genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

2008年12月

19 12月

メモリモジュールが激安!

デスクトップPC用のメモリをビックカメラで購入してきた。
DDR2 PC2-6400 CL5 1GBモジュールの2枚セットなのだが、価格はなんと¥2,780(税込)だった。ポイント10%が発生するので、実質的には¥2,502(税込)だ。もちろんこれは新品のモジュールである。
 

メモリモジュール


それにしてもどうしてこんなに安くなったのだろうか?

恐らく、世界的な不況による在庫過剰と急激に進んだ円高による恩恵ではないだろうか?

今から12,3年程前の話で恐縮だが、当時主流だったNECのPC98シリーズ用の4MB SIMMが1枚8万円もしたことを思い出す。その時はたしか1MB=2万円以上もしたのだ。


おいそれとは買えない価格だったため、当時は自分の上司が持っていたSIMM 8MB分と、自分が使っていた古い軽自動車とを交換してもらった事さえある。今ならまるで考えられない行動だ。それから10数年経った今では、容量が1,000倍以上になり、価格は逆に10分の1以下となったのである。


いやはや技術の進歩とは本当に恐ろしい・・と思う反面、これではビジネスとして成り立たないのではないか?と他人事ながら心配してしまう状況である。
 

ということで、搭載メモリが少ないPCで不便を感じている人は、今の内に買っておくことをお勧めしたい。
PCの快適性はCPUスペックよりも搭載メモリの量の方が重要だからだ。スワップ回数が激減するためにHDDの負担も減り、その結果としてPCのトラブルそのものが減ることになるのである。

メモリの増設は、僅かな投資で業務の効率もあがるなど良いことだらけなのである。ぜひこの機会にメモリを増設すべし!

18 12月

IEに深刻な脆弱性・・・

かなりの深刻さと報じられているが、結局はどういうことになるのか良くわからない・・ IEを使うのを辞めろといわれてもなぁ・・
17 12月

SUBARUよ、お前もか〜

昨日は今年になってWRCに参戦したばかりのスズキが撤退を発表したが、今日はとうとうスバルが撤退を表明してしまった。これでWRCからは国内メーカーはすべて撤退することになった。

自分はこのブログの記事でホンダのF1撤退を英断と称えたのではあるが、市販車ベースのWRCは今までどおり残るということを想定しての意見だった。やはり今回の不況は生半可なものでは無いということなのか・・ もしかしたらモータースポーツはこの先生き残れないのかもしれないと思うと、もはや残念を通り越して空恐ろしくなってしまう。厳しい時代になったものだ。それも急に。

17 12月

P21もSAFもTIFも1ファイルに纏めてしまえ!

Excel2007形式のxlsxデータは、実はZIPファイルである。

知っている人からは「そんなの常識だろう」と言われてしまいそうだが、ExcelでXLSX形式(Excel2007形式)で保存されたデータは、拡張子のXLSXをZIPと書き換えてあげると、普通の圧縮解凍ソフトで開けるのである。
このことを、実は昨日初めて知ったのだ。マイミクであるUJIMAXさんが教えてくれたのである。

自分はまだExcel2007を使ってはいないが、このXLSX形式のファイルは、Excel2003であってもMSの互換機能パックをインストールすることで“読み書き”が出来るようになる。

ダウンロードはこちら
Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック

PIC00CDY.JPG
XLSXのファイル
(※拡張子を表示している場合)
↓ 
PIC00CE1.JPG
拡張子をZIPに修正する
(※拡張子が非表示設定の場合は修正できない)

で、このリネームしたZIPファイルを解凍すると次のようになる。一つのファイルと3つのフォルダが現れる。

PIC00CE2.JPG

更に、この中の“xlフォルダ”を開くと、

PIC00CE3.JPG

このようにXMLの実体データが表れるのである。つまりExcel2007からはデータがXML化されているのだ。

であるなら、複数のフォルダやファイルを一つのファイルにまとめてしまう仕組みがこうして成り立つのであれば“SXF形式データ”についても同じにしてしまえばいいのに、というのは前出のUJIMAXさんだ。

そりゃそうだ。P21の他に、SAFデータやTIFデータが添付されたりすると判り難い上にコピー忘れやリンク切れも発生する恐れがある。一つのファイルに関連ファイルをすべて纏めてしまえば、そのような恐れも無くなるわけだ。

ならばOCFはこの点について検討するべきではないだろうか。

以上であるが、それにしてもUJIMAXさんの着眼点の鋭さにはいつもながら感心してしまう。
今後は密かに達人!と呼ばせてもらおう。

16 12月

ばくだん焼本舗すすきの店

先日の忘年会の帰りに、すすきのの街角で見つけたばくだん焼本舗。酔った勢いで3つほど購入してしまいました。
ものすごくでっかいお好み焼き風味のたこ焼きというかなんというか・・・
やはり出来立てを頂くのが宜しいようです。家に帰ってからみますと、潰れてしまっておりました・・orz

ばくだん焼

PIC005CF.JPG
笑ってしまうほどでっかいボール。

PIC005CE.JPG

結構酔っていたので、場所は忘れました(笑)
今週末もすすきのに出ますので、今度はちゃんとチェックしてこようと思います。

お味のほうはというと、人気があるだけあってとても旨かったですよ。

16 12月

運転中の携帯使用に「ノー」、米国で新型の自動車キー登場

私のように営業を生業にしている者にとっては、運転中に携帯に掛かってくる電話であってもとても重要な用件の場合があるので疎かにすることは出来ない。しかし、道交法では電話をしながらの運転は禁止されている行為である故、今は道路脇に車を止めて安全を確認してから電話を掛けなおすようにしている。あくまでも自己責任だと思っていたのであるが、米国では車のエンジンを掛けると自動的に電話が出来なくするキーが開発され発売されるらしい。

これは、自動車メーカーが標準で装備しないかぎり無意味だろう。わざわざ自分で買ってまで装備するような代物じゃないと思うがどうだろうか。これを実用化するのであれば、もっと大事なことがあるだろうと言いたい。
それは飲酒運転防止装置だ。飲酒運転による悲惨な事故が相変わらず後を絶たないが、自分で事故を起こすまでは、自分だけは絶対に大丈夫だとどうも過信してしまうものらしい。
であれば、アルコール検知器付きのキーを開発しすべての車に装備すれば良いのだ。そういう対策をしないで、飲酒運転を放置している(ように思える)のは、何も交通行政のせいだけでもなく自動車メーカー側の怠慢とは言えないのだろうか。
たしかに色々と難しい開発ではあるだろう。しかし現実では飲酒運転により尊い命を無くしてしまう人が後を絶たないのであるから、これは最優先として開発に当たるべきとは言えないだろうか。ITSやETCよりもだ。
やはり行政の縦割り(警察庁と国土交通省)や力関係による弊害があるのだろうか。
本来政府とは、こういう点を踏まえて計画を立案し実行予算をコントロールすべきなのだが・・・

15 12月

凄いぞ!真央ちゃん

韓国に乗り込んでの逆転優勝だ。これだけ注目を浴びている大舞台で、その持てる力を100%発揮できるなんて心の底から尊敬してしまう。 ただただ拍手を送りたい。それにしても、ものすごい精神力だ。
12 12月

建ブロの日【私が選ぶ投稿大賞】

今日のテーマはヘビーです。【私が選ぶ投稿大賞】 です。

正直に言いますと、誰が一番だなんて決める必要はないかなぁと・・

一つ一つの記事が輝いていればそれで良いのですよ。

それでも、どうしても一つ選べと言われましたら、だいひまじんさんと同じく 

「1周年企画 みんなで止めよう温暖化」

における投稿された皆様全員を推薦したいですね・・・一つじゃないね・・(^^;)

このような同一テーマに沿って一斉投稿するというのは、このネット社会におけるひとつのムーブメント(初期段階)かと私は思っています。

参加人数が増えれば増えるほど、世論としてより多くの人に情報を発信できるようになりますので、もしかすると将来は国の政策を動かすことも可能になるかもしれませんからね。

ということで、これからも建ブロのメンバーと一緒に、業界を盛り上げていけるように頑張っていきたいと思います。

至らぬ点ばかりの男ではありますが、皆様これからもどうぞよろしく御願いします!

12 12月

ACNOSは総合評価対策の救世主になるか?

建設施工学アカデミーの施工計画書(技術提案書)作成システム「ACNOS(アクノス)」が手元に届きました。
 

ACNOSパッケージ

ACNOSパッケージ2

これからシステムのインストールを行なってシステムの全貌を把握していきたいと思っています。このソフトについては色々な評価があるようですが、内容としては非常に良く纏まっていると判断しています。良くぞ作ったなぁ・・というのが偽らざる気持ちです。
 

価格面では高いと感じるかも知れませんが、同じようなものを自社で纏めようと思えば、当然のことながらそれ以上の費用が掛かることでしょう。なのでそういう観点でなければ、適切な評価が出来ないシステムだと思われます。
 

これからは安価な工事であっても、必ず総合評価落札方式になってきます。積算能力+技術提案書作成が出来なければ札を入れることすら出来なくなってしまいます。そのように発注者側からふるいに掛けられる中で生き残っていくためのツールとして、このアクノスのニーズは序々に高まっていくことでしょう。
  

12 12月

電飾された札幌TV塔

昨日の夕方、目の前を車で通ったのでデジカメでパチリ。

札幌TV塔

ホワイトイルミネーションが始まった札幌の夜は鮮やかに彩られています。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ