく分かります。TPPに参加しても参加しなくても亡国となると一体全体どうしていくのが良いのでしょうね。

何が根本的な問題なのか、というと素人考えながら円があまりにも強すぎるのが問題なのだと思うのですけどね。この期に及んで1ドル≒80円って少し高過ぎやしませんか?

円安にシフトすると、製造業は輸出で稼げるようになるし、外貨預金も国内に戻ってくる。国内の設備投資が増えるので市中のお金の動きが良くなる、働いている人が増えれば使うお金も増えるので景気もまたよくなる、と思うのですけどね。それから
外国人観光客も増えるでしょう。また、輸入農産物に関しても円安であれば高値になりますから、国産品も勝負出来るようになります。品質面では明らかに国産の方が上ですから恐らく農業も守られると思います・・

こうして考えるとあきらかに円安のほうが良いように思えます。デメリットとしては原油やレアメタル等の輸入に頼っている貴重な資源の購入が辛くなる点くらいではないかと。(もちろんそれも重要ではありますが)

ただ、ここで問題となるのは金利です。金利が上がれば国が国民から借りている巨額の借金がものすごい勢いで膨らんでいき、返せなくなるリスクがあるということを忘れてはいけないのです。
財務省が必死になって低金利政策を延々と続けているのはそれが理由というわけですね。
低金利だから貯金しても仕方がないよ、と言っては市中の金が株や外為に投資されているわけです。これって財務省の狙いなのかな。金利があがればそんな博打をしなくともある程度の貯金があれば年金だけでも安心して食べて行けるのだしね。
あ、でも住宅ローン等を持っている人にとっては辛いか。返済額が増えてしまいますよね・・。
でもその分収入も増えるのであれば何の問題も無いのかも・・。
昭和40年以降の高度成長期にはどこもそんな感じでしたね。少しインフレ気味のほうが良いというのはそういうことなのです。

結局は国を維持するために我々庶民の暮らしを犠牲にしているとしか思えなかったりするわけです。そもそも国って国民のものなんですけどね・・。
記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メール送信フォーム




  • ライブドアブログ