genba21

カルゴンのガラパゴス日記

2007年10月

30 10月

開通した道東道トマムIC〜本別IC間を走ってみた

昨日、釧路へ行く所用があったので、早速道東道トマムICから本別ICまでの90.2kmを一気に走り抜けてみました。片道350kmの日帰り強行軍です。(往復700km!)
流石に疲れております。

北海道開発局(北の道ナビ)で距離を見るとこんな感じです。まさに北海道横断です。
http://northern-road.jp/navi/time/info/result.php?dcat=0&dep=01100&acat=0&arr=01206&rsel=a&tsel=a
 

map.png


朝6時に自宅を出発、274号線を東に向かって進みます。占冠村に入り、少し進むと、トマムICへの連絡用に新設された道道610号線に入ります。
 

道道610号線

新設なわりには、右に左へとものすごいワインディングロードです。運転している自分が車酔いしそうなほど。某走り屋が主人公の漫画の作者が喜びそうないい具合です。それからは走っても走ってもトマムICが見えてきません。それもそのはず、かなりの距離があるんです。アルファリゾートトマムの高層ビル群が見えてきたら、ICまではあと一息です。
 

道東道

道東道に入りますと、実に快適に走ることができました。
とりあえず、日勝峠を走らなくて済むだけでも十分に高速のメリットを感じました。
 

制限速度が70km(一部80km)のため、ちょっと物足りません。制限速度を守っていると、後ろがつかえてしまいます。なので自然とスピードが上がってしまいますね。免許の点数を心配しながら走るのはとても疲れるのです。


それにしても北海道は広い。

この広さが経済活動においてもマイナスに働いているのは明らかでしょう。
北海道をよく知らない方には熊しかいないとか無駄な道路とか言われていますが、街と街を結ぶ道路ネットワークは絶対に必要でしょうね。

一日も早い全線開通を期待したいと思います。


それからNEXCOさんに言いたいことは、ETCシステムを道東道にも導入して欲しいということ。
暫定だから仕方が無いのかもしれませんが、一時停止して、わざわざカードを抜いて支払い手続きをするのが面倒です。なんせインパネの裏側の見えにくいところに設置しているものだから、カードを抜くのも戻すのも大変なのでした。ぜひご一考を。

25 10月

無料で使えるアンチウイルスソフト「AVG AntiVirus FreeEdition」

ウイルス対策って面倒ですよね。しかもわざわざお金を出して対策をしなければならないなんて、踏んだり蹴ったりです。だからと言って何もしなければ、万一感染した時の被害は甚大です。個人情報がばら撒かれたり、他の方に迷惑をかけたりと、たくさんの方が泣いているのもまた事実です。

今回、ウイルス対策の必要性はわかっているけどお金を掛けたくないという人に最適な対策ソフトを見つけましたのでご紹介しましょう。

「AVG AntiVirus FreeEdition」です。

AVG AntiVirus

この会社のソフトはもちろん有償のものがメインなのですが、その機能を減らしたバージョンが無料で使えるのです。
ただ、無料と言ってもウイルス対策は有料版と全く同じですので、手抜きが無いところが素晴らしい。

AVG AntiVirusの機能表

一番右が無料版の機能です。日本語対応とAntiVirus機能のみとなりますが、よく見ると他の項目は、あんまり必要が無いものなのです。

【テクニカルサポート】・・要らないでしょう?使ったことありますか?
【商用利用】・・Free版は残念ながら家庭での利用だけです。
【高速アップデート】・・まあ、あれば嬉しいですけどね。
【不審なプログラム検出】・・Microsoft Updateでも「悪意のあるソフトウエアの削除ツール」がありますね。
【詳細設定】・・これは欲しいけど我慢しましょう。
【64bit】・・64bitのXPなどを使う人はきちんとお金を払いましょうよ。
【Anti-spyware】・・MSの「悪意のあるソフトウエアの削除ツール」でOK
【Anti-SPAM】・・メーラーやOutlookで迷惑メールフィルタを使えばOK
【Firewall】・・WindowsXPなら標準装備

ということでほとんど問題が無いです。一度試してみてはいかがでしょうか?
私も自宅のPCに入れてみました。今のところは特に問題は無いですよ。
 

23 10月

USBで最大6台のモニターを繋げるディスプレィアダプタは使えそう!

デュアルディスプレィを一度でも使ったことのある方なら、その便利さは説明するまでもありません。

でもお使いのPCが対応していなくて、残念な思いをしている方も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのが、この「アイ・オー・データ機器のUSBグラフィック(型番:USB-RGB)」と「ラトックシステムのUSB2.0 マルチディスプレイアダプタ (DVI/VGA両対応) REX-USBDVI」です。

USB-RGB

 REX-USBDVI

いずれもディスプレィをUSBに接続するだけで、なんとモニターを最大6台まで繋げることが出来る優れものです。まあ、そんな使い方をするのはディトレーダー位かもしれませんが(笑)

建設業での具体的な使用方法としては、

1台目:CADソフト
2台目:写真管理
3台目:表計算
4台目:メーラー、ブラウザ等

とディスプレィを4台位で使えば業務効率は最高になるのではないでしょうか?
少なくとも、とても贅沢な気持ちが味わえることは間違いないでしょう。(笑)

でも横に4台ならべたら流石に邪魔ですから、縦横2台づつの配置がベストでしょう。

うーん、まさにコックピット。これでフライトシミュレーションが出来ればもう何も言うことが無いのですが、残念ながらDirect3D、DirectDraw、OpenGLには対応していないらしいので出来ないようです。

ということで、各製品の詳細は以下からアクセスしてみてください。

<アイ・オー・データ機器>
http://www.iodata.jp/prod/multimedia/ga/2007/usb-rgb/index.htm#05

<ラトックシステム>
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/usbdvi.html

そして最近では、ディスプレィそのものにUSB接続機能が装備されているものも発売されましたね。

<サムスン>
http://directshop.samsung.co.jp/product/viewCorp.jsp?prdItmId=1751

とりあえず自分は自宅に遊んでいるモニターが1台ありますので、給料が出たら一つ調達して、横並び3台のモニターで使ってみたいと思っています。どんな感じなんでしょうね。楽しみです。

22 10月

道東道トマムIC-十勝清水ICが開通した!

ついに道東道トマムIC-十勝清水ICが開通しましたね。

これであの厳しい日勝峠を回避することができるので、利用する機会が多い自分としてはすごく助かります。霧が出たり吹雪いたりすると本当に恐ろしい峠です。また大型車がいると追い越しもできずにイライラしたりと、自分としては道内では最も嫌いな道路でした。
 

次は占冠までの開通が2年後だそうです。一日でも早く全線開通して欲しいですね。

今回開通した区間についてはこちらの“道路道楽”さんが詳しく解説しておりますので、ぜひ参照してみてください。

自分も来週には走行しますので、じっくりと観察してこようと思っております。
 

(関連記事) 開通した道東道トマムIC〜本別IC間を走ってみた

20 10月

柿ピー(柿の種)が世界でブレイクしているらしい

SAPIOの今週号(隔週)を読みましたら、なんと柿ピーが外国からの観光客に馬鹿ウケしているらしいです。(真偽のほどは判りませんが・・)
本当であれば、亀田製菓の株を買えば上がるのかもしれませんよ。
(どなたかチャレンジしませんか?)

とりあえずSAPIOはこちら
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solrenew_magcode?sha=1&zname=2300&keitai=0

まあ、それは置いておいて、普段は全く意識しないのに、そばにあるとついつい口に運んでしまうんですよねぇ。
まっすぐじゃなくて、ちょっと弓を描いているその姿と色が、妙に食欲そそるわけです。もちろんピリッとする辛さもお酒のつまみには最適ですね。

形状は、金型が壊れたのをそのまま使った結果が、果物の柿の種に似ていたのでそのままにした、と言う説が有力らしいです。
ピーナッツを混ぜるようになったのも、当時余っていたピーナッツを処分するために混ぜたということらしい。
それがなぜか受けたことによって、今の柿ピーになったそう。(詳しくはWikiをご参照)

また、柿の種のピーナッツの割合も黄金率があるらしいです。
試行錯誤の結果導き出された比率は、7:3とのこと。(一部6:4というものもあるが)

で、SAPIOは何を言っているのか?というと、”あられにピーナッツを混ぜるような発想”は日本人ならではのアイディアであろう!ということです。

確かに日本人は漢字からひらがなやカタカナを生み出し、和製英語や略語、さらにはギャル語みたいなものもあり、、既存のものを勝手気ままにカスタマイズしてしまう特徴がありますからね。

言葉の問題はともかくとして、恐らくこういった力が、戦後の復興と経済発展の原動力になったのでしょう。
つまりは古くはピーナッツ入りの柿の種の発明であり、今はさしずめハイブリッド自動車がそれを象徴しているのかもしれないと、ふと思った次第。

ああ、書いていて無性に柿の種が食べたくなってきました(笑)
後で買ってくることにしよう。

<柿の種リンク(wikiより)>

19 10月

札幌ススキノ「すしほまれ」でタコの卵を食す

昨日はダットジャパンの担当者と群馬から来た友人(あえて友人と呼ばせてもらう)で、会議の後にススキノへ繰り出した。ちょうどプロ野球のクライマックスシリーズの優勝決定戦が行われていたのですが、当然にこちらを優先しました。(チケット買えなかったし・・・)

あ、ファイターズ、クライマックスシリーズ優勝おめでとう!ヴァンザーイ!!

で、本題、 すすきのの寿司屋さん、「すしほまれ」で出されたお通しが、「タコの卵」でした。
北海道に生まれ育ち、40数年生きておりますが、記憶を辿ってもタコの卵を食べたのは初めてでないだろうか・・

お味の程は、にゅるにゅるしていて、なんとも言えない食感。ちょっと言葉では説明ができないです。いくら考えてもうまい表現が思い浮かびませんでしたが、(ボキャ不足ですね)これは大変美味だと思いました。まさに珍味でしょう。日本酒にとても合うようです。 (自分はビールを飲んでいたので・・)

ぜひご紹介しようと思ったのですが、肝心の写真を失敗してしまいました・・・orz
最近、携帯電話を変えたのですが、シャッターボタンが渋くてどうもブレちゃうのです。

タコの卵

これだと判らないですね~。残念です。
その他、タラバ蟹や蟹汁、もちろん生寿司も大変美味でした。

妻よ、息子よ、俺だけ旨いものを食ってすまん。m(_ _)m

<店名>
すしほまれ

<所在地>
札幌市中央区南4条西4丁目すずらんビル別館2F

地下鉄南北線「すすきの駅」2番出口徒歩1分
電 話 011-207-0055
営業時間 18:00~翌1:00(日・祝24:00)
定休日 無休 

<地図>


拡大地図を表示

18 10月

くうけんブログがブログ村で一時トップに!(空知建設業協会)

空知建設業協会ではじまった「くうけんブログ」。
昨日、にほんブログ村でチェックしましたら、全国地域生活ブログでなんとTOPになっておりました。パチパチパチ。

くうけんブログ

また、芦別建設業協会の「星の降る里ブログ」も7位に位置し、皆さん、頑張っておられますね。

星の降る里ブログ

閉鎖的と言われてきた建設業界が、自らブログで情報を発信しだしているのを拝見しますと、確実に時代が動いていることを実感させられます。

北海道にもまだまだ沢山の建設業協会がありますので、空知と芦別に負けないように他の協会さんも頑張って欲しいですね。なんなら私もお手伝いをしますので。

空知建設業協会の建物

空知建設業協会
空知建設業協会の建物

CALSMASTERパンフ
受付カウンターに“これ”が置いてあります(^^;)
ご自由にお取りください。

17 10月

リサーチアルチザン(research-artisan)は便利そうだ!

本日は岩見沢建設協会で、コンサルの桃知氏とクピド・フェアさんも交えての「岩見沢生活空間創造システム」の開発会議並びに、広報IT委員会の会議に参加しました。

この席で桃知さんに教えて頂いたのが、コレ。

リサーチアルチザン

リサーチアルチザンというアクセス解析サービス。

まだ使用前ですが、桃知さんが使っているのを拝見し、とても気に入りました。
早速時間を見て設定しようと思います。

おっと休憩時間が終わってしまった。詳細は後日紹介しましょう。

17 10月

CALSスクエア北海道が道受注者向けのセミナーを開催します!

CALSスクエア北海道(CSH)では、CPDSつき、お弁当つき、の講習会を開催するようです。
発注者側である北海道の建設管理局技術管理課の方も、道のCALSについてお話してくれますので、より正しい知識を身につけることが可能でしょう。
電子納品をもっと良く知りたい方や、初めてで何をしたら良いのかが判らない方には、非常に良い機会と思います。

定員がありますので、気になる方は早めに申し込むと良いでしょう。
以下にCSHブログに記載されている内容を転機しておきます。

CSHblog

北海道建設部の電子納品研修会(CPD付)開催のお知らせ

 CALSスクエア北海道(CSH)は、来る11月9日北海道建設部が発注する土木工事の電子納品についての研修会を開催します。
 研修会は、北海道建設部が今年4月に北海道建設部所管の土木事業及び北海道水産林務部所管の漁港事業のうち国庫補助事業において、工事施工情報共有ならびに電子納品保管管理を実施するにあたり留意するべき事項について示した「情報共有・電子納品運用ガイドライン【工事編
」について、工事受注者としての対応すべき事項を精査し、スムーズな情報共有並びに電子納品を実現するために必要な知識と、電子納品に最低限必要な作成技術を習得する内容となっています。

【研修会名】
工事受注者のための電子納品・情報共有研修会
~スムーズな電子納品実現を目指して~

【主  催】
CALSスクエア北海道(CSH)

【後  援】
北海道建設新聞社

【受講対象者】

北海道建設部所管の土木事業及び北海道水産林務部所管の漁港事業に従事又は従事予定の技術者

【日  時】
平成19年11月9日(金曜日) 研修9:30~16:30 受付9:00開始

【会  場】
札幌市産業振興センター(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1 TEL011-820-3033)

【研修内容】
9:00 ~ 9:30 受付

9:30 ~10:00 挨拶 北海道建設部のCALS/ECについて 
北海道 建設管理局技術管理課

10:00 ~11:10 「運用ガイドライン【工事編】」の解説  以下講師はCSH

11:10 ~11:25 休 憩

11:25 ~12:15 情報共有サーバーの使い方

12:15 ~13:15 昼 食(お弁当付)

13:15 ~14:15 工事写真と竣工検査時の対応方法

14:15 ~14:30 休 憩

14:30 ~16:00 「CAD製図基準(案)」に準じた図面作成

16:00 ~16:20 アンケート記入・CPDS登録方法の解説・CPDS受講証明書発行

※講師はCSH所属のCALS/ECエキスパート・CALS/ECインストラクターが担当


【定  員】
90名 ※定員になりしだい締め切りいたします。

【C P D】
(社)全国土木施工管理技士会連合会 6UNIT(申請中)
※受講終了時に、「CPDS受講証明」をお渡しします。


【受 講 料】
3,000円 (昼食代込み・税込)

【お申し込み期限】
11月2日(金)まで FAX申込み
・申込みは、
研修会紹介ページの申込書にアクセス後、必要事項を記入の上FAXで申し込みください。
・受付後、振込口座を記載した受講票をFAXします。
・当日は、受講票と振込みを確認できるものを必ず持参の上、受付してください。
・振込みを確認できないときは、入場をお断りいたします。
・振込みいただいた方で、当日出席できなかった方への受講料の返金はいたしません。ご注意ください。

 パンフレットと申込書は、
こちらからダウンロードしてください

※追記
このセミナーは、発注機関である北海道の協力を得ているほか、CSHの非営利活動として開催されますので、ソフトウエア商品やサービスサポートなどの宣伝行為、パンフレットの配布等は一切行わないことになっております。

11 10月

パソコン画面の共有ソフト「CrossLoop」は使えるゾ

以前、どぼんさんから教えていただいた画面共有ソフト「CrossLoop」を試してみました。

主義さんのblogでも最近取り上げていたのを拝見しまして、これは試してみるしかない!と思っていたのです。
 

どぼんさんのblog

主義さんのblog

使い方は本当に簡単でした。ホスト側はゲストが接続してくるのを待つだけです。

 

CrossLoopホスト側

ゲストはホスト側から知らされるアクセスコードを入力するだけ。
 

CrossLoopゲスト側

面倒なユーザー登録も不要ですし、何よりも“無料”で使えるというところが素晴らしい!!
 

で、実際に使用するとこのような画面になります。
(画面が小さくてごめんなさい)

CrossLoop実行中

このように、ゲストのパソコン(自分のデスクトップ上)に、ホスト側の画面が表示されるのです。

マウスを双方(ゲスト側&ホスト側)で利用できますので、エクスプローラーでファイルを探したり、アプリケーションを起動したりと、まるで自分のPCのように使用可能です。しかも、キー入力も受け付けますので、文字入力も可能(日本語モードへの切り替えはホスト側で行なわなければなりません)ですので、ゲスト側による代理入力も可能です。
 

ネットワーク環境としては、BB環境は必要でしょう。ISDNではやはり困難かと思います。また、プロキシサーバーを利用している場合は、以下の設定画面に、必要な情報を入力することで接続が可能になっています。
 

CrossLoopのプロキシサーバの設定画面

試したみての感想は、「これは、パソコン操作指導やサポートに使えそう!」ということです。

私は仕事がら、「現場編集長CALSMASTER」をはじめ、様々なソフトウエアのサポートを行なっておりますが、このCrossLoopを使えば、現地に赴かなくてもかなりのことが出来そうです。
(早速検討します!)
 

その他、社内でのパソコンサポートやちょっとしたトラブルの修復などにも十分に利用可能でしょう。一度皆様も試してみてはいかがでしょうか?

CrossLoopは以下のHPよりダウンロードすることができます。
 

CrossLoopのサイト

ところで気になることがあります。

なんで無料なのか?ということです。このくだりはWikipediaに詳しく掲載されていましたので抜粋します。

GNU General Public Licenseコピーレフトソフトウェアライセンスの代表的なものである。GNU GPLまたは単にGPLと略される。Free Software Foundation(以下FSF)によって公開され、維持されている。


コピーレフト (copyleft) とは、著作権 (copyright) に対する考え方で、著作権法の下、公での引用、改変、内部情報と二次的著作物の再配布を抜け道なく可能にすることを目的とした概念である。1984年フリーソフトウェア財団を設立したリチャード・ストールマンによって提唱され、初めはソフトウェアに関して用いられたが、その後、ソフトウェア以外の著作物にも適用しようという動きがある(クリエイティブ・コモンズなど)。



CrossLoopの詳細を知りたい方はこちらのページも参照すると良いでしょう。

<原文>
http://www.crossloop.com/VNC.html

<exciteによる翻訳>
http://www.excite.co.jp/world/english/web/?wb_url=http://www.crossloop.com/faqs.html&wb_lp=ENJA

このソフトを教えてくださいました、ドボンさん、そして主義さん、どうもありがとうございました。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メール送信フォーム




  • ライブドアブログ