カルゴンのガラパゴス日記

世の中の進化に適合できない管理人「カルゴン」が、ビジネスの亊から日常の出来事などを徒然なるままに書くブログです。ちなみにガラパゴス諸島には行ったことはございませんので悪しからず。

【第8回】写真タイトルの便利な付け方5

今回は写真タイトルの便利なつけ方です。

写真タイトル」とは、デジタル写真管理情報基準(案)で必須となっている項目です。つまり1万枚の写真を提出するためには1万枚の写真にタイトルをつけなければならないということになります。

さすがにそれを1枚1枚につけていくのは面倒ですので、現場編集長には、楽に入力ができるよう「写真タイトルの自動登録機能」が備わっていますので、ぜひこの機能を活用して業務を楽にしてください。
 

<設定方法>
 

1.写真管理ツールを起動したら、ツールメニューから、ツール(T)/オプション(O)をクリックしてください。
すると、オプション設定ダイアログが開きますので、動作(A)タブをクリックしてください。
すると、下図のようになります。
 

オプションダイアログ(写真タイトル)





 

 

 

 

 

2.プルダウンリストで、どのように自動でタイトルを付けるのかを選択しましょう。

・自動登録をしない→手動で入力したい場合はこれを
・工種から→工種名をタイトルにしたい場合
・工種、種別から→工種と種別をつなげてタイトルにしたい場合
・工種、種別、細別から→工種、種別、細別を全部つなげてタイトルに
・種別から→種別をタイトルに使いたい場合
・細別から→細別をタイトルに使いたい場合
・写真箱名称から→写真箱名称をそのまま写真タイトルに

など、色々なパターンが選択可能です。
 

3.次は、工種、種別などの複数の情報からタイトルを付ける際に、区切りの記号を選択しましょう。

空白→文字通りスペースにて区切ります
−(ハイフン)→ハイフンで区切ります
:(コロン)→コロンで区切ります
/(スラッシュ)→スラッシュで区切ります

これで格好をつけるわけです。
 

4.その他の設定として、すでに日本語名のタイトルを入力済の場合に、写真箱間で写真を移動した際に、タイトルが変わってしまわないように保持する設定もありますので、状況にあわせて設定しましょう。

いかがですか?きちんと設定しておけば、写真タイトルの入力の手間は大幅に削減することができます。
もちろん、重要な写真は、きちんと内容がわかるタイトルをつけておくほうが良いので、手入力と自動入力をうまく使い分けて作業を行ってくださいね。

旭川市の電子納品1

◎旭川市都市建築部
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/setubi/download/download.html

「工事完成図書の電子データ提出時の留意事項(請負者向け)
平成18年6月1日改定」

「旭川市営繕工事写真撮影要領」

この2つを参照してください。
国交省の営繕基準をベースにした独自見解のルールとなっています。

◎旭川市土木建築課
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/dobokukensetu/syoshiki/syosiki.htm

「特記仕様書 旭川市土木部土木建設課 06-05-01」

こちらは全くの独自ルールです。電子納品ソフトの類は不要ですね。
簿本が“正”で電子データは“副”の考え方が基本のようです。
データベース化されていませんので、今後の利活用時に不安が残ります。

現場編集長のユーザー様はなんら心配することはありません。
なにしろ日常的なデータ管理で使用していただければ、写真帳の作成もお手の物だからです。
建築の場合、建設大臣官房官庁営繕部監修の「工事写真の撮り方」(古い〜!)で整理する必要がありますよ。ただし、完成写真だけはなんとOTHERSフォルダに格納です。
これはルールがちょっとおかしいかな・・・

【第7回】一括して情報を更新する方法5

登録した写真に対して、繰り返し同じ情報を入力しなければならないこともありますが、現場編集長では一括して入力や更新を行うための機能が備わっています。
 

<操作方法>


1.まず、情報を一括して入力したい写真が選択可能であれば選択しましょう。
写真箱内のすべての写真等に一括して入力したい場合は何もする必要はありません。


2.メニューバーの編集(E)/一括更新(U)をクリックしましょう。すると、下図のように一括更新ダイアログが表示されます。

一括更新ダイアログ

 

 

 

 

 







3.一括更新の対象写真を以下から選択することができます。

工事全体:工事内のすべての写真に
現在の写真箱の写真:今開いている写真箱内の写真に
現在の写真箱以下:以下の階層も含みます
選択している写真:選択した写真に対して
検索された写真:検索結果の写真に対して


4.表示されている項目は適用基準により異なりますが、作業項目の「変更しない」と表示されている部分をダブルクリックしますと、処理の内容を選択することができます。
 

変更しない→この項目には何もされません
上書き→内容の項目に記入した情報が書き込まれます
標準にする→写真箱情報に登録されている内容を写真情報を置き換えます
自動タイトル→写真タイトルを写真タイトルの自動設定に基づき一括入力する


それぞれ設定しましたら、内容を確認してから実行ボタンをクリックしてください。

<注意事項>

・実行すると元には戻せません。しっかりと確認しましょう。
写真の撮影年月日情報は触らないようにしましょう。作業内容で表示される「標準にする」を使いますと、撮影年月日情報が消えてしまいます。(改善要請中です)
 

まあ、一括更新については、通常の使い方ではあまり活用する機会は無いかもしれませんが、それでも撮影箇所情報の入力時や、請負者説明文の入力が必要な際にはとても便利に使えます。ぜひ覚えておきましょう。

現場編集長よろず相談所5

ここは現場編集長をはじめ、CALSのことで判らないこと、知りたいことがあれば管理人のカルゴンが回答する相談所です。
どんなことでも出来るだけ丁寧にお答えするように頑張りますよ。
遠慮しないでカキコしてください。

【北海道】電子納品検査ガイドライン(案)が策定されました3

9月25日に、北海道建設部技術管理課のページに、実証フィールド実験の電子納品検査ガイドライン(案)」が掲載されました。
電子的検査の手順閲覧方法を明確にさせるのが目的で、大変判りやすくまとめてあり、受注者側も内容を把握しておく必要があるでしょう。

<内容>
1.電子検査対応の基本方針
2.電子検査の流れ(施工中の情報蓄積から保管管理までの手順)
3.電子成果品の構成(工事、業務の各フォルダの説明)
4.電子成果品の検査(機器、準備、書類検査、現場検査、原本性について)
5.よくある質問と回答(H16、H17の実証実験結果からのQ&A)

発注者側が用意する閲覧ソフトは、GUIを見ますと電納ヘルパー発注版みたいですね。
まあ、使用するソフトが決まるのは操作上も便利かと思います。
でも検定時の操作は受注者がしなければならないはずなので、受注者が電納ヘヘルパーの操作を理解していなければなりません。

ということは、あれれ?
受注者はわざわざ電納ヘルパーを買わなくてはならないの??
まあ、原則とは書いてあるものの、釈然としないものを感じるのは私だけでしょうか・・・

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/gkn/kouji/cals/kennsa+gaidorainn.htm

ただ、現場編集長CALSMASTERをお使いの方は心配しないでくださいね。
とりあえずはCALSMASTERから出力したデータは、電納ヘルパーで読み込むことは何の問題もありませんから安心してください。

記事検索
今日は何の日
月別アーカイブ
関係先リンク等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
お勧めの本

Twitter プロフィール
google検索
カスタム検索
ギャラリー
  • トイドローン購入で失敗しちゃいました
  • Google Chromeに装備されたパソコンクリーンアップ機能
  • Google Chromeに装備されたパソコンクリーンアップ機能
  • Google Chromeに装備されたパソコンクリーンアップ機能
  • Google Chromeに装備されたパソコンクリーンアップ機能
  • マルシンハンバーグは美味いのだ
  • 『A.I.C.O. -Incarnation-』は是非見るべし
  • 渋谷のロンドンバス
  • うちの猫
  • 粋な遊び
  • イザベラ・バードを読む
  • ブレストランもしくはおっぱいレストラン
  • ブレストランもしくはおっぱいレストラン
  • ブレストランもしくはおっぱいレストラン
  • 宇宙戦艦ヤマト2202第一章を観た
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
  • 川湯温泉に行ってきた
メール送信フォーム




QRコード
QRコード