genba21

カルゴンのガラパゴス日記

2006年10月

31 10月

平成18年度 道路工事完成図等作成要領説明会 配布資料が公開されました5

国総研の道路工事完成図等作成支援サイトに本日開催されている説明会の資料が掲載されました。CSHからはカゲキチ氏が出席しておりますので、あとで内容についてのコメントがあるでしょう。

http://www.nilim-cdrw.jp/dl_other.html

道路工事完成図等作成要領

 

 

 





これからはCADの必要性が格段に高くなります。今までのようなエラーにならなければOKのような作図の仕方では対応が出来ないでしょうね。

費用を見てくれるようなので、アウトソーシングすることもありですが、手伝ってもらうのと完全に任せてしまうのでは費用面で大きく差がつくはずで、本来得られるはずの利益が飛んでしまう恐れもありますので、やはり受注者側でもきちんと対応できるように、知識と技術を持つことが望ましいと思います。
さあ、いよいよですね。CALSの胎動を感じます。

これからが本当のCALSの始まりです。(きっと)

そうそう、現場編集長CALSMASTERを使っている方は作図以外については問題はありませんよ。
OTHRSフォルダの取り込み方法などはきちんと解説する予定です。
お楽しみに。(^^;)

30 10月

電子納品データの閲覧用ビューアのこと5

CADの使い方は一旦置いておきまして(オイオイ、それでいいのか?)、今日は電子納品データを閲覧するためのビューアについて一言触れておきたいと思います。

CALS斬りっ!のだいひまじんさんにもお勧め頂いているのが、現場編集長シリーズの各ビューアです。(ちょっと古い記事ですが)
 

現場編集長シリーズをご利用中の方はもうご存知だと思いますが、「フォトXMLビューア」と、「工事完成図書XMLビューア」の2種類のビューアが「無料」で使えるようになっていますので、ぜひ使ってみてくださいね。最近はビューアの添付が不要のところもあるみたいですが、ビューアが有ったほうが良い場合には大変便利に使えます。
 

○現場編集長フォトXMLビューアVer.6.5
http://www.genba21.com/download/ptviewer/ptviewer.htm


○工事完成図書XMLビューア(無償版)
http://www.genba21.com/product/ktviewer/index.htm


でも、実は「CALSMASTER」をDLするとその中に最新版が組み込まれているのです。なので、CALSMASTERをDLすることをお勧めします。なんと言っても無料ですしね。


因みに位置は、下の図のように、CALSMASTERのインストールフォルダ内です。
○印で囲っているのが各ビューアのプログラムです。

・PTVIEWER・・写真ビューア(土木・電気・機械共通)・・営繕は別
・KTVIEWER・・完成図書ビューア(土木・電気用)
・KTVIEWER_EI・・完成図書ビューア(営繕用)
・KTVIEWER_KI・・完成図書ビューア(機械設備用)・・但しH16年3月版

ビューアの位置


 

 


 



CALSMASTERのダウンロードはこちらから

http://www.calsmaster.com/main/download/index.html

ただ、やっぱりそれぞれを直接ダウンロードできるようにしたほうがいいのでは?・・

27 10月

DWGをCAD製図基準に準拠したP21へ変換する(その2)5

今日は続きです。
とその前に、昨日はファイターズが日本一になりました!やったー!
やっぱり地元の球団っていいものですね。今までは阪神タイガースのファンだったのですが、いつの間にやらすっかりとファイターズファンになってしまいました。

特にSHINJOの活躍は、これからも色あせることなくいつまでも記憶に残ることでしょう。SHINJO選手、今までどうもありがとう。お疲れ様でした。

さて、本題に入りましょうか。
読み込んだデータのすべての要素を「基準画面」に移動しなければなりませんので、ツールメニューの編集(E)/移動(M)/移動(M)をクリックします。

(V-nas)図9

 





すると、要素の選択画面になり、画面右下にこのバーが表示されますので、一番下にある「全部」を選択し、図面の要素の一部をどこでもいいのでクリックしましょう。

(V-nas)図10


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 












すると、このように、要素がすべてピンク色に染まり選択されます。
確認したら「右クリック」で確定させますと、基準点の指定メニューになります。

(V-nas)図11

 

 

 






基準点の指定は、右下に指定方法の選択バーが表示されますので、とりあえず「2点の中点」を選択しましょう。(V-nas)図12(理解できればどれでも良い)



 

 

 

 

 

 

 

 

 





そして右下の隅と左上の隅をそれぞれクリックして選択し、移動先の指定に移ります。(V-nas)図13

 

 

 




それから、表示(V)/基準画面(B)に切り替え、再び「2点の中点」を選択して、今度は基準線の右下の隅と左上の隅をクリックし、右クリックで確定させると、見事に要素全体を適切な位置に移動することができました。

(V-nas)図15

 

 

 





これで、まずはAutoCADのDWGをV-nasへ読み込んで修正する用意が出来たことになります。
この状態で、SXF(P21やSFC)形式でいつでも保存するが出来るようになりました。やれやれ。

(V-nas)図16

 

 

 





AutoCADのトランスレーターを使ってSXF変換するのも良いのですが、設定が複雑で私のような素人では大変です。
このV-nasなら以上の要領で比較的簡単にSXF化が出来そうです。次回は、レイヤーをCAD製図基準(案)の通りに修正してみましょう。

26 10月

DWGをCAD製図基準に準拠したP21へ変換する(その1)5

今日から、現場編集長CALSMASTERをちょっと離れて、「CADソフト」のことも書くことにします。
 

この記事の中で、今回私が利用するCADは「V-nasシリーズ」です。なんでV-nasかって言うと、メーカーである川田テクノシステムさんには、某県において大変お世話になったから。(^^;)

もちろんそれだけではなくて、施工系のコマンドも充実していますし、SXF Ver.3に対応しています。、他にもOCF検定に制限事項無しで合格しているほか、道の実証実験で使用されていたりと信頼性が抜群だと思うからです。
また、サポート面でもティーアンドワイ設計事務所さんが万全な体制でバックアップしてくれます。

はっきり言って私はCADに関してはど素人

こんなど素人でも使いこなすことが出来るのであれば、このCADは誰にでも使えるという良い見本になると思うわけです。さあ、頑張るぞ!

ということで、すでにバリバリCADを使って図面を書いている方は読まなくてもいいかも・・・(^^;)
いやいや、やっぱり読んでネ。

まずは第1回目として、いきなりDWGファイルの読込からはじめてみましょう。

なんでかというと、発注図面として施工会社に渡される形式で一番多いのがDWG、施工会社で最も多く利用されているのもAutoCAD(根拠はCSHのアンケート結果から)、ということで、このDWGファイルをうまく扱えるかどうかがまずは最も重要なポイントなわけです。

ただし今回は、AutoCAD以外のCADで保存されているDWGではなく、正規のAutoCADで作成されたDWGを基本に考えていきましょう。
 

さて、CAD自身のオリジナルデータ形式が正しく読み書き出来るのはあたりまえですが、ユーザーの事を真剣に考えているCADソフトは、DWGファイルを読み込むことが出来るようにもなっています。カタログでは読込可能と謳われていても、互換性の低いCADではいきなりここで躓きます。

つまりは「金返せ!」となるわけですね。きちんと読めるか否かはとても重要なのです。


能書きはおいといて早速「V-nas」を起動します。まずはスケールを設定しなくてはなりません。
開くDWGのスケールを予め確認しておきましょう。ここでは1/500実寸で書かれた図面を開きますので1/500となります。この1/1となっているところを1/500とします。

(V-nas)図1

 

 





次に、AutoCADのデータを開く場合には設定メニューがありますので、一度これを確認しておきます。ツールメニューの、設定(S)/ファイル変換(F)/AutoCAD変換(I)をクリックします。

(V-nas)図2

 

 

 






ここで、図面範囲・図形範囲の項で、□ファイルに図面範囲・図形安易の情報が存在する場合、用紙サイズ・スケールを自動的に設定するにチェックを付けておきましょう。

(V-nas)図3

 

 

 

 

 




 


図面を開く用意ができましたら、ファイル(F)/開く(O)をクリックすると、土木−開くのダイアログが表示されます。

(V-nas)図4

 

 

 






ファイルの種類を「AutoCAD(DWG、DXF)」に切り替えると図面がサムネイル表示されますので、選択して「開く」をクリックすることで図面がひらきました。パチパチパチ。
ところが、枠線のみの表示となり、肝心の図面が見えませんね。

(V-nas)図5

 

 


 




この状態から、慌てず騒がず、表示(V)/全体図(A)をクリックすることで、図面が表示されました。

(V-nas)図6

 

 

 






次は用紙の設定を確認しなければなりません。
ファイル(F)/図面設定(Z)をクリックします。すると、図面設定ダイアログが表示されますので、用紙サイズがA1になっているかどうかを確認します。

(V-nas)図7

 

 

 






現在どんな状態なのかを確認するため、マウスのスクロールボタンをころころと転がしますと、基準の範囲内に図面が収まっていないことがわかりますね。

(V-nas)図8

 

 

 






あとは、移動してあげれば良いということです。ということで明日に続く・・・?

しまった・・・これはなかなか(書くのが)しんどいぞ・・・

25 10月

道路完成図等作成要領(H18年8月版)への対応5

いよいよ、CALSスクエア北海道のblogで解説が始まりました。
CALSスクエア北海道:道路工事完成図等作成要領(H18年8月版) 第一回 - livedoor Blog(ブログ)

カゲキチさんが、これからどのように纏めていくのかとても楽しみですね。

道路工事に関係する方は、いずれは対応しなければならなくなりますので、今から情報収集と対応能力の向上に努めておいたほうが良いでしょう。

この「現場編集長の達人的BLOG」でも今後の対応方法等をお知らせしていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

23 10月

コピープロテクトの話5

ACCS(社)コンピュータソフトウエア著作権協会のHPをみたら、旭川市の方が違法コピーソフトの販売で逮捕されていました。
http://www2.accsjp.or.jp/topics/news3.html


実はこの犯罪行為には段階があります。
 

1.購入したソフトを他のPCにも入れて使う
2.人から貰ったソフトを入れて使う
3.格安販売サイトでコピーソフトを購入して使う
4.WinnyなどでwarezとしてDL入手して使う
5.Winnyなどでwarezとして放流(アップロード)する
6.コピーソフトを販売する
 

下にいくほど罪が重くなります。
買うより売るほうが悪質なわけですね。まあ、売るのは論外として、違法版を使う方のメリット・デメリットを考えてみます。
 

<メリット>
・お金が掛からない


<デメリット>
・メーカーのサポートが受けられない
・バージョンアップが出来ない
・胸を張ってユーザーであると言えない
・摘発される不安がある
・ウイルス混入の危険

などがありそうです。

そう考えますと、メリットはお金が掛からないことだけで、あとは皆リスクになると思えます。やはり良いソフトには正規の料金を払って正しく使うのが一番のようです。

第一、仕事の道具はお金を出して買うべきですよ。昨今ではソフトベンダー側でも色々と工夫をしており、プロテクトキーを利用するソフトが多くなってきましたが、このプロテクトキーの利用方法にもいろいろと種類があります。
 

1.装着しないと起動が出来ないもの
2.装着しなくても起動はできるがデータの保存ができないもの
3.装着しなくても起動も保存もできるが印刷などアウトプットができないものなどです。


この中で最も使いやすいのは言うまでもありませんが3の方式です。
何しろ印刷や出力時以外はキーが無くても使えてしまいます。
しかもインストールフリーとなればもっと便利です。
 

で、現場編集長CALSMASTERはこの3を選択しています。しかもインストールフリー。

※いつでもダウンロード可能です。

http://www.calsmaster.com/main/download/

この電子納品系というか、建設会社向けのソフトウエアの場合、作業を現場事務所で行うといった他の業種には無い特徴があります。また、JV構成だったり下請けさんが作業を行っていたりと、ライセンス管理がシビアでは使いにくくてしょうがないというわけです。(アクティベーション処理はその最たるものでした)
そこで、現場作業に向いたプロテクトが必要というわけですね。

今のプロテクト方式になってからはユーザーからの評判がとても良くなりました。

このように違法コピーを撲滅するには一方的な対応ではダメで、業務に合った形でソフトを利用できるようにしてあげることが最も重要なんですね。

20 10月

大丈夫か?北海道SNSどっとねっと2

CALS斬りっ!さんでも記事がありましたので便乗します。

(財)北海道開発協会が北海道大学の協力を得てSNSの実験サイトを構築しているのを最近知り、だいひまじんさんと同様にびっくりしました。
 

SNSを地域活性化に活用できるかどうかの意見交換をするにはSNSを作ってしまえば良い、という考え方にまずは賛否両論がありそうです。
(普通は調査してから作るんじゃないかと・・)


入り口はこちら
http://www.hokkaido-sns.net/sns/ ←リンク切れです

北海道SNS

 

 

 

 




早速中に入ってみると、MIXIとほとんど同じです。足跡機能もあります。
違いはスケジューラーが装備されているところ位か・・

まだ会員数は60人弱。ところがなかなか重い・・・
さくさくと動きません。うーん、ストレスが溜まります。

また、紹介がなくとも誰でも勝手に会員になれるのも問題かと。
いずれは荒らしやナンパ、怪しい宗教の勧誘など、MIXI以上にひどいことになりそうな予感をひしひしと感じます。匿名でよいのならあの悪名高き「2ちゃんねる」のような便所の落書きになりそう・・・

これからが本番なのにちょっと心配・・・

18 10月

話題のEIOFFICEをチェック!3

中国製のOFFICE suiteとして今話題のEIOFFICEの体験版をDLして試してみましたので、ごく簡単にレビューしましょう。本格的なレビューはプロに譲ります。

※EIOFFICE1のWEBページはこちら
http://www.eio.jp/

まず、この画面イメージを見てください。

EIOFFICEはすごいが・・

 

 

 





なんと一つのアプリケーション上で、ワープロ、表計算、プレゼンテーションツールが動いてしまう。すごい!便利そう!欲しい!

でそれぞれがdoc、xls、pptと高い互換性を持つのだ。
はっきり言ってすごく気に入った。
自分が普段使う程度の計算や文書作成にはなんら困らないだろう。

ところが・・・

EIOFFICEはやっぱダメだ

 

 

 





このように標準フォント以外は図のように変換されずに欠落してしまう・・
これでは残念ながら使えません。ということで、当面はwaitですね。今後に期待しましょう。

あと気になるのは価格です。
ちょっと高い微妙な設定です。通常版は¥17,800。
ただ、乗り換えパッケージは¥9,800なので、古いOFFICEパッケージを持っている人には魅力的な価格になるかもしれない。

ということで期待をこめて星3つにしておきます。

17 10月

【第11回】撮影箇所タブの使い方5

今日は撮影箇所タブの使い方です。
このタブが何のためについているのか分からない方もいると思いますが、このタブを使いこなせるようになれば、現場編集長の理解もかなりレベルが高くなってきます。
 

まずは設定から確認しましょう。

例によって、ツール(T)/オプション設定(O)をクリックして、オプション設定ダイアログを開きましょう。


オプションの設定

 




 

 

 

 

このように一番下にある、「写真箱の写真の構成」の設定を、
●指定された写真箱以下すべての写真
にチェックをつけてください。

これをしなければ威力が発揮できないのです。

すると、写真箱をクリックした時に写真の見え方が大きく変わったことが分かりますね。そうです。下の階層に整理されている写真もすべて一覧表示することができるようになるのです。1000枚なら1000枚、1万枚なら1万枚が一覧で表示されます。

この設定のまま、写真の撮影箇所情報を入力しましょう。
入力方法は、写真情報ダイアログで入力してもよし、サムネイル上で入力してもよし、お好きな方法で入力しましょう。

撮影箇所を入力

 

 

 

こんな感じになればOKです。
サムネイルの表示項目の設定もオプション設定にありますので、この際ついでに確認してみてください。


情報の入力が終わりましたら、写真箱ツリーの上にあります、撮影箇所タブをクリックしましょう。
すると、その下にプルダウンメニューが現れますので、その▼ボタンをクリックすると、今まで入力した写真の撮影箇所情報がリストアップされます。

撮影箇所の選択


 

 



 

もうお判りですね。このリストから見たい写真の撮影箇所を選択するだけでで、瞬時に写真表示が行われます。
 

撮影箇所による絞り込み表示

 

 

 


 


いかがでしょう?この状態で写真箱の選択も出来ますし、写真区分の切り替えもできます。つまりは積算体系+写真区分+撮影箇所の3次元で必要な写真を抽出することができるわけです。

しかも、更にこの状態で絞り込んだ写真を、一気にアルバムに貼り付けて編集することも出来ますので、大変効率よく作業が行えるます。
ぜひ試してみてください。

きっと便利さがお判りいただけると思いますよ。

13 10月

新五稜郭タワーから見た函館の景色5

函館という街は道民である自分にとっても素晴らしく魅力のある街です。
道内で最も歴史がある地域ですね。

そんな函館で新しく出来たのが新五稜郭タワーです。
 

新五稜郭タワー

 

 

 

 

 

 







で、その上からながめた眺望は素晴らしいの一言。
 

五稜郭公園

 

 

 

 




これは五稜郭公園をみたところ。(全部入りきらなかった)

函館山方面

 

 

 

 

 

 







これは函館山方面を見たところ。
うーん、携帯のカメラではこれが限界かな・・
 

仕事中の空き時間を利用して、こういう美しい景色のところを尋ねて歩くのは、良い精神状態を保つのにとても有効ですね。

ということで、函館方面のユーザー様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
Twitter プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メール送信フォーム




  • ライブドアブログ