genba21

カルゴンのガラパゴス日記

2007年09月

20 9月

見るからに変な建物の写真集、etc

建設ブロガーに相応しく、まずは建築物をご紹介します。

AASB[1].jpg

これからビルを建てる方はこんなのいかがですか?
これはドイツのハンブルグにある妙な建物です。絶対に住みたくはありませんね。
どういう感性をした方が設計したのだろう・・

ということで、このような建物の写真がこちらにありました。

The Many Unusual Looking Buildings On Earth
“地球上にあるたくさんの面白い建物”

http://www.uniquedaily.com/articles/TMULBOOEE.html

以前、国内の“馬鹿建築”というサイトがあったのすが、今は見つかりません。
流石に持ち主に対しての配慮に欠けていたのでしょう。残念です。

ついでに、このサイトにはこんなのもありました。

The Many Strange Products That Come From Japan
“日本から来たたくさんの変な製品”

http://www.uniquedaily.com/articles/TMSPTCFJJ.html  

NFWJ[1].jpg

一例として、ヌードルクーラー・・・

はは〜ん、なるほど腕に付けた扇風機が熱い麺を冷やしてくれるんですね。
とても便利そうですね〜・・ってありえないっしょ。(笑)

そしてもう一つ。

The Crazy Beauty Products That Come From Japan
“日本から来た狂った美容製品”

http://www.uniquedaily.com/articles/TCBPTCFJJ.html

商魂逞しいというか、せ、責任者出てこーい!って叫びたくなりました。(笑)

 

DUBP[1].jpg

これは、ダンシングUFO・・だそうです。

こんなの日本国内でも売ってるのを見たことがありませんね。
あちらの人は、こういう物が日本では普通に売られていると思っているのだろうか・・・
ちょっと心配になりました。

日本から来たとなっていますが、製造は多分中国製なんででしょうね。(笑)

因みに、あんまり奥までいきますと、グロ系の写真もありますのでご注意を。

20 9月

CALS/EC地方展開アクションプログラム説明会(北海道地方版)

道内の関係機関の集まりである「北海道地方CALS推進協議会」により、道内10会場にて、CALS/EC地方展開アクションプログラム説明会(北海道地方版)が開催されるとのことです。

※北海道地方CALS/EC推進協議会の構成者

PIC00078.JPG

<説明会のスケジュール>

9月27日(木)
13:30〜:室蘭(胆振支庁合同庁舎)

9月28日(金)
13:30〜:札幌(札幌第一合同庁舎)

10月2日(火)
13:30〜:旭川(旭川開建)

10月4日(木)
13:30〜:函館(渡島支庁合同庁舎)

10月9日(火)
13:30〜:小樽(小樽開建)

10月11日(木)
13:30〜:留萌(留萌支庁合同庁舎)

10月18日(木)
13:30〜:帯広(道新ビル)

10月19日(金)
9:30〜:釧路(釧路開建)

10月23日(火)
9:30〜:稚内(宗谷支庁合同庁舎)

10月25日(木)
13:30〜:網走(網走支庁総合庁舎)

尚、私のような一般人は残念ながら参加できないようです。
ぜひ説明を聞いてみたいのですが・・・

18 9月

郵政公社のタウンプラスは、宛先不要でDMが出せる

今日も、CALSとは何の関係もありません。(笑)
ちょっと前になるのですが、9月6日(木)に札幌コンベンションセンターにて、株式会社恵和ビジネスのソリューションフェアがありましたので、その報告を。

PIC00076.JPG

色々な展示物があり、非常に見ごたえのある内容でしたが、その中で一際目を引いたのが、まもなく民営化される郵政公社の展示です。
10月1日からは4+1(郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険、郵便局株式会社、そしてその持株会社として日本郵政株式会社)の日本郵政グループとなるわけですが、その中の郵便事業を中核に行っている部門が、郵便事業株式会社となります。ここは、その名の通り郵便事業のみを注力しておこなう事業体になるのだそうです。

PIC00074.JPG

で、何が凄いのかというと、従来の郵便の仕組みを根底から覆すサービスとして、「配達地域指定冊子小包郵便」愛称(タウンプラス)では、地域を指定するだけで、宛先不要でDMが送付できるというものです。
郵便物に宛先を書かずに済むなんて、まさにコロンブスの卵じゃありませんか。郵政公社がこんなサービスを始めていただなんて、まったく知りませんでした。迂闊ですね。
PIC00073.JPG

で、更に凄いのは、このタウンプラスと、エリア分析を併用することで、そのエリア内の特定層に対しての効果的なDMにも対応できるというところです。
例えば、所得が多い人が多くいる地域に、外車のDMを出したい場合とか、小さな子供がいる家庭に、教材のDMを出したいなどが、顧客リスト無しに出来るのです。

では、そのエリア分析って何の情報を元にしているのか、という点が気になるのですが、これはあの国勢調査に基づいているのだそうです。国勢調査って国民の義務とされているあの5年に1回、国が実施している調査。

自分の知らないところで、国勢調査のデータが勝手に分類分けされてDMに使われているなんていうのはちょっと嫌かも。

まあ、世の中確実に進んでいるんだなぁと思った次第。

14 9月

東京土建中野支部と少女漫画の関係は如何に?

そろそろ寝ようかと思い、その前にちょこっとだけネットサーインをしたら偶然に見つけたのがこれ。

東京土建という労働組合。

土建業の青年とセレブ風のお嬢様が絶妙にマッチしてとってもいい感じです。

この一昔前の少女漫画風のところが、とってもよろしくてよ・・・(笑)

うーん、インパクトあるなぁ。

東京土建

10 9月

建ブロの日【記事作成・写真投稿について】

本日は建ブロの日ということなので、提示されたお題目にあわせて記事を投稿しなければならないのでした。
この建ブロについては、以前にイエイリさんのblogでも大きく取り上げられたので、初めてこれを目撃され「なんだこりゃ?」と思われた方は、一度こちらを読んでみて欲しいです。

今回のテーマは、【記事作成・写真投稿について】ということなので、私は記事を作成する方法と写真をどうやって掲載しているのか?ということをごく簡単にご説明しましょう。

 

まず、私の場合はLivedoorブログ(Blog)なので、編集画面から普通にテキストで入力し、写真もファイルのアップロードをしてから記事中に貼り付けるという、ごく普通の手順でやっておりましたが、最近はblogwrite(ブロぐライト)を利用することが多くなりましたね。大体7割くらいはblogwriteを使っての投稿でしょうか。

 

このblogwrite、実はあの桃知さんのセミナーで初めて知りました。
大変便利そうだったので、その後に試してみて現在に至ります。

複数のブログから簡単にアカウント切り替えて使えますし、ネットに繋がっていなくても記事が書けます。もちろん写真の投稿も大変楽に行えます。それでいて大変に軽く動作するのがとても嬉しいツールです。

 

 とは言え、自分は無料版を使っているので、記事の最後に宣伝が入るのと、細かな機能が使えません。なので、そろそろ製品版にシフトしようかなぁと思っていたところでした。
なぜ、さっさと購入しなかったのかというと、プライベートで利用している忍者blogが、blogwriteに対応していないんですよね・・。
忍者さん、なんとかしてくれないかなぁ・・

 

<Blogwriteのダウンロード>
http://www.witha.jp/BlogWrite/

無償版と購入版(2週間の試用が可能)がありますので好きなほうをDLすれば良いでしょう。

 

ということで、完全にblogwriteの宣伝になってしまいましたね。

8 9月

Wiiリモコン充電スタンドを衝動買い・・しかし盲点があったという話

Wiiで遊んでいますか?
我家の子供はPS2(PS3はまだ持ってない)のレース系ゲームが好きなようですが、友達などが遊びに来たときには、Wiiで一緒に遊んでいるようです。
 

少し前になるのですが、DO-夢という中古パソコンショップで、センチュリー製 Wiiリモコン充電スタンド CWA-RCS2 を見つけて、衝動買いをしてしまいました。価格は税込み3,450円でした。
 

D1000012.JPG
こんな箱に入っています。
 

D1000274.JPG
我家の製造後15年経っている古いTV(現役)の上に設置したところ。充電完了時には、緑色に光ります。充電中はWiiと同じ青色に光ってキレイです。
 

D1000276.JPG
このようにスポッと挿し込んで・・・
 

通常のWiiリモコンは単3型の電池2本で使いますが、このセットは充電スタンドというだけあって、ニッカド電池が付いてきます。それに取り替えるのです。

接点に挿し込んでおくだけで、自動的に充電が出来、且つセットしておくことで片付けも楽で、こりゃあいいや!と思ったのですが、実は重大な盲点がありました。

その盲点とは・・・・







ストラップをつけると、接点が触れずに充電されない!

 

だめじゃん・・orz



Wiiリモコンでストラップが切れてTVや他の物を壊したりするトラブルが発生したのを覚えているでしょうか?このトラブルのおかげで、任天堂はストラップを太くする必要に迫られたのです。
まあ、力一杯振り回すものでも無いのだけど、ゲームに熱くなるとついつい力が入ってしまうのでしょうね。

きっと、太くなる前のストラップで設計されたのでしょう。太いストラップでは接点が浮いてしまうのでした。それでクレームか!と思ってメーカーのHPをみたら、
 

充電する時はストラップを外せ



だって・・・・



そんな面倒なこといちいちやってられるかっ!!

第一、箱にはそんな事は一言も書いてないじゃん! 


ということで、我家のWiiリモコンは、ただ今ストラップの付いていない状態で使っています。危険ですねぇ。大丈夫なんでしょうか?
 

もし欲しいと思った方、商品はこちらですよ。 http://www.century.co.jp/products_game/wii/cwa-rcs2.html

とりあえず我家では、この1点だけは目を瞑って便利に使っていますので、まあ、買って損はしないかなぁ・・。とにかくTV等を壊さないよう、上手に付き合いましょう。

7 9月

防衛省の電子納品要領は一体どこに?

防衛省の防衛施設局発注土木工事の現場に行ってきました。

以下が特記仕様書に記載されている電子納品のルールです。
国交省のガイドライン(案)を参考にしろとありますが、防衛省にも「建設工事に係る電子納品手引書(案)」というものが存在するようです。

防衛施設局の特記仕様書

私「これってもらってます?」

代理人さん「いや、知らない」

今日のところは未確認でしたので、後日監督員に相談して入手するということです。
それにしてもなんてのんきなんでしょう(笑)

会社に帰ってからネットで検索してみましたが全く発見できませんでした。

もしかしたら国家の重要な機密事項なのか?(笑)
まあ、入手できたら見せていただくことになっていますので、問題がなければこのブログで取上げたいと思います。

ところで、先日高速道路を走っておりましたら、以下の装甲車が走っておりましたので、携帯のカメラで激写しました。

自衛隊車両

北海道の高速道路は、やはり国防の為でもあるんだなぁと実感!

5 9月

防衛省におけるCALS/ECの情報

防衛省におけるCALS/ECの情報です。

すでにご存知の通り、防衛施設庁は一連の官製談合問題により9月1日より防衛省と統合されました。

今まで防衛施設庁の役割であった建設工事については、以下の各地方防衛局が引き継ぐということです。
 

北海道防衛局 http://www.mod.go.jp/rdb/hokkaido/

東北防衛局   http://www.mod.go.jp/rdb/tohoku/

北関東防衛局 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/

南関東防衛局  http://www.mod.go.jp/rdb/s-kanto/

近畿中部防衛局 http://www.mod.go.jp/rdb/kinchu/

東海防衛支局 http://www.mod.go.jp/rdb/tokai/

中国四国防衛局 http://www.mod.go.jp/rdb/chushi/

九州防衛局  http://www.mod.go.jp/rdb/kyushu/

沖縄防衛局 http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/
 

上記については以下のページで確認することができます。
http://www.mod.go.jp/dfaa/

防衛施設庁の案内

また、防衛省のCALS/ECについては、以下のサイトから入手することができます。

http://www.mod.go.jp/menu/kakushu.html
 

防衛省のCALS

中をくまなく調べてみましたが、現在は電子調達の情報のみの掲載であり、電子納品についての基準等の情報は、残念ながら載っておりませんでした。
 

しかしながら、実際には受注者においては、すでに全件で電子納品が行われているようですので、何らかのルールがあるのは間違いないでしょう。(国交省基準を準用ですね)
防衛省(旧防衛施設庁)の公開資料には以下のような記述も見られます。
 

平成18年度防衛施設庁が達成すべき目標に対する実績評価の概要(P1)

・施設の整備に当たっては、工事情報の電子化を推進し、契約、監督及び検査業務の的確かつ円滑な処理に努めること。
 なお、平成18年度は、設計業務の成果品、調査業務の成果品及び工事関係図書の電子納品を積極的に実施するものとする。

指 標: 電子納品実施件数※
達成目標: 各局(支局)において、業務概算額3百万円以上の設計業務の成果品、業務概算額5百万円以上の調査業務の成果品及び工事概算額5千万円以上の工事関係図書の電子納品を実施する。

※ 自衛隊施設と駐留軍施設の合計

(設計業務の成果品の電子納品)
達成度:100%(258件/258件)

(調査業務の成果品の電子納品)
達成度:100%(109件/109件)

(工事関係図書の電子納品)
達成度:100%(579件/579件)

評 価:いずれも目標は達成した

とりあえず、今週金曜日に、防衛省発注工事受注者の現場作業所へ「現場編集長CALSMASTER」を納品してきますので、適用基準等の確認をしてきたいと思っています。内容はこのblogにてご報告します。
4 9月

オキシコンチン錠による錯乱

義父が末期のすい臓癌で、余命を全うすべく自宅療養の日々を送っていたのですが、一昨日の日曜日に強制的に入院させました。理由は疼痛抑制剤のオキシコンチン錠による錯乱です。

このオキシコンチン錠は、あのモルヒネよりも4倍効くといわれているアルカロイド系の鎮痛剤(オキシコドン)で、末期の癌患者が救いようの無い痛みにより弱っていくのを防止し、人間らしく最後を向かえることが出来るための薬と言っていいでしょう。
7月中旬からこの薬を医者に処方してもらい、抗癌剤であるジェムザールの投与とは別に、毎日服用していたわけですが、飲み始めて30日ほどたった8月中旬から、義父に異変が出てきたのです。

続きを読む »
4 9月

SXF技術者検定試験について

オープンCADフォーマット評議会が実施している「SXF技術者検定」については、CALSに関係している方なら、ご存知のことと思います。かく言う私も、2005年の試験に合格しており、一応は認定技術者なんですが、今のところこの資格で得したこともなければ、役に立ったことも無い、ただ持っているだけの資格になっています。
 

一度なじみのスナックにて、店の女の子に名刺を渡したところ(名刺にはSXF技術者と入れてある)、「えっ?S〇X技術者って何?」と間違えられ、赤面したことがあります。まあ、受け狙いであればこれっはこれで効果的かもしれないが・・・。
 

さて、今年の合格発表があったと聞いてOCFのサイトに行ってみました。

http://www.ocf.or.jp/sxf/2007_kekka.shtml

受験者数 728名
合格者数 395名
合格率 54.26%

受験者数が全国で728名って少なすぎじゃないでしょうか・・
多分試験するだけでかなりの赤字だろうなぁと心配になってしまいます。

試験料は一人1万円ですから、総収入は728万円。試験は全国7箇所で実施のため、係員の移動交通費をはじめ、試験用紙の印刷代やら会場費やらを計算するとかなりの額になりそうなので、絶対足りないだろうと・・

で、会場別の受験者数はこんな感じです。

札幌 62名
仙台 119名
東京 203名
名古屋 132名
大阪 114名
福岡 134名
沖縄 18名
総計 782名


これって、SXF技術者試験自体を見限ってしまったのでしょうかね?
それともCALSそのものに失望してしまって、魅力を感じていないということなのでしょうか?それにしても地方はともかく、東名阪の受験者数が少なすぎますね。人口比でいけばもっと多くないとおかしいと思うのは自分だけでしょうか?
 

合格率が54.26%なので、晴れて認定を受けることができたのは、424名ほど。(詳しくは以下のページの受験番号を数えればわかりますが)

http://www.ocf.or.jp/sxf/2007_goukaku_itiran.shtml
 

これでは、建通新聞社が発行している「SXF技術者検定試験公式ガイドブック」の売上げも厳しいだろうなぁ。

CALSの世界に身を置く自分としては、もっとSXFを浸透させ、CALS/ECの実現のために啓蒙努力しているOCFを応援しなくてはならないと思うのですが、本来はCALSを進めていく上で最も努力しなくてはならないの発注官庁側なので、もっと積極的にそのリーダーシップを発揮していただき、SXFの普及やSXF技術者の認知度を高めていって欲しいと思いますね。
 

今回の合格者のみに限らず、合格者全体の官民の比率をぜひ拝見してみたいものです。
官が高いのか、民が高いのか、また、民は民で受注者である建設会社と、販売目的のソフトベンダーや電子納品サポート会社などで分類してみると、きっと面白い数字が並ぶように思います。
 

とりあえず今年落ちた方は残念でした。ぜひ来年は合格するように頑張ってくださいね。

 

SXF技術者検定試験公式ガイドブック 平成19年度版―SXF技術者検定制度 (2007)

有限責任中間法人オープンCADフォーマット評議会
建通新聞社 (2007/04)
売り上げランキング: 172637
 
記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メール送信フォーム




  • ライブドアブログ