genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

2008年02月

13 2月

猛吹雪!旭川からの帰り道は到るところで事故多発

今日は旭川の某建設会社様でソフト(CALSMASTER)の商談。

朝から“もさもさ”と雪が降り続き、前車が巻き上げる雪で視界を奪われるような道路コンディションながら、なんとか予定の時間に旭川入りすることが出来てホッとする。
商談は極めて順調、後半は雑談を交えながら昨今の建設不況をどう乗り切るかで盛り上る。

客先を後にし、その後懇意にしてくださる方にお会いし一緒に昼食を取る。色々な事を話していたらレストランに3時間半も居座ってしまった。

その帰り道、更に雪が凄いことになり、旭川市内で2箇所も交通事故を目撃する。
「この雪では高速は危ない」と思い国道を選択するが、郊外の国道でも事故が2箇所で起きていた。いずれも大渋滞で、これでは予定の時間には到底帰社出来ないと諦める。

神居古潭トンネルでの事故による渋滞
神居古潭トンネル内で事故による渋滞にはまる
(スリップで壁に激突した車が一車線を塞いでいた)

納内近郊でのトラック事故
納内近郊でのトラック路外転落事故による渋滞にはまる
(通行止めにしてクレーンで引き上げ作業をしていた)

この事故現場を過ぎてからは雪が止み、これ幸いと高速に乗ったが、美唄IC~岩見沢IC間はパトカーが時速50kmで先導されてしまう。(50km規制中なので已む無し)
パトカーが岩見沢PAに入り、それ以降は全体的にスピードアップするものの、地獄はここから。

岩見沢IC~江別東IC間が、猛吹雪と前車の巻き上げた雪で視界ゼロ。微かに見え隠れする、前車のテールランプの心もとない灯りを頼りに走る状況は本当に怖かった。

冬の運転は、いくら慣れているとは言ってもやはりとても恐ろしいものだ。

12 2月

電子入札用PCがピンチかも!2/13にIE7.0が自動(強制)インストールされます

さて、いよいよ明日、IE7.0の自動(強制)インストールが始まります。

個人的にはすでにインストールしていますが、今のところ特に大きな問題はありません。

が、電子入札用PCだけはIE7.0にしてはいけませんよ。

理由は、「電子入札サイトがIE7.0に対応していない」からです。

e-biscの重要なお知らせに記載されています。

IE7に対応していない

IE7をインストールしない方法はこちら(PDF)に記載されています。

また、以下のマイクロソフトのサイトから、自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit) をダウンロードして組み込んでおくことで、自動的に更新されないようにすることが出来ます。

自動更新ブロックツール

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4c12d92f-808d-4c21-96ca-dc191a0a8e41&DisplayLang=ja

もし、自動でインストールされてしまった場合は、すぐにアンインストールをしましょう。

とりあえず、電子入札システムが対応するまではIE6で使うのが一番ということですね。やれやれ。

12 2月

チョコレートフォンデューにチャレンジ!その結果は・・

昨日のお昼に、あのバレンタインデーも近いということで、チョコレートフォンデューにチャレンジしてみた。

私の発案で、たこ焼き機で「丸いホットケーキ」を作って、フルーツも用意。

チョコレートフォンデュー

お味のほうはというと・・・・

すごく甘い(笑)

当たり前なのだが、甘いったらありゃしない・・・

冷静になって考えれば、ホットケーキ自体がそもそも甘いわけで、それにチョコを付けりゃ甘さが倍増するのは当然なのであった。普通にフランスパン等にすれば良かったと後悔するも後の祭り。

一生懸命に焼いた丸いホットケーキが大量に残ってしまったのであった。

長男は喜んでいたみたいだが、私と妻は二人して、「しばらくはチョコレートなんて見たくない」そんな状態になってしまったのである。

点数をつけるとしたら20点だなぁ(笑)

8 2月

岩見沢 ちゃんこ居酒屋「俵」で湯豆腐と八角と色々・・

昨日は岩見沢案件の会議に出席。これからが自分の出番(報告書の作成)なので、議事の一字一句を聞き漏らさないように真剣に取り組む。少ない脳をフル回転させたせいか、とても腹が減ってしまった。

会議が終わった後、有り難い宴席へのお誘いの言葉に、頭よりも先に腹が反応してしまう。
まったく遠慮も何もしないで参加してしまった自分ってどうよ~と少しだけ反省。

会場は、何度か行っているちゃんこ居酒屋「俵」さんでした。

俵のお造り 
お造り

岩見沢俵の湯豆腐鍋
湯豆腐鍋(牡蠣とたちが素晴らしく旨かった)

八角の焼き物 
焼き魚(八角)

写真は無いものの、特製チャーハンや焼きそばも大変おいしゅうございました。

居酒屋 俵
TEL:0126-24-2355
場所:岩見沢市3条西1丁目4-1


大きな地図で見る

8 2月

ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その3)

さて、今日はいよいよブログに投稿をしてみましょう。

私がお勧めするブログ投稿クライアント“Blogwrite”の出番です。
 

Blogwrite1
Blogwriteのメイン画面
 

このブログライトは、様々なブログに対応していますが、一部のブログ(忍者ブログなど)は残念ながら使えないようです。
 

<使用できるブログの種類一覧>
PIC003MO.JPG
 

PIC003MP.JPG
PIC003MQ.JPG


私の使用しているLivedoorブログも一応は対応はしていますが、予約投稿が出来なかったり、記事の分割(追記投稿)などが出来なかったりと、少しだけ不便なところもあります。どこが一番相性が良いのかまではわかりませんが、MovablType等は非常に具合が良いようです。

設定方法については、各ブログによって異なりますので、Blogwriteのヘルプやサイトを確認してください。それほど面倒なソフトではありません。

さて、それでは、現場編集長CALSMASTERから、ブログの投稿・編集画面に写真を貼ってみましょう。
 

1.各ソフトを起動し、写真をドラッグ&ドロップする

CALSMASTERからBlogwriteへ写真の貼り付け
CALSMASTERのアルバム編集操作と同じ操作です。
 

2.画像の追加ウイザード(画像のリサイズ)が起動

画像のリサイズを行ないます。ここでのリサイズは、実データのリサイズではなく、ブログ上に表示するサイズを意味します。ファイルサイズが小さくなるという意味ではありません。

PIC003MT.JPG
ブログに表示したい画像の幅を設定します。私の場合は、350ピクセルの縦横比固定で設定しています。
 

PIC003MV.JPG
実行すると、ダイアログの中で縮小されて表示されます。よければ「次へ(N)」をクリックします。
 

3.画像の装飾

PIC003MW.JPG
今度は、写真の枠の効果を設定することができます。好みの効果を選択したら、「次へ(N)」をクリックします。
 

4.サムネイル等の指定

PIC003MX.JPG
次は、写真をクリックした時の動作を選択します。
 

5.画像の登録

PIC003MY.JPG
ここでは、画像をサーバーに送信するタイミングを指定します。通常は記事と一緒でいいでしょう。理由はもしトラブルでサーバーが落ちている場合などに、送信に失敗し、blogwriteもフリーズしてしまう場合があるからです。
 

6.画像の情報の確認とオプション

PIC003MZ.JPG
最後に、代替テキストを入力します。入力しなくても投稿は出来ますが、日本語で付けておきますと、検索エンジンにひっかかる可能性が増すのです。ですので、面倒でも日本語で付けておきましょう。そして完了をクリックします。
 

7.貼り付け完了

CALSMASTERからBlogwriteに貼り付けられた写真

このように写真が貼られました。あとは、投稿ボタンをクリックするだけ!

写真を貼ること自体は、エクスプローラーから貼るのと何ら変わりありませんが、要はCALSMASTERを用いることで、そこに到るまでの様々な作業を大幅に削減することが出来るのです。
 

ということで、自分のこのブログは、こういう手順で書かれているというご紹介でした。書き方は人それぞれですが、CALSMASTERをお使いで、且つブログを書かれている方は、折角の良い組み合わせですので、ぜひご活用してみてください。
 

7 2月

ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その2)

それでは、CALSMASTERでの作業の説明をして参りましょう。

1.現場編集長CALSMASTERの写真管理ツールの設定

新規工事作成画面で、選択する適用基準は“営繕工事”がいいでしょう。
理由は、ブログに関係の無い写真区分タブが無いので画面がシンプルになることと、最終的な提出データを出力すると、きちんとフォルダ別に分けて出力してくれるからです。
 

CALSMASTERその1

写真箱の作成は、フォルダ作成と同じような方法です。写真の登録の仕方も、D&Dなどの操作ですので、説明しなくともわかると思います。データは必ずコピーとなります。同じファイル名の写真であっても異なる写真として登録されますので、誤って“上書き”で写真を消してしまう恐れはありません
 

2.写真のリサイズ

メガピクセルクラスで写真を撮影している場合は、ブログに登録するには大きすぎますので、リサイズを行なう必要があります。

CALSMASTERの写真リサイズ機能

CALSMASTERのリサイズダイアログ

大体800×600ピクセル程度がいいでしょう。拡大表示が必要ない場合は、もっと小さくてもOKです。
設定して、「実行」をクリックすると、勝手に縮小して保存してくれます。わざわざファイル名を付ける必要はありません。
 

3.WEBサイトをブログに貼りたい

ブログに、他のWEBサイトの画面を貼りたい場合は、その画面をブラウザで表示しておき、おもむろにキーボードの右上にある“PrintScreen”を押しましょう。(ノートPCの場合は、“Fn”キーも同時に押せば良いはずです。この操作でクリップボードにキャプチャーされますので、CALSMASTERで、“クリップボードから写真追加(C)”を実行すると、自動で画像ファイルとして登録されます。これもわざわざファイル名を付ける必要がありません。
 

クリップボードからの登録

因みに、windowのみやダイアログボックスなどを単体でキャプチャーしたい場合は、“Alt”キーも一緒に押します。
 

4.イメージのトリミング(切り抜き)

画面全体をキャプチャーした時で、余計な部分をカットしたい場合はトリミング機能が便利です。

PIC003MH.JPG

イメージ(I)/写真のトリミング(T)を実行すると、トリミング作業画面になりますので、左下の「切り抜き」ボタンをクリックし、マウスカーソル(はさみマークに変わります)で、必要な範囲をしてしてあげます。
 

トリミング

このメッセージダイアログが出ますので、「はい(Y)」をクリックしますと、自動で画像が保存されます。ここでもファイル名をわざわざ付ける必要はありません。
 

5.写真のエフェクト(調整)

色調やコントラストを調整したい場合は、写真を選択してから、イメージ(I)/エフェクト調整(E)を実行します。

写真のエフェクト

このように非常にシンプルなダイアログですが、色調、コントラスト、鮮やかさ、輪郭補正、明るさ調整と、色々な項目で設定することができます。設定結果はもちろん新たなイメージとして登録されますので、一々ファイル名を付ける必要はありません。
 

6.イメージの確認

調整が終わったら、元の写真と比較することができます。2枚を選択した状態で、イメージ(I)/写真の比較(P)を実行します。細部まで見比べることが出来ますので、ブログに採用する写真をチョイスするのに便利です。
 

イメージの比較

とりあえず、このような操作が出来ますので、作業効率が素晴らしく良いのです。この記事はこれらの機能がないと、なかなか書けないでしょう。ぜひ試してみてください。
 

「現場編集長CALSMASTER」のダウンロードはこちらからどうぞ。

ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その1)
ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その3)

6 2月

ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その1)

ブログをやっている方は沢山いると思うのですが、デジタル写真の貼り付けに意外と苦労されている方が多いようですね。写真の色味を調整し、サイズを小さくしたり、トリミングをしたりと色々と手を加えなければ、見た目にもいい記事が書けませんから、面倒だからと初めから写真を貼らない方も多いようです。

また、写真を多用している方も、その作業を画像レタッチソフトで行ないますので、一々面倒だなぁと思っている方も多いでしょう。

そんな方のために、写真の編集と投稿を楽にする裏技的?な方法を説明したいと思います。

画像レタッチソフトには、PhotoshopPaintShop Proといったパッケージソフトから、ginpなどのフリーウエアや、Windows標準のPAINTなど、様々なソフトがありますが、実はどれを使っても“必ず”行なわなければならない作業があります。
 

それは「ファイルに名前を付けて保存する」作業です。
 

写真に限らずデータファイルを扱う上で面倒なのは、実はこのファイルに名前を付ける作業です。この作業が無くなれば、写真に限らずデータファイルの管理は大変容易になるのです。

そしてそれを簡単に実現してくれるのが、実は「現場編集長CALSMASTER」なのです。
 

現場編集長CALSMASTER」は、名前の通り工事現場の写真を管理したり、電子納品データを作ったり、アルバムを作成したりする大変に優れた業務用のシステムなのですが、写真のエフェクトや、トリミング、リサイズ操作はワンタッチで出来て、その際に一々ファイル名をつける必要が無いという特長があるのです。
ついでに言うなら、WEBサイト上の写真をブラウザからドラッグアンドドロップで直接取り込むことも出来るほか、同じファイル名の写真も、違う写真として登録してくれますので、写真収集が好きな方にとっても実は大変便利なのです。(更にビットマップなどは自動でJPEGに変換してくれます

ということで、一度でもこのソフトを使ってブログを書きますと、もう元のやり方には戻れません。むちゃくちゃ便利だと思います。この「現場編集長CALSMASTER」と、後から紹介する投稿専用ソフト「Blogwrite」の組み合わせが、私の一番のお勧めです。

「え、だって買わないと使えないんでしょ?」と思うあなた、実は「現場編集長CALSMASTER」は、印刷や提出データ出力以外の機能はすべて“無料”で使えるのですよ。なので、ブログの更新に使うには全く問題が無いのです。

それでは、次回から実際の操作の流れを説明しましょう。
「ほんとに便利なのか〜?」と胡散臭く思っている方も、騙されたと思ってぜひお付き合いください(笑)

ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その2)
ブログ用の写真編集を楽にする裏技(その3)

5 2月

北海道環境イニシアチブって何?

「北海道環境イニシアチブ」とは、今年8月に開催される「2008年北海道洞爺湖サミット」のテーマである「地球環境問題」に対する先駆的な取組を意味する言葉で、多様な主体との連携・協働により環境対策の施策を展開していくことを表わしています。

北海道環境イニシアチブ

<サイトリンク>
北海道環境イニシアチブ
開発局局長室へようこそ

<内容についての愚問>

「多様な主体」とは、地域住民、NPO、地方公共団体を指します。そして、今後取り組む施策としては、以下の5項目が示されています。

1.自然の恵み豊な美しい大地の再生・創造

2.CO2吸収源としての森づくり

3.環境負荷の少ない地域交通システム

4.地球的視点で見る北の暮らしのイノベーション

5.バイオマス等の未利用・循環資源の活用

どれもサミットに相応しい格好の良い文言ですね。素晴らしい!ただ・・どれも具体性に欠けるのではないかと思うわけです。以下、ひねくれ者の私の疑問をちょっと述べさせて頂きます。

1.「自然の恵み豊な美しい大地の再生・創造」

大地の再生って一体何を意味するのでしょう。大地は大地以外の何物でもありません。再生とは休耕地などを活かすという意味なのでしょうか?また、創造とはどういうことを意味するのでしょう。そもそも人間が手を加えた時点で、それは本来の自然では無いのです。“恵み豊”ということは、新たに畑を創造するという意味なのかな。森作りは2の項目でわざわざ謳われているから違うだろうし。
畑は畑であって、本質的には自然では無いと思うのですが・・・。
(アフリカ等では畑作りのために森林が伐採されているのが問題になっていますよね)

2.「CO2吸収源としての森作り」

これは理解できます。やはり森林は大事です。山を切り開いて道路等を造る以上に、代わりの土地に木を植えていきましょうということでしょう。具体的な数値目標が欲しいですね。目標値がなければ、ただの掛け声に過ぎませんよ。

3.「環境負荷の少ない地域交通システム」

自転車を使えということなのかな(笑)。やはり具体的に書いてくれないと、何を言わんとしているのかが見えないです。しかも動詞が無いので、どうにでもとれますね。
地域交通システム~を開発する、導入する、研究する、模索すると、色々な意味で受け取れてしまいます。はっきりしたほうがいいのではないでしょうか。

4.「地球的視点で見る北の暮らしのイノベーション」

北の暮らしとは、つまりは北海道に住む人の生活のことですよね。地球的な視点って、一体どういう見方なのでしょうね。しっかりと説明して欲しいところです。しかもイノベーション(技術革新)ですよ。北海道人が北海道で生活するのに個人個人で技術革新をするということなのかな。(これも動詞が無い)
肯定的に考えるならば、オール電化住宅とか、燃料電池、太陽電池の類を導入しましょう、ということでしょうか。でも、すでにオール電化住宅などは普及しだしているから、今更イノベーションにはならないし・・やっぱり言葉が足りないように思います。

5.「バイオマス等の未利用・循環資源の活用」

バイオマスとはは、再利用可能な資源のことを言うらしい。これは大事なことでしょうね。ゴミを減らすのもエコですからとてもいいことです。やはり目標値を知りたいところですね。いつまでに、何をどのくらい、という指標はあるのでしょうか。

ということで、1項から5項までは、本当によく判らない項目が並んでいるように思うんです。判らないと思うのはきっと自分だけじゃないと思うのですがどうでしょう。

開発局さん、もっと判りやすく書いていただけますとうれしいのですが・・
せっかく環境によい施策を打とうとしているのですから、もう少し具体的に、誰もが理解できるように説明して欲しいです。

4 2月

【建ブロの日】建設業と3D

建設ブロガーの会での決まりごととして、ぞろ目の日は同じテーマの記事を書くことになっています。今月は2月2日が土曜日ということで、2月4日の今日ということですね。では早速。

なになに、お題は【建設業と3D】・・。うーん・・・・

建設業には、土木と建築がありますが、建築では3Dはかなり普及しています。
建物の場合は、立体視することで完成イメージを事前に掴むことが出来ますし、パソコンの画面内で、建物内をウォークスルー出来るなど、すでに実際に目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
私も2年前に自宅のリフォームを依頼したときに、完成図を元にした3Dの絵を見せて頂き、へぇ〜と感心したことを覚えています。

一方土木はというと、トンネルや橋、巨大構造物等では見聞きしますが、一般的な道路工事などではまだまだ必要性が薄いのか、利用はあまり進んでいないように思われます。

ただ、これから先の話ではありますが、国交省では3次元CADデータの交換標準の検討に入っているとのことですから、いずれは土木工事の図面も3D化されるのでしょうね。

その詳細につきましては、その道のエキスパートである大野聡さんのSXF最新情報ブログに解説が載っておりますので、ぜひ参考にしてください。

もっと簡単なところであれば、デベロップリングサービスさんの「3D's Oparator」といったソフト(データ)が該当するでしょうか。

これは、XVL形式のデータを更に加工し、重機の可動部を自由自在に動かして、施工計画書等の書類作成をグラフィカルで見やすいものにしようというツールです。



これだけのことが出来て、8,400円(税込)と非常にリーズナブルな価格です。
建機レンタル等で有名なカナモトさんや建設110番さんで扱っていますので、沢山の方に使われているようです。
実は私のところでも扱っていますので、気になる方はお気軽にご依頼ください。

土木の3D化の入り口としては、こういうアプローチもありでしょうね。

パッケージには基本的なデータが20種類入っています。希望のデータがない場合は、デベロップリングサービスさんのライブラリから一つづつ購入することが出来ます。ライブラリにも無い場合は、依頼すると特注で作ってくれますよ。
自分でこのデータを作成しようとした場合は、熟練者であってもかなりの労力を必要としますので、ここはやはりプロに任せるほうが良いでしょう。
まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

ということで、最後は「3D'sOparator」の宣伝になってしまいましたね(笑)

4 2月

札幌 居酒屋「ちょくちょく」で博多モツ鍋を食す

昨日の節分の日に、東京からはるばる来札されたとある先生を、札幌在住の4人で囲んで軽く一杯やりました。

日曜日ということで、懇意にしている馴染みの店がやっていないため、今回チョイスした店は、居酒屋「ちょくちょく」。この店は地下街から外に出ずにたどりつい数回利用したことがあるので、間違いが無い

2時間飲み放題にして、博多モツ鍋で一人当たり“3,000円”という超リーズナブルなコースをチョイス。

札幌居酒屋ちょくちょくのモツ鍋
スパイシーな味付けでなかなかGoodなお味でした。

お酒はビールから始まって、シークワサーハイやパイナップルハイ、コーヒーハイ、といった一風変わった飲み物を、次々と胃に納めて、あっという間の楽しいひと時を過ごすことができたのでした。

流石に飲み放題込みの3,000円コースでは腹は膨れないですね。解散したあと、参加メンバーはそれぞれ何か食べに行ったようです(笑)
メタボリック対策ではあったのですが、いささかちょっと「けちり過ぎ」たようです。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ