genba21

カルゴンのガラパゴス日記

2007年04月

28 4月

ゴールデンウイークがはじまりました♪

カルゴンです。今日からゴールデンウイークですね。
中には9連休の方や家族や友人と旅行と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
我家は小さな子がいるので近場をドライブする程度でしょう。日頃家族には何もしてあげられないので、連休中位は家族サービスに努めたいと思います。(といいながら今これは会社で書いていたりしますが・・)

さて、昨日長沼からの帰りに、国道274号線を通っているとクレーンにつるされた沢山のこいのぼりをみつけました。
(株)三和重機さんが敷地内で吊るしているもので、とても感じがいいですね。
これなら地域住民の方もこの会社を応援したくなると思います。やはり企業は地元の方に良く思われなければなりません。特に建設業の場合は余計ですね。
 

こいのぼり

274号線を走っていればいやでも目に付くと思います。

27 4月

北海道の電子納品ガイドライン(案)が公開されました5

カルゴンです。

昨日は岩見沢の空知建設業協会でセミナー講師をやってきました。
セミナーの当日にガイドライン(案)が公開されてしまい、大変な思いをしましたが、無事に対応できてホッとしました。一次はどうなるかとヒヤヒヤしましたが・・

『平成19年度「情報共有・電子納品運用ガイドライン」の制定について』
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/gkn/kouji/cals/H19gaido_kaitei.htm

<直リンク>
情報共有・電子納品運用ガイドライン  概要 H19.4
情報共有・電子納品運用ガイドライン 【工事編】 H19.4
情報共有・電子納品運用ガイドライン 【業務編】 H19.4

道の業務を受注されるかたは必読です。
かなり内容も濃くなっていますし、判りやすい記述になっていると思います。

ただ、「基本編」は極めてシンプルでいいとして、「拡大編」ではほとんど開発局と同等の内容になっています。
例えば、「受発注者間で協議し、効率化が図られる場合」というフレーズが随所に出てきますが、この場合の効率化が図られるのは一体誰なのかその効率化のために非効率なことをしなければならないのは誰なのか、がやはり曖昧になっているように思われてなりません。

また、「拡大編」に対応して電子納品を行った際の電子検定の方法が抜けているような気もします。「基本編」では工事写真のみを電子検定する、とされていますが、効率化を図ったはずの「拡大編」ではその電子データを使って検定をするのかどうかは書かれていませんでした。

そういう意味では、道の建設部も大変頑張っているように思います。が、あと一歩足りないような気もします。おしい!
このままでは受発注者間での協議事項が結局は増えてしまいそうです。

まあ、何はともあれ、道の電子納品がようやく一歩すすんだということはまぎれもない事実ですので、私も暖かく見守っていこうと思っております。道の電子納品自体は決して難しいことではありません。極めてハードルが低く設定されていますので、ぜひ受注者の皆様は積極的に対応をして、道の情報化に協力してあげましょう。

北海道は今まさに、官民一体となって明日を模索しなければならない状況です。ぜひ建設業から力をあわせて、他の自治体とは意気込みが違うぞと、さすが北海道の建設会社は違うぞ、と言われるよう頑張っていきましょう。

27 4月

農水省の電子納品チェックソフトが公開されました5

カルゴンです。

4月はバタバタとしているうちにあっという間に終わってしまいました。ゴールデンウイークは普段ほったらかしの家族にきちんとサービスをしなきゃいけませんね。でもどこに行っても激混でしょうね。子供は『定山渓ビューホテル』のラグーンで遊びたいと言っているが・・・

さて、今までチェックソフトが存在しないとして困っている人も多かった農林水産省の電子納品ソフトがこのほど公開されましたのでお知らせします。

チェックソフトはCS-GVで有名なヤマイチテクノ製のソフトですね。
使用権を農水省が買い取ったのでしょうか、無料でダウンロードができるようになりましたので、これで事前にチェックすることが可能になりました。
 

詳細はこちらからどうぞ
http://www.nncals.jp/you.html

※一番したのほうにありますよ。

25 4月

明日に迫った空知建設業協会のITセミナー(電子納品編)5

カルゴンです。今日も本当に良い天気ですね。

さて、明日に迫った『空知建設業協会ITセミナー(電子納品編)』。

大役をお引き受けした以上、受講者の役に立つ内容で実施したいと張り切っているところです。

今年度からはじまる北海道の電子納品を中心に3時間の説明をするのですが、初めて電子納品をする方にとって、出来るだけ理解しやすい内容になるよう、細かな点までpptに盛り込みました。
 

我々のように電子納品が身近な者にはなんでもないような事でも、未経験の方にしてみれば分からないことだらけ、説明を端折ることは出来ません。一字一句丁寧に、間違いの無い言葉で伝えてこようと思っております。

ただ、残念なのが、今日の時点でまだ北海道の新しい『電子納品ガイドライン(案)H19年版』が公開されていないところです。

4月以降の発注工事から対応しなければならないわけですから、できるだけ早く公開して欲しいものです。その内容によって判断が変わるところがあるかもしれません。間違ったことは説明したくありませんので、ここだけが不安要素なのです。
 

北海道の電子納品は、今年度(H19)は工事写真と出来形図のみとなりますので、ハードルは低いと考えられます。まずは受講された方だけでも、上手に対応できるように基本的な知識を身につけていただければ有りがたいです。
 

また、このセミナー内容で一定の評価が得られるようであれば、道内他の建設業協会会員様にも、セミナーの開催を打診してみようと思っております。
難しい問題を抱える建設業者に少しでもお役にたてるよう、これからも頑張っていきたいと思っております。

ちょっと今日は真面目モードです。

pptはいずれ公開しようと思いますので、今しばらくお待ちください。

24 4月

PHOTO04.DTDが公開されました。あわせてチェックシステムも5

カルゴンです。いい陽気になってきましたね〜。

昨日、国土総合研究所(国総研)より、デジタル写真管理情報基準(案)H18年1月版に対応したDTDと、それにあわせたチェックソフトが公開されました。

☆PHOTO04.DTDの記述内容が変わったところ
(青字のところ)

!-- PHOTO04.DTD / 2006/01 -->
<!ELEMENT photodata (基礎情報,写真情報+,ソフトメーカ用TAG*)>
<!ATTLIST photodata DTD_version CDATA #FIXED "04">

☆PHOTO.XML内の記述内容が変わったところ
(青字のところ)

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE photodata SYSTEM "PHOTO04.DTD">
<photodata DTD_version="04">

このように変更になっているところはごく一部の文字列だけですので、H16/6のデータをメモ帳等で簡単に修正することができます。もちろん、写真管理ソフト側で対応ですれば、わざわざ修正する必要もありませんね。
『現場編集長CALSMASTER』では、6月リリースの2007年版より対応となりますので、あと少々お待ちいただければと思います。尚、この新しいDTDは、H19年4月以降の発注工事より適用とされています。

それから同時に公開されたチェックソフトも、このDTDに対応しています。土木はVer.6.6、電気はVer.3.6、機械は、Ver.1.1となります)必要な方はかならずダウンロードをして自身のパソコンにインストールをしておきましょう。

詳細とダウンロードはこちら
http://www.nilim-ed.jp/index_dl.htm

22 4月

事前協議のポイント5

カルゴンです。

いよいよ各種工事が始まり、それぞれの現場へ技術者が散っていく季節になりましたね。みなさん、安全には気をつけて施工にあたってくださいね。

さて、開発局にしろ道にしろ、電子納品も必要な工事も多いことでしょう。
その電子納品で一番最初に行わなければならない重要な項目として

事前協議

があります。これをきちんとやるかやらないかで、工事がスムーズにいくかどうか、大変大きな差がありますので、忘れずに行いましょう。

この事前協議のポイントは、CALSスクエア北海道のブログにも掲載されていますので、ぜひご参照を。会長が直々に連載することになっています。

会長ガンバです。(^^;)
 

CALSスクエア北海道:事前協議のポイント - livedoor Blog(ブログ)

19 4月

セミナー資料が完成した!

カルゴンです。
明日のCALSMASTER活用セミナーの資料がようやく完成しました。ヘロヘロになりながらもしっかりとした内容になりそうです。さあ、頑張ろう。

ただ、これで安心はできません。次は、来週26日の空知建設業協会のCPDS講習用の資料を纏めなければならないのです。これは中立公正が第一条件であるため、ソフトのデモ的な内容には出来ません。つまりほとんどソフトは使わずに、正味3時間のセミナーを行わなければならないのです。

あまり口が上手では無い自分としては、桃知さんの真似は絶対に出来ませんが、内容と一生懸命さがきちんと受講者の方に伝わればいいなぁと思っています。

ただ、今回の講師はボランティアで行いますので、交換条件としては電子納品の教材として『CALSMSTER』をスクリーンに表示しますから、見方によっては多少の宣伝にはなりますね。これくらいは許してもらいましょう。(^^;)

微力ながら受講者のお役にたてればいいなぁ。
18 4月

20日に迫ったcalsmasterの講習会

カルゴンです。
ただ今、20日に開催するセミナーの資料作成を行っております。参加していただけるユーザー様のために、一生懸命になってpptの資料を書いているところです。
聞く方の立場で出来るだけ要点を整理し、分かりやすく説明するにはどうしたら良いか・・本当に難しいものですね。
でも頑張りますので、期待してくださいね。

で、まだ入れますので、今からでも都合の付くというかたはぜひご参加ください。
(今日現在で定員の半分位です)

詳しくはこちらへ
http://www.consoft.jp/seminar.html

お申し込み書もpdfで掲載されておりますのでどうぞよろしく♪

場所はこちらです。

札幌産業振興センター
17 4月

岩見沢スープカレー 「SEIZE THE DAY!」

カルゴンです。今日は空知建設業協会でのIT講習会。講師はあの桃知氏です。
 

講習会への参加者は協会員企業の職員約40名ほど。WEB2.0とはなんぞや、blogの作り方は、便利なblog管理ツールの紹介と氏の講習会は大変楽しく進んでいきます。市議会選挙の真っ最中で遊説者の拡声器からの声が騒がしいなか、桃知氏の大きな声が会場である建設会館に響きます。自分も講習会での講師を行う関係で大変為になります。こんなに上手くは話せませんが、自分なりに一生懸命に説明をしようと思います。


ここで教えていただいたのが『blogweite』というソフト。今はこれを使って書いていますが、大変便利ですね。一度でも使うと、blogの管理画面からの入力はする気がおきなくなりました。次からはこのソフトで書き込みするようにします。<BR>講習に先立って、無線LANの動作がおかしく、googleにまったくアクセスできない状況であったにもかかわらず、少しも焦らず、すこしも騒がず、氏の話術はまさに達人の領域に達しているようです。逆に、X社の担当者は設定に汗しておりました。何はともあれ皆様お疲れ様でした。ご拝聴を許可していただき、大変ありがとうございました。


今回、CSHメンバーも参加されましたので、講習開始前に集合し、岩見沢のスープカレーを食しました。
SEIZE THE DAY!という店。

感想は、まあ、普通かな・・。ちょっと味が淡白で物足りないなぁ。
旨みがやや不足していたように思えたのが残念でした。
感じ方はそのときの体調にも寄るので、もう一度行ってみようと思います。
 

D1000094.JPG



場所はこちらです。
 

SEIZE THE DAY!

13 4月

ICTを活用した施工管理〜道路土工の出来形管理にトータルステーションを導入〜

今年度から本格的に運用がはじまるトータルステーションを使った出来形管理の管理要領(案)が発表されました。

いよいよ、施工管理のIT化も次のステップに突入することになります。
どの位のスパンで普及するのか、実際にメリットがあるのかなど、気になることはやまほどありますが、注目していきたいと思います。
 

詳細は以下リンク先をご参照ください。

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/01/010406_2_.html

 

 

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メール送信フォーム




  • ライブドアブログ