genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

2007年10月

10 10月

建ブロの日【コメント投稿について】

今日は建ブロの日ということで共通テーマによる投稿です。

テーマは、「コメント投稿について」ということなのですが、何を書いたらいいんだろう?

私の場合は、コメントがたくさん続くブログにはあんまり書き込まないんですよね。なぜなら、話の流れをぶった切るような気がするんです。

逆にコメントの無いブログに書くことは結構ありますけどね。

それにしても不思議なのは、みなさんマメだよな~ってことです。ちゃんと仕事しているのでしょうか?(笑)

自分は勤務中でも書こうと思えば書ける立場ですが、やはり遠慮がちになります。(やることは他にも沢山あるので・・)
かと言って家では子供や女房の相手で手一杯。
深夜にちょこっとPCは使いますが、すぐに眠くなってまともな文章は書けないですね~。

でも、自分の記事にコメントをくれるとすごく嬉しいですし、励みになりますよね。
それがネガティブであったとしても、意見をいただけるというのは嬉しいものです。
まあ、自分としては相手の批判になるようなコメントは避けるのがルールだと思っていますので、そんなことは書きませんけど。

ということで、今日も空き時間を狙ってコメントを書くのでありました。
建設ブロガーの皆様、これからもよろしく御願いしますね♪

9 10月

何のために各CALSの資格はあるのか

キタノミナトさんのブログで激しい議論が展開されておりました。

ちょっと出遅れてしまいましたので、コメントではなく、自分なりに考えていることを書くことにします。


1.CALS/ECエキスパート(RCE)、CALS/ECインストラクター(RCI)について


CALSって何?って思っている方が世の中には大勢いらっしゃいます。この建設業界ですら理解されていない方がまだまだ多くいらっしゃいます。それはそうでしょう。自分の仕事、会社の仕事に必要の無いものであれば、知る必要もないから当然です。

ただ、それでは国は困るわけです。様々なものを電子化し、且つデータベース化していくことで、e-japanの実現に向かって進んでいかなくてはなりません。
これは国家そのものをデータベース化するとも言え、ITが発展してきた先進国である日本としては、もはや避けては通れない道なのです。今更後退は出来ない。

それなら、国が音頭をとって、勝手にやればいいじゃない?なんでやらないの?という声が聞こえてきそうですが、その通りです。GISにしろ地図データの電子化にしろ、国がどんどんと進めていけばよいのです。

ところが作成した矢先から、それらのデータは古くなっていくのです。つまりデータの鮮度が悪くなる。常時最新の状態で保持するためには、災害が起きる度、工事が行なわれる度に最新のデータに更新していかねばならないわけです。

ところが国にはそのお金も余裕が無い。で、どうするか?

調査、測量、設計をする業者や工事をする業者に図面を書いてもらえば、最新の図面が集まります。そして、その図面も共通のルール(CAD製図基準やSXF)で書くことによって、全国共通で利用できる図面となり、有効利用が図れるようになるのです。今のCALS/ECは丁度この段階に位置するものと思います。


従って、我々のような有資格者の仕事は、上記を踏まえて、CALS/ECの正しい知識を教授し、その必要性を唱え、普及啓蒙の役割を果たすのがまず第一の役割なのです。電子納品の支援業務そのものは副次的なものであって、本質的な仕事ではありません。ルールさえ理解していれば、資格がなくとも何の問題も無いのですから。


2.SXF技術者について


電子納品支援をビジネスとしている人には、この資格の方がより実務に近いかもしれません。
ただ、これもCADが使えなくても取得可能な資格です。もちろん図面そのものを描けなくても取れます。
従って、この資格者のスキルをあらわすことは残念ながら出来ていないのが実情です。

本来であれば、やはり実務経験や製図テストなどの有る試験のほうが良かったでしょう。(受験者は極端に減ってしまうかもしれませんが)

現実としては、RCE、RCIと同じく資金調達のための資格商法では?と揶揄されてしまうのも仕方が無いのかもしれません。ただ、目論みとしては、国際標準であるSXFの定着と普及ですから、決してやましいものではないと自分は解釈しています。この資格の意味を今後OCFがどう打ち出せるかによって、その価値が変わってくるでしょう。
公的なものでは無いにしてもOCFにはこれからも期待したいところです。


3.なぜCALS/ECは進まないのか


ミソも糞も一緒(汚い言葉でごめんなさい)にしてしまったのが第一の原因でしょう。
本当に必要なものとそうではないものの切り分けが出来ていないところが問題です。図面が必要になるのは言うまでもありませんが、打合せ簿や施工計画書などはオリジナルファイルの必要性がどこまであるのか?また、工事写真もすべて収集したところで本当に意味があるのか?ということです。

それぞれのデータにも、実はライフサイクルがあります。今だけしかいらないもの、後々まで残しておかねばならないもの・・そのレベルを無視して、一元化を図ったのが今の工事完成図書の電子納品要領(案)です。
本来は本当に必要なものだけを、必要な保存形式で、必要な保存期間を定めて管理するルールを策定しておけば良かったのです。

そもそもワープロにしてもPDFにしても、パソコンで文章を読むためのツールではありません。きれいな印刷物を作成するのが本来の目的です。情報だけが欲しいのであれば、書式などは不要なのです。検索すると必要な情報が取り出せるのが本来のITです。検索した結果がファイルで出てくるというのは実はIT化とは言いません。


つまり、従来の紙でのやり方の延長上に今のルールが策定されてしまったのがそもそもの間違いだったわけです。本格的にやるのであれば、受け皿(システム)が先になければならなかった。
残念ながらこれは国交省のミスリードでしょう。

恐らく、次世代型CALSでは反省を踏まえてその方向で進んでいくことになるかと思います。現実として、すでにそういったシステムも出てきているようです。近いうちに必ずそうなることでしょう。そしてその時こそ真のCALSが動き出すことになるのです。


4.インチキ業者を排除せよ
 

上記のキタノミナトさんのblogにありますが、インチキな電子納品支援業者が跋扈していると聞きます。私の参画しているCALSスクエア北海道のメンバーや、この建設ブロガーの会のメンバーでも、電子納品支援をされている方が多いのですが、皆さん電子納品を真剣に考えておられて、成果品データの品質にも大変気を配ってやっています。

ところが、中には業者の無知に付け込んで、インチキなデータを作成し莫大な費用を取っていたりするケースがあるんですね。人事ながら、この詐欺にも近い業者に対しては憤りを感じざるを得ないのです。
ましてやそれがこの資格者であるとのこと。このことは、この資格者全員の品位を貶めることにもなり、断じて看過できない事態であると言えましょう。

この、資格者を監督する立場であるJACICは、こういった事をどう見ているのでしょうか?やはり、資格者にあるまじき行為をした場合は、資格の剥奪などは必要かと思うのです。良心に基づいて仕事をしている資格者とは明確に区別して欲しい。そう言わずにはいられませんでした。
この人のために、すべての有資格者が疑念の目で見られているのだとすれば、とても悲しいの一言です。

長文になってしまいました。お読みくださいましてありがとうございました。

5 10月

交通事故には気をつけましょう!(大破した愛車プラッツ)

やっちゃいました。

10月3日AM8:20頃、通勤途中での出来事でした。
快調に走行していますと、立体交差の影から急に飛び出してきた黒い車体。急ブレーキを掛けてもいかにも距離が足りない。

「あっ!」と声を出すまもなく横っ腹に突っ込みました。
ノーズダイブしながら強い衝撃とともに目の前が真っ白に・・・

火薬の匂い。粉っぽい煙が漂うなか目を開けて見えたものは、壊れたハンドルからはみ出しているくしゃくしゃに萎んだ白い布。ああ、エアバッグが作動したんだなぁと思った直後に、胸と首に激痛が走る。相手の方が「大丈夫ですか?」と駆け寄ってきたが、「きゅ、救急車を呼んでください」と頼んで深呼吸をする。それから、こわばった体を労わりながらやっとの思いで車外に出る。心臓の鼓動はもうこれ以上に無いというほど早い。

草むらにしゃがみこんでややしばらくして救急車のサイレンの音が聞こえてきた。廻りを見ると、事故車両2台が完全に道路をふさいでいて、大渋滞になっている。観光バスの運転手が車をどけろと怒鳴っている。自分の車はもう動かないし、相手の車もアクセルが壊れてエンジン全開で自走不能のようだ。

それを横目に見ながら病院へ向けて救急車は出発した。ああ、自分は怪我人なんだ。やれやれ大変なことになったぞ・・

大破したプラッツ

で、これがレッカー移動された車の写真です。横のセルシオが相手の車。

原因は相手の一時停止無視なんですが、見通しの悪いT字路で、お互いに相手の発見が遅れたということでしょう。
優先度は自分にありましたから、過失の割合としては相手のほうが多いでしょうね。ただ、ハンドルを握る以上はいかなる状況であろうと気をつけなければなりません。

今回の事故で怪我(頚椎捻挫、全治2週間の診断)もたいしたことなく終わったのは、不幸中の幸いでした。
ということで、車を仕事に遊びにつかう皆さん、事故には十分に気をつけましょう。

4 10月

RCEに合格しました!

おかげさまで、無事にRCE試験に合格できました。

RCE合格証


これもひとえにCALSスクエアメンバー様のご支援と、CIC関係の皆様や多くの建設ブロガー達との情報交換のお陰です。この場を借りて皆様にお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
  • ライブドアブログ