カルゴンです。
本日、『現場編集長CALSMASTER2007年度版』が発売開始となりましたのでお知らせします。

まず、保守契約ユーザー様には、“無償”でバージョンアップ用CDが本日、代理店である建設ソフト(株)より一斉に送付されますので、一両日中に届くものと思います。お楽しみに。 また、本日以降に新規ご購入、もしくは旧バージョン(現場編集長PRO)からのバージョンアップされる方にも、この2007年度版が納品されることになります。

気になるデータの互換性ですが、現場編集長PROVer.6.Xからバージョンアップされる場合は、データは自動でコンバートされ、そのまま継続して管理、運用ができます。
現場編集長PROVer.5.Xの場合は、バックアップデータの復元処理で利用可能になります。
現在CALSMASTER(2006年度版)をすでにご利用中のユーザー様は、コンバート処理も不要ですので、インストールするだけでそのまま最新版としてご利用できます。

そこまでユーザー様の事を考えて開発されているのが嬉しいですね。


ただ、2点だけ注意事項がありまして、WindowsVISTA対応が、USBキーのメーカーよりドライバの提供が遅れたことで現時点では未対応です。
予定では8月頃にアップデータのリリースがあり、それからの対応となりますのでご注意ください。

※VISTAパソコンへのインストール並びに編集操作は可能です。

それともう1点は、国土交通省の工事完成図書の電子納品要領(案)機械設備工事編(H18/3)にはまだ対応出来ていない点です。こちらもこれから開発がスタートしますので、もうしばらくお待ちいただくことになります。 

それでも、今回の2007年版は、本当にユーザー様のことを考えて開発されているのがよく判ります。上記の2点を除き、電子納品も写真管理もほぼパーフェクトと言える内容ではないでしょうか?

さて、その2007年度版の機能ですが、明日から機能別に詳しく解説をしていきたいと思いますので、定期的に私のブログを見ていただければ幸いです。
それではお楽しみに。

尚、現時点では、以下のサイトに2007年度版の概要が記載されております。

開発元サイト (ダットジャパン)
http://www.calsmaster.com/main/about/cm2007new.html

代理店サイト (建設ソフト)
http://www.consoft.jp/calsmaster/cm2007.html