genba21

カルゴンのガラパゴス日記

2006年11月

30 11月

【第13回】工事写真の整理フラグを活用しよう5

工事写真の管理とアルバム作成を別のものとして分けて考えている“現場編集長CALSMASTER”の仕様は、施工管理面で有効性が認識されつつあるようです。
やはり、アルバム作成+電子納品支援機能だけのソフトでは、現場の管理には不向きなのです。

現場の管理と工事写真の整理一体化しておくことは、より質の高い施工をフォローできるということですね。

さて、初期の“デジタル写真管理情報基準(案)平成11年8月版、平成14年7月版等”には、写真の“整理フラグ”という項目が設定されていました。今は残念ながら無くなってしまったのですが、現場編集長シリーズではこのフラグの有効性を評価しており、最新版でもこの“フラグ”を利用できるように残しております。


写真管理ツールのサムネイル枠にといった色が着いているのですが、これがその写真整理フラグを色で表したものです。

写真の整理フラグ

 

 

 

 





※画面写真はテスト用データですので、適用基準が営繕になっています。

・・・・提出データであり、且つアルバムに貼られている写真を表します
・・・・提出データになっている写真を表します
・・・・非提出データを表します


これで、まず登録している写真の管理レベルを視覚的に表現しているわけです。(この色はオプション設定で好みの色に変更することもできます。)
また、フラグの設定がもともと無かった、営繕の写真においても利用することが出来るようになっています。

つまり、提出アルバムや提出するデータのみを管理するソフトではなく、提出しない写真データ、アルバムデータも纏めて管理できるソフトである、ということです。

この部分は現場編集長シリーズの大きなアドバンテージになっていますので、ぜひ、この写真整理フラグを利用して、効率の良い現場管理を実現させてください。
次回はこの整理フラグの初期化の方法を解説します。

 

28 11月

道路完成図等作成要領(H18年8月版)への対応

CALSスクエア北海道:道路工事完成図等作成要領 第七回 - livedoor Blog(ブログ)で、だんだんと明らかになってきた問題点の数々・・・

詳しくはカゲキチさんに任せるとして、自分としてもはたしてこの要領通りに進んでいくのかが疑問です。何しろ図面作成に掛かる費用を全然見てくれていないらしい。

こんなに大変な作図を現場で書くのは時間的に困難でしょうね。なので、当然外注で書いてもらうのが一般的になると思われますが、その費用の確保が難しいのではないでしょうか・・・


また、出来上がったあとの図面の管理も大丈夫なのかなぁ。
例えば、道路標識、信号、電信柱、照明塔、付属装置などが後から設置された場合に、該当箇所の図面は当然更新されないと役にたたないと思うのですが・・
 

そこまでメンテナンスをするのであれば、細かな情報は入れたほうが良いように思いますが、果たして出来るのでしょうか。(誰が、いつ、どうやって?)

いささか別次元での疑問ではありますが、カゲキチさんご教授いただけましたら幸いです。

22 11月

子供達の安全のために出来ること

北海道の片田舎に住む我家にも子供が二人いるのですが、もぐらさんのところと同じく通学時の安全を図るために、地域ぐるみでパトロール等を行っています。
(因みに私の住んでいる町は人口3000人弱で最寄に交番もありません)
 

パトロール

 

 

 

 

 

 

 

 







先日も近所の“セイコーマート”(北海道で一番多い地場型コンビニ)に強盗が入りました。
とかく物騒なので、これらの安全パトロールは必要不可欠でしょう。
(ちなみに犯人は事件後のこのこと戻ってきたところを逮捕された)
 

余談ですが、このセイコーマートは最も強盗に狙われやすいコンビニだと思われます。理由は“レジの位置が出入り口のすぐそばにある”ためです。

wikiはこちら

他のコンビニのレジの位置は大体が店内中央付近で、出入り口までの距離を比較的多くとっていると思いますが、このセイコーマートはほとんどが隅に位置しているのです。万引き防止にはいいのかもしれませんが、相手が強盗であれば逃げやすいことにもなり、一長一短でしょうね。今のままでいいのかどうか判りませんが、狙われやすいのは事実だと思われます。
 

話は変わりますが、現場事務所なども近所に多いので、建設会社の車も住宅地の中を頻繁に通ります。その際に結構スピードを出して走る方がいるのですが、それを見つけるとすぐに役所へクレームを入れる住民も結構いるみたいです。


なので、最近はゆっくり走る建設会社の車が多くなってきたそうです。(噂話のレベルですが)
防犯も大事ですが自動車事故の防止はもっと大事ですからね。ただ、本来は自発的にゆっくり走って欲しいなぁとは思いますが。
 

防犯も事故防止も、子供達(大人も)が安全に暮らせる街づくりには、地域社会全体が真剣に取り組まねばならないテーマですね。警察だけを当てにしても仕方がないのです。(交番が無いし・・)

21 11月

フォトXMLビューアの超便利なところ(補足)5

CALSMASTERVer.7.0.1.0以降に付属している「PTVIEWER(フォトXMLビューア)」に、前回、(その2)フォトXMLビューアが機能アップで紹介していなかった、ものすごく便利な機能がありますので、本日はそれを紹介したいと思います。
 

H16年6月のデジタル写真管理情報基準(案)より、「代表写真」の設定が可能になっています。これは各工種毎に代表写真を選択しておけるというもので、これを利用すると竣工検査時の写真検査がデジタルでも容易に行えるようになるのです。


<通常表示モード>

この表示は通常の状態です。積算体系にそった写真箱表示と写真の特大サムネイルが表示されています。

フォトXMLビューア通常表示

 

 

 

 




<代表写真表示モード>
このモードでは、代表写真に設定されている写真のみが表示されます。特筆するところは、写真箱ツリーです。代表写真が0枚の写真箱は表示されても邪魔ですので、すべて非表示にすることができるのです。(もちろん表示することもできます)
 

フォトXMLビューア代表写真表示

 

 

 

 




※この例では2枚しか代表写真が設定されていない。

また、「0枚の写真箱を非表示にする」には“PTVIEWERのオプション設定”を変更しておく必要がありますので注意してください。

XMLビューアのオプション設定

 







今まで、ダイジェスト版CDと正規版CDをそれぞれ作っていた方も多いとは思いますが、CALSMASTERのフォトXMLビューアを利用すれば、わざわざCDを2種類も作成する必要がありません。

実際にパソコンで工事写真を見ていただく際には、CDから起動するのではなく、ハードディスクに保存されたデータを用いるのが良いようです。CDで受検しますと、途中メディアの入れ替え出し替えが発生し、検定官の心象を悪くしてしまう恐れがありますから気をつけましょう。

 

19 11月

箱庭諸島(時には息抜きも必要です!)5

私は、日曜日は一切仕事のことを考えない日と決めているのですが、なかなかそうは問屋が卸してくれません。
でも、四六時中仕事のことばかり考えていると、だんだん頭が煮詰まってきます。やはり脳みそを適度に休ませなければならないわけです。

そこで、今日は仕事しながら適度に遊べるゲームをご紹介しましょう。

<箱庭諸島>
http://myhome.ryuhoku.jp/hako_index.htm

箱庭諸島とは、WEBCGIゲームの一つで、作者がコピーレフト配布をしたために、色々な方が改変設置したことで、国内ではかなり有名になっていると思われるネットゲームです。

ルールは簡単で、まず好きな名前で自分の島を作ります。
あとは勝手に人口が増えていくので、農場を作ったり、工場を作ったり、とコマンドを設定しながらひたすら島を発展させていくというもの。
 

もちろん、途中で津波が襲ってきたり、巨大隕石や火山の噴火、住民の暴動から謎の怪獣の襲来など、ゲーム性が非常に高く、育成ゲームとしてはなかなかのものです。

特徴は、ゲームの進行速度にあります。

概ね4時間に1ターン進行します。つまり、24時間で6ターンという極めてゆっくりとした進行速度でコマンドが実行されるのです。なので、朝出社したら命令、昼休みに命令、自宅に帰ってから命令と気軽に遊べてしまうので、忙しいサラリーマンには最適のゲームかもしれませんね。

注意しなければならない点は、一定期間、コマンド入力を怠ると島を放棄したと見なされてしまうことです。忙しい人には向いているけど、忙しすぎる人には向かないということになりますね。
(忙しさの定義は特にありませんので自己判断で・・)
 

で、地道にやっていくと、自分の島が発展してきます。
すると、なんか嬉しいんですよね。だんだんとわくわくしてきます。今度はどうやって発展させようか、とか考え出すと、コマンドを入力するマウスに力も入ります・・・

あれ、頭を休ませるはずのゲームだったのに、いつの間にやら頭を酷使しているような・・・

<ウイキペディア>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E5%BA%AD%E8%AB%B8%E5%B3%B6


 

16 11月

MIXIの面白便利ツール5

話題のSNS、MIXIを使っている方も結構いらっしゃると思います。
(何しろ650万人が参加されているとのことですので・・)

そこで、今日はちょっと面白いツールをご紹介しておきましょう。
もう知っているよという方はスルーしてくださいね。
 

1.mixiGraph

mixiGraphは、mixiのマイミクシィ一覧を辿り、関係図を作って表示するソフトウェアです。文字で読むとピンと来ないかもしれませんが実行すると、すごく面白いです。うにょうにょうにょと・・・・
まあ、ぜひ試してみてください。フリーウエアですので。

ダウンロードはこちらから(Win用とMAC用があります)
http://www.fmp.jp/~sugimoto/mixiGraph/

※一応、足跡を残さずに関係を探ることはできるみたいですので、安心して辿れます。
 

2.ぼくははまちゃん!

http://hamachiya.com/

MIXIスパイは、足跡を残さずに偵察したい場合に使える小技です。
通常はそんなことをする必要は無いとは思いますけどね。

こんにちはこんにちは!の響きがなんか気にいってます(笑

ほかにも山ほどありますので、「MIXI 便利ツール」でググッてみるといいでしょう。

15 11月

『地域再生セミナー』 ―空知は空知をあきらめない― を聴講5

11月18日は土木の日です。

※土木の日とは
http://www.jsce.or.jp/committee/day/day.html
 

それを記念する行事として、昨日岩見沢で(社)空知建設業協会主催のセミナー、『地域再生セミナー』 ―空知は空知をあきらめない― が開催されましたので自分も出席してみました。

基調講演を、情報システムコンサルタント 桃知 利男氏が20分ほど、特別講演を、北海道大学大学院 文学研究科教授 山岸 俊男氏が1時間半、それぞれのお話を頂き、大変為になることを学ばせて頂きました。
 

<感想>
1.桃知先生の基調講演
浅草寺を女体と見る発想には脱帽であります。
浅草寺入り口=あそこ
雷門=クリ○○ス
参道=産道=膣
参拝客=精子
浅草寺=子宮
観音様=卵子(実は無い)

いやあ、恐れいりました。
基調講演でこんな漫談が聴けるとは思いもしませんでした。(笑
女性の聴講客もいる前ではなかなか勇気のいることでもありますね。とても面白くお話を聞かせていただきました。ありがとうございました。

2.山岸先生の特別講演
利他的な人、利己的な人を様々な実験を通して大変判りやすく説明していただけました。
人間は利他的な生き物であるが、その裏には必ず自分の利益計算の上で成り立っているということを行動経済学的に証明していただけました。(これは自分の解釈ですから(^^;)
英語のPPTまで飛び出して、ももちさんの言う通り、とても建設業協会でのセミナーとは思えなかった。

一番印象に残ったのは
・♂
いい男ほど自己中な奴が多く、ブ男ほど廻りに気を使う傾向がある
(そうしなければブ男は♀に選ばれず自分の遺伝子を残せない)
・♀
いい女ほど廻りに気を使う傾向があるがそれほどの差は無い
(もともと♂を選べる立場なので、それほどの違いが無い)

この辺りのくだりで、なるほどなぁと思いました。

“情けは人の為ならず”は、まさにその通りで、利己的な人こそ、この言葉の意味を良く考えるべきでしょう。自分さえよければ良いというものではなく、他を思いやる気持ちは回りまわって自分のためであるということを。

最後の座談会では結論として、建設業は利他的であるべき、というところに纏めていくのは素晴らしかったです。これはもう江戸時代から脈々と続く社会の秩序を守る不文律という事なんですね。

自分なりに解釈すると、

・利己的なものが増える
  =学校・・学級崩壊、いじめ
  =建設業・・ダンピング合戦で疲弊、地域も暗く、

・利他的なものが増える
  =学校・・活気ある、自然と愛国心が養われる
  =建設業・・地域に愛され活力ある経済活動

こういう感じになるのだろうと想像しています。

談合の問題も利己的だから談合をするという見方と、互恵的だから談合をするという見方では、まるで180度違った答えになってくるわけです。
ほんといい話をお聞かせいただき感謝です。ありがとうございました。

最後に、セミナーのテーマ「空知は空知をあきらめない」が講演内容のどこにも出てきませんでしたね。これは深く考えなくてもいいのですね?(笑

14 11月

メールフォームを設置しました5

このblogへのアクセスもおかげさまで少しづつ増えてまいりました。そうなりますと、やはり言いっぱなし、書きっぱなしでは無責任と言われてしまう心配も出てまいります。

コメントでは他の方に見られてしまうので書きにくい・・ということも考慮しますと、メール送信フォームの設置がやはり必要ということで、当blogにも早速設置してみました。右下に用意しましたので、私まで、ご意見やご質問などが有る方はぜひご利用ください。

但し、素性の不明な名無しのゴンベイさんには返信しない場合もありますよ。
 

次の目標は急成長を遂げているSNSの「MIXI」に、「CALSMASTERユーザー会」を作りたいと本気で思っています。MIXIのアカウントが無い場合は招待メールをお送りしますので、本メールフォームからお気軽にお申し込み込みください。

但し、素性を明らかにしない方には招待メールはお送りできませんので、悪しからず。
それでは今後ともどうぞよろしくお願いします。

13 11月

画像加工検出機能付きデジカメ 「BIGJOB HD-3W」5

富士フィルムさんから、画像加工検出機能付きデジカメが発表されました。

工事現場用デジタルカメラ「FinePix BIGJOB HD-3W」
世界初!デジタル画像のオリジナリティーを守る「画像加工検出機能」を搭載

だそうです。
BIGJOBは工事現場用デジカメとしては老舗のブランドですが、最近はCAPLIOにおされ気味のようでした。このHD-3Wは果たして起死回生の一打となるでしょうか?

撮影した画像の加工検出用データを暗号化し、後から加工・編集された場合にはこれを検知するとなっていますので、このカメラを使っている方は写真の改ざんをしていないことを自らアピールできるように思います。

ただ、機能をOFFにすることも出来ますので、OFFにしていれば今までと同じかな?
また、検出するには専用のFINEPIXビューアを使わなければならないなど、まだ改善の余地はありそうです。
今後は工事写真管理ソフトメーカーにこのモジュールを配布してはいかがですか?
きっと普及に貢献すると思いますよ。

それから朗報としては、ようやくCALSモードが装備されるみたいです。
これでCAPLIOと同等になりますね。

詳細は以下のリンクへどうぞ
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0059.html

発売は来年(H19年)1月頃とのこと。
早く実機を見てみたいですね。

12 11月

子供と一緒に遊べるゲーム5

前職の仲間(OB)が立ち上げた会社の一つに、ギガ連射という会社があります。
ここは“クター”という謎のキャラクターを生み出して、多くのファンがいるのです。そう、この私もそのファンの一人。

まず、たくさんのゲームがすべて無料で遊べます。すごい!

最近はFlashを使ったWEBゲームも発表しており、ネットにさえ繋がっていればいつでもどこでも遊べる手軽さで更に楽しさを増しています。

そのゲームは、単純なオペレーションを身上にしていて、3〜4歳の幼児でさえ遊べてしまう位のものもあり、見ているだけでも楽しく、子供と一緒になって遊べる内容です。

私が一番気に入っているのは、“クターのアスレチックワールド”に含まれる“クターのブランコ”というゲーム。

これをはじめて遊んだときのインパクトは凄かった。当時4歳だった私の息子が、それまで見たことも聞いたことも無い喜びようだったのです。

皆さんもぜひ子供と一緒に遊んでみませんか?

ダウンロードなどは↓から可能です。

クター

 

 



http://www.kutar.com/

それにしても今みても全く古さを感じさせませんね。ほんと流石です。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メール送信フォーム




  • ライブドアブログ