genba21

ガラパゴス日記

とりあえず管理人が日々のいろんな出来事等を書き散らかすブログです。無責任編集ですのでよろしく〜(^^♪

1 9月

迷走するCALS/EC

8/30(火)はCALS/EC資格制度の登録更新講習日だった。
昼に
建ブロ会メンバーであるキタノミナト氏と浅草寺前で合流し、一緒に昼食をとってから会場となった浅草ビューホテルへと移動した。

講習会のレジメは以下の通りだ。

第一時限:これまでのCALS/ECの歩み

第二時限:これからのCALS/EC

第三時限:要領・基準類の最新情報

第四時限:CADデータのリサイクル−SXFを活用した図面の電子納品

第五時限:経験から得られた事例紹介

このような流れで13時から17時まで4時間の講習を受けてきたので、早速その内容を順に書いていこう。

1)第一時限目
・電子入札および電子納品については、都道府県および政令市において、ほぼ浸透した。
・情報共有や成果品の利活用は、都道府県においても取り組み状況に差がある。
・中核市や一般の市町村でのCALS/ECは電子入札の共同利用などを除くと、まだ十分に浸透していない。

このようなまとめで終わったわけなのだが、我々が知りたいのは資格者はどう活動したら良いのか、ということなのだ。そんな他人事のように報告を受けても困るのだ。このまとめ方はどうにも投げ槍に聞こえてならなかったのだがそう感じたのは私だけでは無いと思う。
本来はこういう問題があるので資格取得者はこうして欲しい、こうするべきだ等のご指導を頂かなければ、そもそも講習を受ける意味が無いと自分は思うのだ。浸透していないのであれば浸透するように、建コン事務局として一体どうするべきなのかを真剣に考えなくてはなるまい。

2)第二時限目
歴史学的で哲学的な
土木建築を深く掘り下げた先生の講義は大変に面白かった。ただし、第一時限で、CALSがまだ十分に浸透していないという報告があったばかりなのに、今後の土木は設計、施工、維持管理もすべて三次元化される時代がすぐそこまで来ているという結びには違和感を感じざるを得なかった。
私が知るかぎり未だに携帯電話のメールですら使ったことがない現場技術者は山ほどいるのだ。で、彼らはそれがダメな事だとは思ってはいない。なぜならそんな物を使わなくても立派に物を造ることが出来るからだ。

3)第三時限目
電子納品の基準改定内容の説明を受けた。あくまでも国総研の電子納品要領及びガイドライン等の説明であり、情報化施工や道路工事完成図等についての中身の説明は一切無かった。また、北海道開発局のガイドライン等に関する説明も一切無かった。
改定内容については、本来は受注者・発注者ともに知っていなければならない内容であって、資格者だけが知っていてもあまり意味が無い。
本当はこのようにして電子納品させて集めたデータを、国交省はどのように活用しようとしているのか、各自治体にはどのように指導をしていくのか、市町村が導入する際の技術的、金銭的な支援体制はあるのか無いのか、無ければ資格者としてどう活動すれば良いのか等が知りたいわけだ。改訂内容よりもこちらのほうがはるかに重要なのだが・・。

4)第四時限目
とある地域の下水道におけるCADデータリサイクルに関する講義であったが、大変申し訳ないが何を言いたかったのかが良く分からなかった。
PPTのタイトルや内部にも”SXF”が、なぜか”SFX”となっていて、特撮か!と思わず笑ってしまった。
また、使用するCADがコンサルタント会社で使えないとか、今年度で問題なくシステムに反映できたのはわずか5件のうちの2件だったとか、正直に言ってまともに運営されているというイメージは皆無であり、CALSは失敗だったという印象の方がはるかに強かった。
どう考えてもマイナスイメージを強調する説明内容となっていたように自分は感じたが、果たしてそう思わせるのが事務局の狙いだったのかどうか。また、せめて誤字には誰か気がつくべきであろう。印刷会社へデータを送るまでに何人も目を通したはずなのだが誰も気が付かないというのは些かお粗末すぎるのではないか。

5)第五時限目
メディアの保存やSXF変換、PDFの考え方等の一般論なので感想は特に無し。

以上のような内容の説明を受けてきた次第である。明らかにCALS/ECは迷走状態にあると言えよう。そもそも、CALSに関しては誰に聞いても失敗だったね、という意見しか聞こえてこないのが現実なのに、そのことを知らないのか、それとも知っていながら黙殺しているのか。
少なくとも講習会に参加した人たちは、まだCALSに未来を、希望を持っている人達がいるはずなので、事務局も国交省や関係機関はそれらの人を味方につけるべく支援しないといけないんじゃないかなと思うのだが。
やはり現実を把握し作戦を立てなければ、まさに戦中の帝国陸軍のように成りかねないと感じるのだ。いつまでも大本営発表では一般納税者も含めて公共事業に関わるすべての人が最後は困る結果となるのだ。

ちなみにRCEもRCIも講習内容は共通だった。
1 9月

TVでskype

先日、女房専用にSONYのBRAVIA(KDL−22EX420B)を1台購入した。
我が家にはすでに東芝REGZAがあり、NASへ録画してある番組も見られるように2台目もREGZAにしようと思っていたのだが、 このBRAVIAはTV本体だけでYoutubeの動画が見られるというところがで気に入ってしまい即決してしまったのだ。

早速自宅に持って帰り箱からだしてセッティングを行い、TVを見るよりも先にYoutubeを視聴してみたが実に快適。これはなかなか良いですぞ。

説明をよく読むと、別売りアクセサリーのマイク内蔵コミュニケーションカメラCMU-BR100があれば、なんとTVでskypeも使えるというので、これも楽天のネットショップへ注文してしまった。恐らく来週中旬までには自宅へ届くだろう。そうすれば次回自分が帰宅した際に接続をし、自分との通信手段として使わせることが出来る。

TVでskypeが利用出来るようになるのだからきっと便利になるだろう。しかもモバイル型と違って据え置き型なので家族全員と一度にお話も出来るだろうし、恐らく5歳になる娘にも簡単に使えるはずだ。いつでもその可愛い顔を見ながらお話をすることが出来るようになり、父親不在の不満を少しは和らげてあげることが出来るだろう。

それから、デジカメの写真等もGooglePICASAなどにアップしておくと、このBRABIA上で直接表示することが出来るようだ。これも次回帰宅した際にセッティングしておこうと思っている。
自分のデジカメからEye-Fi+DTIモバイルでダイレクトにPICASAへ写真をUPすることで、リアルタイムに、しかもTVで写真が楽しめるように出来るのだ。

次は位置情報を付与出来るGPSデジカメが欲しくなってきたが、しばらくは我慢我慢・・

30 8月

RCE・RCIの更新講習日

本日はRCE/RCIの更新講習の受講日です。
今回ほかなり悩みました。正直言ってもう更新が不要な資格では無いかとね。

でも、取得する時にはわざわざ地方から東京まで面接を受けに来たりと、とても大変な思いをして取得した資格ですから、このまま流してしまうのも勿体無いと思い、更新することにしたというわけです。
ま、自分も今はこうして東京に居るわけですしね。

そんなこんなで折角講習を受けるわけですから、今現在のCALS/ECがどうなっているのか、そして、この先どうなっていくのか、をしっかりと見聞きしてこようと思います。

さて、今日は知り合い何人に会えるかな?
29 8月

自分専用の自転車が欲しい

最近、宿舎で貸してくれる自転車(ママチャリ)で都内までのサイクリングを楽しんでいる。自宅にも
普段の生活では使わない筋肉を活用するので健康に良さそうだ、というのが自転車に乗ることにした理由だ。
 
ただ、短い距離なら別にどうってことないことなのだが、片道20km往復40kmもママチャリで走ると、色々と問題が 出てくることが判ってきた。

一つ目は、親指の皮が剥けて痛くなる点だ。これは変速機の操作ダイヤルを操作する際に、ラバーへ親指が擦れてしまうことの摩擦で皮膚が破れてしまうようだ。解決策としては手袋を履くことで回避することが出来るからまあ良いだろう。

二つ目が結構重要なのだが、長時間自転車に乗っているとどうしても股ずれになってしまう点だ。
恥ずかしがらずに書くならば、股ずれとは肛門と陰嚢の間位(所謂蟻の戸渡り部)が下着等に擦れて痛くなるというものだ。(男性の場合)

ここが痛くなってしまっては、治るまでは自転車に乗れないどころか普通の椅子に座っていても不快なのである。

調べると、最近の自転車のサドルはジェルが入っていたり、穴が空いていたりと、そういうことが起こりにくい工夫がされているようだ。なんだか急に高性能な自転車が欲しくなってしまった。当然お値段もなかなか高価であるがピンからキリまでよりどりみどりのようだ。

さて、そんな自転車もネット通販なら今では驚くほど安く買えるようだ。
例えば、こちら
http://item.rakuten.co.jp/smart-factory/gr-001/

送料込みでこんな格好良い自転車がなんと¥13,800である。

とりあえず、自分の欲しいものリストに高性能自転車も追加しておこうと思う。
困ったなぁ。欲しいものがまた増えてしまった。


8/30追記
結局、更に安い¥7,980(税込・送料別)のマウンテンバイクを注文してしまった。
到着が楽しみだ。
http://item.rakuten.co.jp/mercurys/808952/
24 8月

島田紳助が芸能界から電撃引退!

聞くところによるとTV各局は画面上に速報を流したのだそうだが、これってそんなに大事なニュースなんだろうか?
一芸能人が暴力団と付き合っていた指摘を受けて、吉本興業側が庇いきれなくなり、解雇じゃ経歴に傷がつくからと、自主的に引退したことにさせたのではないだろうか。

個人的には紳助の番組なんかは全く視聴していなかったから本当にどうでもいいニュースなのです。そんなに大騒ぎするほどのことなのかな?

でも、こうしてブログに書いている自分も、いつの間にやら騒動に巻き込まれている事になるのだろうなあ・・。
なんだかな〜(笑)

ま、引退ということなのであれば、羽田空港で嫌でも目に入るシーマンと合体した例の気持ち悪い広告パネルもこれで消えることになるでしょう(笑)

あのパネルは常々センスが悪いと思っていたので、このボイラーメーカーさんにとっても良い出来事だったでしょう。
優秀な企業なのに、そのイメージが台無しでしたから・・。

次からはもっとクリーンなイメージのタレントを使いましょう(笑)
記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おススメリンク
メッセージ

名前
本文
楽天市場
livedoor 天気
  • ライブドアブログ